名古屋校

名古屋校 学生ブログ

【卒業後~MBAを終えて~】「集団出世主義」 一緒に関わる人の応援団になりつつ、自らも成長していく

IMG_9810(明るさ&サイズ調整).jpg

【名前】小出 真由美

【勤務先】コンタクトレンズメーカー

【入学年】2015年

<自己紹介>

コンタクトレンズメーカーでIRを担当。2年前の自社株式上場の際、上場の審査や準備を担う。上場後は、投資家・株主の方々に自社情報を提供しつつ、投資家の皆様からのご意見を経営層に伝えるという、双方向コミュニケーションの橋渡し役として従事。グロービス経営大学院2015年入学、2017年修了。

■実務で使えるスキルを求めて、グロービスへ

グロービスを知ったのは3年前、株式上場の担当になったものの、アカウンティング、ファイナンスといったお金系に弱く、業務に必要な知識を得なければと思い始めたことがきっかけでした。本から独学で学ぶ方法や簿記の専門学校も調べてみましたが、知識を得ただけで実務に使えるようになるのか疑問を持ち、会社の先輩に相談したところ、薦めていただいたのがグロービスでした。

検討にあたり、体験クラスに参加したのですが、金融の実務経験豊富な講師の方が、私の質問に丁寧に答えていただいたことに感激しました。疑問を解決でき、ここなら自分の求めていることが得られるのではと期待し、すぐに単科受講を決めました。

はじめは単科生として必要な科目だけを受講する予定で、本科への進学は考えていませんでした。しかしながら、一緒に受講したクラスメンバーのエネルギーに大いに刺激を受け、自分の考えをしっかりと自信を持って発言している姿に憧れ、自分自身もそのようになりたいと感じているうちに、いつしか本科への出願を決意していました。

■実務に生かす学び方を学ぶ

グロービスでは、実務に生かす学び方を学ぶことができました。本を読むことで経営に関する知識は得ることができますが、グロービスのクラスは、単に知識を得るということでは終わりません。自分がケースの登場人物だったらどうするか、自分の会社や立場に置き換えたらどうするかを常に問いかけられ、考えていきます。つまり、学びをいかに実務に活かすか、考え続けるトレーニングをしていくのです。これは私にとって、とても大変なトレーニングでした。今まで自分がいかに前例や上司の指示に沿って仕事をしてきたか、きちんと自分の意見を論理立てて伝えることができていなかったかに気づかされました。受講当初は自分の考えたことをクラスで発言することにも壁がありましたが、積極的にディスカッションに参加すればするほど得られる学びは比例して大きくなることに気がつき、自ら学びを掴みにいくことの重要性を実感しました。

また、講師の方々にはいかに実務に活かすか、ご自身の経験を交えながらたくさんアドバイスいただきました。親身になって話を聞いていただき、実際に仕事に活かせたのはとても有難かったです。

■自分の意見に根拠をつけて説明し、相手の理解・共感を得られるように

色々な科目を学びましたが、各科目に対する理解を一つに繋げる体系的な学びは、「研究プロジェクト」から得たものが一番大きかったです。与えられるカリキュラムやケースはなく、自主的にメンバーを募り、研究したいテーマを選んで進めていく科目のため、自分たちで仮説を立て、課題を見つけて、解決策を考えていく難しさと面白さがありました。また、自分の意見を持ち、メンバーとディスカッションして最適な解を作り出すこと、チームビルディングの大変さ、楽しさも経験することができました。

経営を体系的に学んだ結果、自分の意見に根拠をつけて説明できるようになり、相手の理解、共感を得られるようになったと感じています。私の場合は特に、自社の資本政策について提案する際に役立ちました。自社の経営戦略について理解した上で、ファイナンスの観点から手段をピックアップし、効果的に伝える方法や周囲の巻き込み方を考え提案していきましたが、自分自身で部署の戦略を立案し、実行できたのはグロービスで学んだ賜物だと思います。

■全国にできたかけがえのない仲間

クラス以外にもグロービスには様々な機会があります。私はグロービス生活を通じて、一人ひとりが自らの志を持ち、お互いの志を応援し、支え合えるとても貴重な仲間たちに出会うことができました。

名古屋校では同期全員と知り合う機会に恵まれました。個性豊かな仲間たちとクラスの受講、勉強会、課外活動を通じて、学びを深め合い、共に成長することができたと感じています。さらに、同期としての横のつながりだけでなく、縦のつながりが強いことも、名古屋校の恵まれたところだと感じています。在学中は多くの先輩方にも様々な面でサポートいただきました。

さらに、私は全国の学生約1000名が集まるグロービスの一大イベント「あすか会議」の学生企画委員を2年連続で経験しました。半年間をかけて、東京、大阪、名古屋、仙台、福岡、オンラインの受講生たちと、ビデオ通話やSNSを使って遠隔でミーティングをしながら、ビジネスカンファレンスの中のコンテンツの企画、運営を務めました。仕事や学びに忙しいメンバーと時間を調整しながら打ち合わせを重ね、企画を練り上げることは想像以上に大変でした。しかし、このプロセスを通じて、自分自身のリーダーシップについて考えられた機会は、そんな苦労を大きく上回る貴重な経験になりましたし、今でもお互いに情報交換したり、仕事上の悩みを相談しあったりできる、かけがえのない仲間を全国に得ることができました。

■最後に

今年グロービスを卒業し、これまで得た学び・経験をさらに実務に活かし、会社のグローバル化に貢献していきたいと思っています。現在担当しているIRは投資家との対話を行う部署なので、事業活動全体を把握するために様々な部署の方と仕事する機会に恵まれています。一緒に働く皆さんのよいところを引き出すリーダーシップを発揮しながら、自分が主体となって、仕事の企画・運営をしていきたいと考えています。また、少しずつ海外に関連する仕事に取組み、活動の場を世界に広げたいと考えています。そのためにも、今の仕事の専門性を高め、社内のネットワークを作り、今の環境を大事にしながら、自分の基盤を着実に築いていきたいと思っています。

グロービスで知った言葉で私の好きな言葉が「集団出世主義」です。一緒に関わる皆様の応援団になりつつ、自らも成長していきたいです。

入学時には自分の志と呼べるものもなかった私ですが、グロービスで学んで、自分の人生をどのように生きるか考えることができたと感じています。卒業後は学んだことを活かしながら、自分の意志を持って行動していきたいとワクワクしています。もし、私のように自分が何をしたいのかよくわからないと思っている方がいらっしゃったら、ぜひグロービスで仲間と一緒に学ぶことの楽しさを体験いただけたら幸いです。

【MBA生活】医師の私がグロービスMBAで学ぶ理由

19096076_1079764948823870_1165784656_o - コピー.jpg


【名前】水野晶子

【勤務先】瑞穂ガーデンクリニック

【入学年】2016年



<自己紹介>

国立大学医学部卒業後、大学病院、日本赤十字病院、民間急性期病院に呼吸器内科医として勤務。外来、病棟、救急、当直業務を行い、多くの病気を治す一方で、多くの死と直面。30代後半で呼吸器内科部長となり若手医師の育成を行いながら病院経営に参加。同時に栄養サポートチームを組織して患者の栄養状態改善と治療効果向上に貢献。健診センター長を兼務して予防医学に取り組んだ経験も持つ。2017年1月、ともに輝く人生を送るため「瑞穂ガーデンクリニック」を開院。グロービス経営大学院2016年入学。在学中。

■医療現場で感じた、良いマネジメント・良い経営の必要性

大学を卒業して医師となり、基本的な医術を習得する10年が過ぎた頃、医師にも組織の中でリーダーの役割が回ってきます。若手医師の育成や、多職種のメンバーで結成されたプロジェクトの遂行、部門長として約20名の部下を持ち人事考課まで行うなど、今まで学んできた医学だけでは対処できない役割に戸惑いながら、独学でマネジメントを勉強していました。

そんな中、私が一時期所属していたある組織で、現場のスタッフは優秀で良い人達ばかりなのに、マネジメント層が悪いために現場の人が苦しみ、良い成果を上げることができないという環境を経験しました。

(続きを読む...)

【MBA生活】「事業継承×グロービス」家業としての責任・使命に加え、「誇り」を持つことができた

17761415_1241105025965313_1746398922_o - コピー

【名前】中村 浩康

【勤務先】株式会社秋田屋本店

【入学年】2015年

========================================
<自己紹介>
大学卒業後、食品メーカーにて就職し、営業部門でスーパーなどの売場提案と製造部門にて食品製造工程を経験。2008年にベンチャー企業に転職し、4年間広告営業に従事。
2012年に家業である秋田屋本店に入社。将来的には事業継承を視野に入れ、商品開発、営業、人事を担当。グロービス経営大学院2015年入学。
========================================

■グロービスとの出会い-自分の無知さを痛感し入学を決意

私は大学卒業後2社を経験し、30歳で事業継承を前提として家業である「秋田屋本店」に入りました。養蜂・食品製造を行っている会社で、現社長(父親)が9代目となります。会社を経営する祖父や父を見ながら育ったこともあり、幼少期から漠然と、いつかは自分が会社を継ぐのかなぁと考えており、30歳を機に戻ってきたという形です。

(続きを読む...)

【卒業後~MBAを終えて~】「志」の実現に向けた「ワイルドな道」の選択 中小企業支援へのキャリアチェンジ

杉山さん写真(ブログ加工用)

【名前】  杉山 正和

【勤務先】 関市ビジネスサポートセンター Seki-Biz

【入学年】 2011年




========================================
【自己紹介】
1971 年生まれ。愛知県犬山市出身。食品卸売業大手の国分株式会社(現 国分グループ本社株式会社)入社。21 年間一貫して営業職として勤務し、食料品および酒類の販売に従事。主に全国展開するスーパーマーケットやコンビニエンスストアなどの大手組織小売業を担当し、PB 商品開発、販路開拓、商品育成、商品提案、棚割提案など売場活性化の提案活動に加え、物流改善活動などにも数多く携わる。

2016年4月より、関市ビジネスサポートセンターセンター長に就任。2014年グロービス経営大学院経営学研究科 経営学専攻修了(MBA)、中小企業診断士(2016 年4 月登録)。
========================================

■「社内で突き抜けた人材になってやろう」~グロービスとの出会い~

私は大手食品専門商社に入社後すぐに「会社組織でやりたいことをやるためには役職を上げてゆくしかない」と感じ、徹底的に仕事に打ち込みました。しかし、大企業では単に仕事ができるからといって昇格できるものではありません。
私は順調に昇格していたものの、40歳を前にして「もっと早い出世を望むなら、会社内で誰とも比較されない絶対的な存在、突き抜けた人材になってやろう」思い始めました。

(続きを読む...)

【卒業後~MBAを終えて~】サービス業へのMBAの活かし方

15996110_1212672582151414_1115065934_n



【名前】  勝木 誠

【勤務先】 外資系コーヒーショップ

【入学年】 2013年



====================================================

<自己紹介>
大学卒業後、サービス業に従事。現場での経験を経て、2011年より外資系コーヒーショップの地区マネージャーとして勤務。地区の戦略立案や、9名の店長と300名のスタッフとコミュニケーションをとり、店舗運営の戦略的アドバイスを様々な角度から行う。
2013年グロービス経営大学院入学、2016年卒業。

====================================================

■経験だけでは最適なアドバイスができないと感じ、学びを決意

グロービスで学ぼうと思ったきっかけは、マネージャーとして自分の仕事の質に疑問を持ち始めたことでした。

2011年春、9年の現場経験を経て、地区マネージャーに昇格しました。
マネージャー1年目は自身の経験を店長にアドバイスをすることで、ある程度の成果が得られていましたが、2年目以降徐々に危機意識を持ち始めました。それは自分の経験が、少しずつ今の現場の感覚とずれていて、経験だけでは店長に最適なアドバイスが与えられていないと感じたからです。

(続きを読む...)

【卒業後~MBAを終えて~】自分自身を見つめ直すことでビジネス、人生がより楽しいものに

15515544_885610491575092_1399740951_o
【名前】  杉原 千鶴

【勤務先】 電力会社

【入学年】 2013年



=====================================================
〈自己紹介〉
電力会社の販売部門で新サービスの企画・運営を担当。ポイントサービスの新設や家庭ごとの電気の使用状況や省エネのポイントがわかるエネルギーコンサルサービスの企画に携わる。今年8月より、家庭向けサービス担当から、法人向けサービス企画担当に部内異動。グロービス経営大学院2013年入学、2016年修了
=====================================================

■将来安泰だと思っていた中、感じた危機感

私が電力会社に入社したのは、インフラ系の企業であれば、一生安泰に給料を得られるのではないか、また福利厚生がしっかりしているので、出産・育児と仕事を両立しやすいのでは、といった、待遇面のメリットが主な理由でした。入社してからも、特別に何かしたいことがあるわけでもなく、日々目の前の業務を淡々とこなす毎日を送っていました。このような私がなぜ、「創造と変革の志士」といった熱い思いを持つ人々が集まるグロービスへ入学し、そして何を得たのかをお伝えしたいと思います。

(続きを読む...)

【MBAを学びはじめるまで】 Life is about creating yourself. - なりたい自分になるためのMBA



14074519_1371177626245186_788382844_o
【名前】 木村 晋也

【勤務先】 輸送機器メーカー

【入学年】 2015年



=========================================
【自己紹介】
2004年、新卒で現在の会社に入社。中西部アフリカの市場開拓に5年間従事。アフリカには出張ベースで年2~3回渡航し、現地ディーラーと共に様々な顧客(国連やNGOといった組織から、地元の零細漁民まで)を直接訪問して自社製品を使用する顧客の生活や事業活動の改善につながるソリューションの企画・提案活動を実施。2009年8月より、官民人事交流で外務省に出向し、3年間在リトアニア日本国大使館にて政治・経済担当の書記官として勤務。2012年8月より現在に至るまで、グローバル人材開発部にて自社の将来の経営幹部となる人材(日本人・外国人)の育成に携わる。これまでに訪問した国数は49カ国+2地域(グリーンランド、ヨルダン川西岸地区)。
=========================================

■実務経験だけでは不足していた知識を補足

私はかなり特異なキャリアを歩んでいると思います。コンゴ民主共和国のような国の、更に地方の漁村や鉱山地帯を渡り歩いてユーザーの声を聞く仕事をし、外交官として旧ソ連構成国であるリトアニア(現在はEU加盟国)に駐在し、帰任後はこれまた畑違いの人事の仕事に従事するという、一見すると何の脈絡もない漂流記のようなキャリアを歩んできました。これまでに経験した仕事は全て楽しんできましたし、様々な経験を積ませてもらったことで、自分自身の振り幅というか、あらゆる環境に適応できる柔軟性や異文化対応力を養うことはできたと思います。

(続きを読む...)

【卒業後~MBAを終えて~】営業から部門最年少のエリア責任者へ


【名前】廣瀬 琢磨

【勤務先】外資系製薬会社

【入学年】2013年

=========================================
【自己紹介】
外資系製薬会社にMR(Medical Representatives:医薬情報担当者)として入社。MR時代には、多くの社内報賞を獲得。グロービス在籍中に静岡県で10人のMRを率いるエリア責任者へ昇格。
2015年グロービス経営大学院修了。
=========================================

■自分自身を変えるために学ぶ

グロービスとの最初の出会いは、社内の研修でした。経営陣主催の若手リーダーを育成するクラス(通称:College)に選抜され、1年間かけて製薬会社の開発/製造/流通/MKT/営業/HR/財務など経営に必要な最低限の基礎知識を学ぶ機会を持ちました。この社内選抜クラスの第1回目が、グロービスのクリティカル・シンキングと知ったのです。

(続きを読む...)

【卒業後~MBAを終えて~】安定的な業界・専門的な職種で働く人が、多様性の高い場所でビジネスの本質を学ぶメリット

13443048_1056993237708094_9187627515854229400_o
【名前】川崎 達哉

【勤務先】大手損害保険会社

【入学年】2014年

【業務内容】自動車保険の支払査定部署で、支払担当者のマネジメント業務

私が属する損害保険業界は金融庁による規制産業故に、相対的に外部環境への意識が希薄です。その中でも特に専門的かつ対外交流の少ない支払部門に所属していた私は、日常業務以外は何も知らず、その狭い社会で評価されれば良いと思っていた人間でした。

グロービスで学び、卒業した今感じることは、「規制産業等で安定的な環境にいる社会人ほど、多様性の高い場所でビジネスの本質を学ぶべき」ということです。
グロービスに限らないようですが、国内MBAには外資を除き金融やインフラ等、規制産業所属の学生が他業種より少ないと感じます。変化よりも安定性を求める業界特性、かつそれに魅力を感じる人が働いている業界でもあるので、何か劇的なきっかけが無い限りはMBAレベルの学びを必要と感じないのは当然かもしれません。
しかし私が卒業まで学んで感じることは上記とは逆です。そのような環境にいる人ほど、変化のために学んだ方が良いと思います。同様の環境にある方に、少しでも関心を持って頂ければ嬉しく思います。

(続きを読む...)

【卒業後~MBAを終えて~】「理学療法士×MBA」で医療介護のイノベーターを目指す

13242053_731821336920532_1453087525_o
【名前】松山太士

【勤務先】社会医療法人財団新和会 八千代病院
     総合リハビリセンター 技師長

【入学年】2014年4月


======================================================
<自己紹介>
理学療法士(※)として複数の病院勤務を経て現職。リハビリテーション専門職総勢99名のマネジメントに従事。地域課題をリハビリテーションの視点で解決することを目的とした「安城地域リハビリネットワーク」を立ち上げ、代表として活動している。大学や愛知県理学療法士会などで、年に数回非常勤講師を務める。
グロービス経営大学院2014年入学、2016年卒業。

(※)理学療法士
主に「動作」の専門家として病気やケガの回復を促し、社会や日常生活に戻るまでを支援する役割を担う。さらに、生き甲斐やその人らしさをサポートする自立支援、生活支援、健康増進、介護予防などの分野や、プロスポーツチーム、教育、研究機関などさまざまな場面でも活躍しているリハビリテーションの専門職。

======================================================

■グロービスMBAを卒業した、理学療法士である私の志

日本の医療介護は、団塊の世代が後期高齢者となり医療介護需要が激増する2025年に向けて大変革の真っ只中です。国策としての地域包括ケアシステムを構築するためには、今までのように各病院や各施設のマネジメントのみならず、地域全体をマネジメントすることが求められます。

(続きを読む...)
  • Google+でシェアする
  • LINEで送る
ページトップへ戻る
受講をご検討の方へ