名古屋校

名古屋校 学生ブログ

【MBA生活】一歩踏み出す勇気で見える景色が変わった

ブログ近藤さん.jpg

【名前】近藤 未来

【入学年】2018年



<自己紹介>

大学卒業後、新卒でダンス用品総合メーカー、チャコット株式会社に入社。自社店舗で販売職として3年勤務した後、営業職に異動。自社製品の取扱先を広げるべく個人事業主向けの営業職に従事。グロービス経営大学院2018年入学。在学中。

■実務だけでは得られない成長を目指して、受講を決意

私がグロービスへ通い始めたのは、社会人15年目を迎えた頃でした。これまでキャリアの多くを営業職として過ごし、部署や担当もずっと同じだったので、業務に対して苦労する点はほとんど無く、今まで通りにやっていれば実績を残せる状態でした。ただそんな中、特にやりがいを持って取り組んでいた後輩の育成には課題を感じていました。

勤務先は、風通しの良い社風で自由度が高く、個人の裁量に任される環境でした。反面、マニュアルが無く、成長の進捗には個人差が出やすい状況でした。自ら効率よく吸収出来るスタッフもいれば、与えられたほうが吸収しやすいスタッフもいる中で、どちらに対しても自己流でしか教えてあげることが出来ず、育成方法は本当にこれで正しいのかと自信が持てませんでした。

また、私が勤めていた名古屋支店には先輩がいなかったため、自身の成長をどこに求めればいいのかも悩み始めていました。そんな中、社内でグロービスに通っていたスタッフが、学びを活かして堂々と仕事に取り組んでいたのを思い出し、ビジネスの定石を学ぶことで、私も成長し課題を解決できるのではと考えたのです。

■グロービスはビジネスの疑似体験が出来る場所

自ら学ぶことで成長して、周りのレベルアップも図りたい。そんな想いを胸に、まずは単科生としてクリティカル・シンキングを受講しました。

最初は緊張と雰囲気に飲まれてほとんど発言出来ず、また課題も難しく「付いていけない」と思いました。しかし、不安な気持ちを先輩受講生であるアドバイザーに相談したところ、「美しい解答は求めず、失敗しまくって自分の殻を破ればいい」と言われ、ハッとしたのです。講師からも「失敗していい」と言われていましたが、「グロービスはリスクフリーの場」「実際のビジネスでは許されないような失敗をしてもいいのだ」と、ようやく実感をもって理解しました。以来、アドバイスをきっかけに、失敗を恐れずに取り組もうと思い始め、私にとってグロービスは、「たくさんビジネスの疑似体験が出来る場所」へと変わりました。

実務では、受講前は考えがまとまらず上手く伝えることが出来なかったのですが、クリティカル・シンキングを受講して、劇的に考えを早く的確にまとめられるようになりました。伝えるべきことが明確になり、会議での提案や発言に説得力が増し、上司や他部署の人から相談される機会も増えました。また、後輩の育成についてもクリティカル・シンキングを活かした課題解決ステップを自社に落とし込んで指導した結果、好評価を得ることが出来ました。

これらの経験から、大学院本科への出願もいつの間にか自然な流れで決めていたのです。

■一歩踏み出す勇気で得られた経験と仲間

無事入試に合格し、本科生への入学が決まってからは、入学前のオリエンテーション入学式で同期が一斉に揃う機会がありました。多くの仲間とこれからの目標を語る中で、それぞれの思いやバックグラウンドの異なる仲間たちと学べることは、本当に刺激的で有意義な時間になるのだろうと感じ、入学が楽しみで仕方ありませんでした。   

また、本科生になったからには色々なことに挑戦しようと決めていました。その第一歩が、グロービス主催のビジネスカンファレンス「あすか会議」の学生企画委員でした。

学生企画委員は、全国の仲間と協力し合い、あすか会議の一部企画を学生主体で作り上げるという取り組みです。このような主体的な取り組みに対し、これまでの私はいつも勇気が無く踏み出せず、後から「やっておけば良かった」と後悔する経験を幾度となくしていました。そんな自分はもう嫌で、「チャンスを逃さず、一歩踏み出すことで自分の殻を破り、仲間と共に成長していきたい」「機会が平等に与えられているのであれば、チャレンジするしかない」と思い、勇気を持って学生企画委員に応募。無事、審査を通過し、企画委員として活動できることとなりました。

学生企画委員では、企画をゼロから作り上げるという実際のビジネスだけではなかなか味わえない貴重な経験ができました。他拠点で学ぶ学生企画委員とは、企画ごとにオンラインでの議論を通して、担当企画のビジョン作成、計画、当日のオペレーションまで、自分たちの理想とする形を作っていったのですが、その過程では、グロービス生ならではの様々な知見が飛び交い、それぞれバックグラウンドの異なる仲間の仕事の進め方やコミュニケーション方法など学ぶことが多く大変刺激的でした。

もう一つの挑戦が、他大学の学生と競い合うビジネスプランコンテスト「JBCC」でした。普段のクラスでは、与えられたケース(課題)に対し、自分の力だけで最善解を導き出すのですが、JBCCではチームの皆でビジネスプランを練り上げていきます。私たちのチームメンバー全員が大学院1年目で履修済科目が少ない中、本選用の資料作成は想像以上に苦労しましたが、今までの学びに対して基本に忠実にと考えてビジネスプランを作り上げていきました。まずは予選資料を提出することが目標だった私達のチームですが、幸運にも予選通過を勝ち取り、セミファイナルへ進むことが出来ました。

セミファイナルで敗退となりましたが、各々の個性は尊重しつつ意見を出し合い、助け合いながら、最後まで諦めずに、そして楽しく資料を作り上げることができたのは、良い仲間に出会えたからこそです。

学生企画委員とJBCCへの挑戦を通じて、少しは「自分の殻を破る」ことが出来たかなと感じています。1年前の私はこれほど多くの出会いがあり、行動をすることになるなんて想像もしていませんでした。本科生になることで、同期を始めとした人と人の繋がりを得ることで視野も広がりました。

■最後に

私はまだまだ志半ばですが、挑戦することで見える景色が変わるということをこの1年で実感しました。

今は、「やれない理由を作って諦める」よりも「どうしたらやれるかを考えていこう」と思っています。

自分に課題を感じ、成長したいと思っている方、勉強時間の確保など不安な点はあるかもしれませんが、是非、一歩踏み出す勇気を持って挑戦していただきたいです。

【MBA生活】大人になってからの学びは楽しい!(知的好奇心が、見える世界と私と未来を変える!)


新宅さん.jpg【名前】新宅 亮子

【勤務先】NTT西日本

【入学年】2016年


<自己紹介>

大学卒業後、東西分割前のNTTに入社。以来、営業一筋に近いキャリアを積み、直近の4年間は育成業務に従事。昨年、育成業務の傍ら応募した、ある企業のアクセラレータープログラムにおいて、自ら起案したビジネスアイデアが書類選考に合格。これを契機としたご縁に恵まれ、本社異動のチャンスを掴む。今春より、本社オープンイノベーション推進室勤務となり、新たな事業領域の開拓にチャレンジ中。グロービス経営大学院2016年入学。在学中。

■こんな世界があったのか!という驚き

グロービスとの出会いは4年前。長年の営業業務から突然の育成業務を命ぜられ、畑違いも甚だしい異動に戸惑いながら従事する中、会社からグロービス・マネジメント・スクール(GMS)派遣の機会をいただきました。育成という経験のない未知の領域での業務遂行にあたってはちょうど何か勉強しないとマズイな、と危機感を感じていた矢先でしたので、これ幸い!とGMS受講を決めました。

仕事と子育ての隙間時間で事前課題に取り組み参加した『リーダーシップと人材マネジメント基礎』で出会ったクラスメイトは、皆一様に学ぶ意欲に燃え、活発なグループ討議はもちろん、ケースの主人公(経営者)の立場に立った見解を積極的に展開。その圧倒的な熱量に感化され、純粋に学ぶ楽しさを実感しました。軽いめまいのような驚きの他、「こんな世界があったんだ!」という興奮と発見がグロービスに対する最初の印象です。

(続きを読む...)

【卒業後~MBAを終えて~】変化に対応するため、環境を変え、自分を変える

鵜飼さんの写真.jpg【名前】鵜飼 真也

【勤務先】株式会社愛知銀行

【入学年】2015年

<自己紹介>

2008年新卒で愛知銀行に入行。営業店を3拠店経験し、主に法人営業を担当。
2017年メガバンク本部に出向。
2018年愛知銀行の本部に帰任し、ソリューション営業を推進。主に事業承継やM&Aを担当。
グロービス経営大学院2015年入学、2018年修了。

■激変する業界に危機感を抱き、グロービスへ

地元企業の役に立つ仕事がしたいと、期待に胸を膨らませ銀行員になった頃、リーマンショックが発生。愛知県の経済にも大きな影響を及ぼしました。企業の設備投資は消極的になり、資金需要は低下しました。

以降、景気は回復しつつあるとはいえ、愛知県には元々金融機関が多く、貸出金利が名古屋金利と言われるほど低下するなど、金利競争に巻き込まれ、競争は激化。収益は逼迫しています。加えて、他業種から金融業に参入するなど更にプレイヤーが増え、テクノロジーが銀行員の業務を代替していくようになるなど、金融業界は再編の波にさらされ、大きな変革期を迎えていました。

そんな中、私の仕事は、気が付くと銀行同士で取引先の奪い合いをしているだけで、支店や自分の成績のためだけに仕事をしているような気がして、世の中に何の価値も生み出せていないのではないかと、自分の仕事に自信が持てなくなっていました。

(続きを読む...)

【卒業後~MBAを終えて~】学び続け、人とつながる中で見える景色が変わる

2015期白須誠さん(160X160).jpg【名前】白須 誠

【勤務先】住友商事株式会社

【入学年】2015年

<自己紹介>

2009年4月住友商事株式会社に入社。入社以来、一貫してリスクマネジメントを担当。現在はリスクマネジメント第二部にて、資源・エネルギー分野を中心に大型投資案件の審査に従事。グロービス経営大学院2015年入学、2017年修了。

■GMS、単科生、そして本科へ

私は新卒で住友商事に入社し、約3年半、全社的な視点でリスクマネジメントに関する社内制度設計やシステム開発等に従事しました。その後、中部支社に異動し、金属事業部門のリスクマネジメント担当として、主に自動車メーカー向け鋼板取引に係る与信審査、法務関連サポート等を行うこととなりました。

与信審査では取引先の信用力を様々な視点で評価し、自社がどこまでリスクを取るのか判断する必要があります。一方、与信判断に説得力を持たせることが出来ない壁に突き当たっていました。原因は経営戦略、財務会計等、経営全般に関する知識・スキル不足であり、体系的に学習する機会が必要だと感じました。

書籍等による自学自習では限界があるとも感じていた中、会社派遣でGMSに通学していた同僚が事前課題(ケーススタディ)に取り組む場面に遭遇し、課題を見せてもらったところ、直感的に「これは面白そうだ!」と思いました。経営の意思決定を迫られているケーススタディの登場人物に、自分自身が重なったのです。「実践的な学びを得られる」との同僚の後押しもあり、GMSの受講を決めました。

(続きを読む...)

【卒業後~MBAを終えて~】手に入れたものは自信と覚悟

WEB用完成(160X160).jpg

【名前】久保 元気

【勤務先】株式会社濱田総業

【入学年】2014年

<自己紹介>

大学卒業後、平成9年4月三重県津市に本社を置く百五銀行に入社。法人営業、企業再生、債権回収、中小企業向けコンサルティング業務(プロジェクトファイナンス、事業承継、M&Aなど)を担当。平成29年9月、20年間務めた百五銀行を退社し、赤福、マスヤ、おかげ横丁などを傘下に持つ、三重県伊勢市の濱田総業へ転職。現在はグループ会社の結婚式場オランジェの常務取締役として経営実務を担当。グロービス経営大学院2014年入学、2017年修了。

■人生最大の失敗の末、目標を見失った日々から脱出するためにグロービスへ!!

社会人になって10年程たった頃、私が代表者兼監督兼選手を務めていた社会人サッカーチームを母体として、三重県初のJリーグチームを創出しようという活動を始めました。小学生のころからの夢であった「サッカーを職業にすること」が実現できるかもしれないと思い、その活動に夢中になりました。元Jリーガーを監督として招聘し、全国から選手を集め、地元企業の支援をいただきながら活動しましたが、結果的には、数年間で失敗。夢を断念することになったのみならず、人生を賭けて三重に来た選手達、夢を抱きチームや選手に憧れを持ってくれた子供達、応援してくれたサポーターや地元企業など多くの人達の期待を裏切ってしまいました。原因は、私にリーダーシップやマネジメント力、そして「覚悟」がなかったことでした。最期の日の光景は今でも忘れられません。

また、ちょうどその頃、勤務していた百五銀行では中間管理職となり、営業責任者としての役割を任されるようになりました。それまでの銀行業務において、個人では頭取賞などの社内賞を受賞するなど結果を残してきたのですが、チームや組織を率いる立場となってからは、なかなか結果が出せない日々が続きました。学生のころから部活動ではキャプテンを務めるなど、リーダーシップには自信があっただけに自信喪失です。

(続きを読む...)

【卒業後~MBAを終えて~】「集団出世主義」 一緒に関わる人の応援団になりつつ、自らも成長していく

2015期小出真由美さん_160×160.jpg

【名前】小出 真由美

【勤務先】コンタクトレンズメーカー

【入学年】2015年

<自己紹介>

コンタクトレンズメーカーでIRを担当。2年前の自社株式上場の際、上場の審査や準備を担う。上場後は、投資家・株主の方々に自社情報を提供しつつ、投資家の皆様からのご意見を経営層に伝えるという、双方向コミュニケーションの橋渡し役として従事。グロービス経営大学院2015年入学、2017年修了。

■実務で使えるスキルを求めて、グロービスへ

グロービスを知ったのは3年前、株式上場の担当になったものの、アカウンティング、ファイナンスといったお金系に弱く、業務に必要な知識を得なければと思い始めたことがきっかけでした。本から独学で学ぶ方法や簿記の専門学校も調べてみましたが、知識を得ただけで実務に使えるようになるのか疑問を持ち、会社の先輩に相談したところ、薦めていただいたのがグロービスでした。

検討にあたり、体験クラスに参加したのですが、金融の実務経験豊富な講師の方が、私の質問に丁寧に答えていただいたことに感激しました。疑問を解決でき、ここなら自分の求めていることが得られるのではと期待し、すぐに単科受講を決めました。

(続きを読む...)

【MBA生活】医師の私がグロービスMBAで学ぶ理由

2016期水野晶子さん.jpg

【名前】水野晶子

【勤務先】瑞穂ガーデンクリニック

【入学年】2016年

<自己紹介>

国立大学医学部卒業後、大学病院、日本赤十字病院、民間急性期病院に呼吸器内科医として勤務。外来、病棟、救急、当直業務を行い、多くの病気を治す一方で、多くの死と直面。30代後半で呼吸器内科部長となり若手医師の育成を行いながら病院経営に参加。同時に栄養サポートチームを組織して患者の栄養状態改善と治療効果向上に貢献。健診センター長を兼務して予防医学に取り組んだ経験も持つ。2017年1月、ともに輝く人生を送るため「瑞穂ガーデンクリニック」を開院。グロービス経営大学院2016年入学。在学中。

■医療現場で感じた、良いマネジメント・良い経営の必要性

大学を卒業して医師となり、基本的な医術を習得する10年が過ぎた頃、医師にも組織の中でリーダーの役割が回ってきます。若手医師の育成や、多職種のメンバーで結成されたプロジェクトの遂行、部門長として約20名の部下を持ち人事考課まで行うなど、今まで学んできた医学だけでは対処できない役割に戸惑いながら、独学でマネジメントを勉強していました。

そんな中、私が一時期所属していたある組織で、現場のスタッフは優秀で良い人達ばかりなのに、マネジメント層が悪いために現場の人が苦しみ、良い成果を上げることができないという環境を経験しました。

(続きを読む...)

【MBA生活】「事業継承×グロービス」家業としての責任・使命に加え、「誇り」を持つことができた

2015期中村浩康さん_160×160.jpg

【名前】中村 浩康

【勤務先】株式会社秋田屋本店

【入学年】2015年

<自己紹介>
大学卒業後、食品メーカーにて就職し、営業部門でスーパーなどの売場提案と製造部門にて食品製造工程を経験。2008年にベンチャー企業に転職し、4年間広告営業に従事。
2012年に家業である秋田屋本店に入社。将来的には事業継承を視野に入れ、商品開発、営業、人事を担当。グロービス経営大学院2015年入学。

■グロービスとの出会い-自分の無知さを痛感し入学を決意

私は大学卒業後2社を経験し、30歳で事業継承を前提として家業である「秋田屋本店」に入りました。養蜂・食品製造を行っている会社で、現社長(父親)が9代目となります。会社を経営する祖父や父を見ながら育ったこともあり、幼少期から漠然と、いつかは自分が会社を継ぐのかなぁと考えており、30歳を機に戻ってきたという形です。

(続きを読む...)

【卒業後~MBAを終えて~】「志」の実現に向けた「ワイルドな道」の選択 中小企業支援へのキャリアチェンジ

2011期杉山正和さん_160×160.jpg

【名前】  杉山 正和

【勤務先】 関市ビジネスサポートセンター Seki-Biz

【入学年】 2011年

【自己紹介】
1971 年生まれ。愛知県犬山市出身。食品卸売業大手の国分株式会社(現 国分グループ本社株式会社)入社。21 年間一貫して営業職として勤務し、食料品および酒類の販売に従事。主に全国展開するスーパーマーケットやコンビニエンスストアなどの大手組織小売業を担当し、PB 商品開発、販路開拓、商品育成、商品提案、棚割提案など売場活性化の提案活動に加え、物流改善活動などにも数多く携わる。

2016年4月より、関市ビジネスサポートセンターセンター長に就任。2014年グロービス経営大学院経営学研究科 経営学専攻修了(MBA)、中小企業診断士(2016 年4 月登録)。

■「社内で突き抜けた人材になってやろう」~グロービスとの出会い~

私は大手食品専門商社に入社後すぐに「会社組織でやりたいことをやるためには役職を上げてゆくしかない」と感じ、徹底的に仕事に打ち込みました。しかし、大企業では単に仕事ができるからといって昇格できるものではありません。
私は順調に昇格していたものの、40歳を前にして「もっと早い出世を望むなら、会社内で誰とも比較されない絶対的な存在、突き抜けた人材になってやろう」思い始めました。

(続きを読む...)

【卒業後~MBAを終えて~】サービス業へのMBAの活かし方

2013期勝木誠さん_160×160.jpg 【名前】  勝木 誠

【勤務先】 外資系コーヒーショップ

<自己紹介>
大学卒業後、サービス業に従事。現場での経験を経て、2011年より外資系コーヒーショップの地区マネージャーとして勤務。地区の戦略立案や、9名の店長と300名のスタッフとコミュニケーションをとり、店舗運営の戦略的アドバイスを様々な角度から行う。
2013年グロービス経営大学院入学、2016年卒業。


■経験だけでは最適なアドバイスができないと感じ、学びを決意

グロービスで学ぼうと思ったきっかけは、マネージャーとして自分の仕事の質に疑問を持ち始めたことでした。

2011年春、9年の現場経験を経て、地区マネージャーに昇格しました。
マネージャー1年目は自身の経験を店長にアドバイスをすることで、ある程度の成果が得られていましたが、2年目以降徐々に危機意識を持ち始めました。それは自分の経験が、少しずつ今の現場の感覚とずれていて、経験だけでは店長に最適なアドバイスが与えられていないと感じたからです。

(続きを読む...)
  • Google+でシェアする
  • LINEで送る
受講をご検討の方へ