名古屋校

名古屋校学生ブログ

名古屋校学生ブログ

【卒業後~MBAを終えて~】リーダーだからこそ、誰よりも学ぶ!!〜病院長になってからフルスイングしたグロービスMBAの学び〜

野々垣さんお写真.jpg【名前】野々垣 浩二

【勤務先】社会医療法人 宏潤会 大同病院

【入学年】2019

<自己紹介>

1998年、名古屋大学医学部卒業。 医師資格取得後、東海地区の急性期病院に消化器内科医として勤務。胆のう、膵臓の内視鏡診断・治療を専門とする。2009年より社会医療法人宏潤会大同病院に勤務。内視鏡センター、総合内科、在宅診療部の立ち上げを経験。2018年大同病院病院長拝命後、コロナ禍の病院経営に奮闘中である。2019年グロービス経営大学名古屋校に入学、2021年修了。

病院長になってから決断した、グロービス入学

なんの前触れもなく、明日から会社の経営を任されたらどうしますか?医療業界では日常的に起こりうることです。総合病院の多くの病院長がこの現実に遭遇しています。ほとんどの医師に経営を学ぶ機会はありません。時間的余裕がないといったほうが正解かもしれません。

医師になり20年間、目の前の患者のケアだけを考えていました。真剣に臨床医として取り組んでいる医師なら理解できると思います。医療の専門性を追求した場合、多くの医師は視野狭窄に陥ります。専門性を極めること以外に興味・関心を向ける余裕はありません。手を抜けば、患者の生命を左右します。

2018年病院長を拝命しました。経営のノウハウなど全くありません。病院のミッション、ビジョン、バリューを真剣に考え、言語化したことなどありません。経営戦略を立てたことも、考えたこともありません。副院長時代から出席していた経営会議、理事会でみる財務諸表は眺めているだけでした。

このままでは病院長の重責を果たすことなどできない。地下鉄に乗車中、グロービス経営大学院の広告が目に入りました。その瞬間に決意が固まりました。医療以外のことを学ぶのは社会人になって初めての経験です。一歩踏み出すことに、迷いも怖さも全くありませんでした。

体験クラスで参加メンバーとデイスカッションをした衝撃は今でも覚えています。医療に関連しない学びは浪人時代の予備校以来の体験でした。自分が20年以上、医療という閉ざされた世界の中だけで生きてきたことを実感した1日でした。

単科生では、「クリテイカル・シンキング」を最初に受講しました。クラスの仲間と議論を交わし、クラス終了後の懇親会が毎回楽しみでした。異業種のメンバーと交流を深めることは、自分の視野を広げる大切な学びの時間でもありました。深夜におよんだカラオケも懐かしい思い出です。単科生時代に受講したどの科目も、すぐに実務に応用できる実感がありました。本科生に進むことの決断に迷いはありませんでした。

"でら1レップ"で乗り越えたコロナ禍の仕事と学びの両立

 本科生の2年目は、コロナ禍の医療現場により、想定外の連続でした。グロービスの学びのためにスケジュール化していた時間さえ、確保することが難しいことが何度もありました。今回のレポート提出はもう諦めようと頭をよぎるたびに、名古屋校2019期生のキャッチフレーズである"でら1レップ"(レップ:筋トレの1回1回の動作に名古屋弁の"でら"を加えた造語で、もう無理と思う時に、もうひと踏ん張りの意味)を心の中で何度も叫びました。

リーダーシップ開発と倫理・価値観」のクラスでは、自己開発コミットメントシートを作成します。自分のありたい姿を明確にし、自身の価値観を言語化します。そして、ありたい姿に近づくために具体的なアクションプランを立てます。"コミットメントと一貫性" 人は宣言したことに一貫した行動をとります。「パワーと影響力」のクラスでの学びです。私は「自分の限界の壁を超え続ける」と宣言することにより、自分を鼓舞し続けました。

 単科生、本科生あわせて約3年間、一日たりともグロービスの課題に取り組まなかった日はありませんでした。グロービス生なら誰もが自分の限界の1%を超える努力をしています。それならば、自分は+αを生み出すために、さらに1%上積みの努力を実行するよう心がけました。早朝、通勤中、トイレの中、入浴中、ベッドの中、仕事以外の時間は常にクラスのケース(企業事例)を片手に過ごしました。

仕事と学びの両立はできたと断言できます。仕事と学びが密接につながっている実感がありました。仕事と学びが同一化していたと言った方が、正しいかもしれません。一方で、家庭にはずいぶん迷惑をかけたことは否定できません。両立できたのは、間違いなく家族の寛大な心があったからです。子供の成長にも重要な時期でした。全力でやりきる姿を見せることで、いつか子供も分かってくれると言い聞かせながら過ごした3年間でした。グロービスではコロナ禍の対応が、柔軟かつスピーディーでした。今では、通学クラスとオンラインクラスを自由に振替できる体制が整っています。仕事や家族の都合によって、クラスの振替が可能です。仕事と学びの両立に加え、家庭も大事にできる環境にあると思います。

Connecting the dots 〜全ての科目の学びが病院経営につながった!!〜

病院経営とのつながりを強く意識して毎回のクラスに取り組みました。3時間のクラスを1分、1秒も無駄にできないと強い覚悟で臨みました。講師の一語一句に真剣に耳を傾け、ノートにメモを書き込みました。通学のクラスでは常に最前列に座り、講師の目を見つめ続けました。アウトプットを強く意識し、リスクフリーと言い聞かせ発言し続けました。クラスの学びが、日々の病院経営に全てつながりました。ヒト、モノ、カネに関連する体系的な学びは、病院経営を実践する中で、魔法のように全て線でつながっていきました。まさにスティーブ・ジョブズが語った、"Connecting the dots"を実感することができました。

組織行動とリーダーシップ」「リーダーシップ開発と倫理・価値観」「企業家リーダーシップ」、これらの科目でリーダーとしての覚悟が固まり、自分のリーダー像も明確になりました。企業家リーダーシップのクラスでは、自分の存在について深く問い続けることができました。日々内省し、自分自身がどうありたいのか、どうなりたいのか、これらの問いに対する答えが明確になりました。最終回の自分のミッションの発表では、自分自身の行動指針を言語化できました。この行動指針は常に見える化し、日々の行動の軸となっています。

カネ系科目も「ファイナンス基礎」から「ファイナンスⅢ」「ファイナンシャル・リオーガニゼーション」まで全て受講しました。財務の基礎知識を知るだけでなく、それらを応用し経営の意思決定に活かせるようになりました。コロナ禍の病院経営は、非常に厳しい状態です。患者受療行動が変容する中、あらゆるシナリオを想定し、財務予測をしました。高額な医療機器を購入する際には、ファイナンス思考で数字による説得力を持って投資の可否を判断できるようになりました。

テクノベート(「テクノロジー」と「イノベーション」を組み合わせたグロービスの造語。最先端のテクノロジーを理解し、ビジネスにおいてイノベーションを生み出すことを目的としている)科目も全て受講しました。「テクノベート・ストラテジー」では、テクノロジーを利用して、どのように患者体験価値の向上を目指すべきかを医療の現場にも応用して考える力が養われました。

MBA取得は単なる通過点、見たことのない景色を追い続けるために学ぶ

50歳を目前に、自分の人生は大きく変わりました。医療業界は特別な業界でありません。経営の本質はグロービス生活で学んだことと大きく変わらないことを日々の実務で実感します。MBAを取得したからといって自分の使命は変わりません。今の責務を全うすることです。

VUCAの時代です。身につけた能力も数年後には陳腐化します。しかし、グロービスで学んだ経営の本質は無駄になることはないと確信しています。グロービスの学びを土台に、経営者としての卓越性を追求したいと思います。グロービス卒業生として誇りをもって、自分の能力開発を継続します。自分の可能性を信じ、見たことのない景色を追い続けたいと思っています。

最後に 〜一歩踏み出そう!!〜

 グロービスにかける時間は全てビジネスの実践につながります。勇気をもってグロービスの扉を開ければ、今までに経験したことのない学びがあることは間違いありません。数年間をグロービスにかける価値は、十分あります。そして、グロービス生活を全力で駆け抜けた先には、大きな自信と覚悟が生まれます。かけがえなのない一生の仲間が増えることも間違いありません。一歩踏み出すか、踏み出さないかはあなた次第です!!

【卒業後~MBAを終えて~】人生の選択肢をひろげ、充実した人生を歩む一歩

寺内さん学生ブログ写真.jpg【名前】寺内康雄

【勤務先】株式会社Mizkan

【入学年】2017

<自己紹介>

2005年に株式会社Mizkan(ミツカン)に入社。10年間業務用商品の営業を担当後、MD企画部へ異動。業務用だけでなく家庭用も含めた商品・営業販促支援(全社的な販促企画等)に携わった後、2017年に本社の商品企画部へ異動。業務用プライベートブランド開発、家庭用の食酢飲料・納豆開発を経験し、現在は業務用商品の開発と業務用事業プロジェクトの商品開発タスクを兼任。2017年グロービス経営大学名古屋校に入学、2019年修了。

■自分のスキル不足にモヤモヤ...。問題提議できる力を求めて。

現在、私はMizkanで業務用つゆの商品開発を担当しています。当社は、家庭用つゆでいえば「追いがつおつゆ」が有名なのですが、業務用つゆは競合メーカーが群雄割拠する厳しい市場となっています。また、最近発足された業務用事業プロジェクトも兼任しており、多忙な中で求められる要件も高いのですが、新たな価値を創造すべく奮闘中です。これまでのキャリアを振り返ると、社内でも私ほど多岐の業務に携わった人間は少ないのではと思っています。ただ、それでもここまでやってこられたのはまわりの方々からの協力があったからに他なりません。こんな風に考えられるようになったのも、グロービスでの学びのおかげです。

グロービスで学ぼうと思ったきっかけは、これまで社内・業界で常識的に考えられていたことを「これってもしかして違いませんか?」と問題提議できる力が欲しいと思ったからです。

私は入社10年目に初めてマーケティング分野に携わることになったのですが、これまでマーケティング領域の本すら読んだことがありませんでした。それでも試行錯誤しながら日々の業務に対応できるようになってきたのですが、これまでの前例を是とする考え方に違和感を持ち、「本当に自信をもってお客様にベストな提案ができているのか?」という疑問を感じるようになりました。ただ、それを言語化できない自分のスキル不足にモヤモヤしたのを今でも覚えています。

(続きを読む...)

【卒業後~MBAを終えて~】私がグロービスMBAを通じて、経営知識を超えて手に入れたもの

160247667_268473421537249_632805204089754309_n.jpg

【名前】増谷 恵梨子

【勤務先】トヨタ自動車株式会社

【入学年】2018年


<自己紹介>

大学卒業後、トヨタ自動車(株)にて、海外向け新型車商品企画を担当。入社5年目に研修制度にてブラジル赴任。帰国後アジア、中南米向けの事業企画・商品企画に携わったのち、2021年よりアルゼンチン赴任。2018年グロービス経営大学院入学、2020年卒業。

■会社の苦しい局面で、何もできなかった自分に感じたもどかしさ

入社5年目に1年間ブラジルに赴任しました。当時のブラジル経済は疲弊しており、会社も苦しい状況でした。私を助けてくれる優しいローカルスタッフたちも、自社の状況に不安を抱いていました。「目の前にいる人たちを幸せにするために、会社を良くしたい。そのためには自分に何ができるのか?」と考えた時、自分の引き出しがあまりにも少ないことに気づきました。

それまでがむしゃらに目の前の仕事をこなしてきましたが、直接実務で関わる機会が少ない財務・会計や、人事組織分野には手も足も出ません。また担当のマーケティング分野についても、自社で定着している方法が本当に妥当なのか不安もありました。

そのような中で、同世代のローカルスタッフがビジネススクールに通って勉強していることを知りました。「世界には働きながら学ぶ人がいる。私もやってみよう」と、帰国後にグロービスの単科受講を開始しました。

最初に受講したクリティカル・シンキングで学んだ思考法は、翌日から実務に使える実践的なものでした。フレームワークを使うことで、それまでのがむしゃらな思考から抜け出し、思考のスピードを一気に上げられる実感がありました。また、クラスメイトとのディスカッションを通じて、視野狭窄にならず思考を広げられました。その後、マーケティング・経営戦略基礎アカウンティング基礎ファイナンス基礎を受講しましたが、どれも自分のやりたいことを実践する上で、身に付けておくべき必須のスキルだと感じました。

(続きを読む...)

【卒業後~MBAを終えて~】実践的な学びと内省を通じて軸を見出し、キャリアチェンジを実現 ~事業開発×電力・エネルギー業界というキャリア~

桔梗さん.jpg【名前】桔梗 聡
【勤務先】株式会社Looop
【入学年】2015年


<自己紹介>
株式会社Looopコミュニティ代表取締役。再生可能エネルギーの最大普及を通じエネルギーフリー社会の実現を目指す株式会社Looopにて、再エネ投資ファンドの組成・運営を行う子会社の事業推進・経営管理に従事。新卒で入社した総合商社では10年間にわたり、LNG(液化天然ガス)プロジェクトの管理・オペレーション・事業開発、LNGトレーディング等に携わる。その後インフラ投資ファンドを経て、Looop参画後は海外ファンド事業の立ち上げ・運営、国内外の事業開発に従事。2020年10月より現職。2015年グロービス経営大学院入学、2017年卒業。

■キャリアの行き詰まりに対する危機感
現在私は、ベンチャー企業で再生可能エネルギー分野における投資事業の新規開発、海外ファンドの運営、事業会社の経営等に携わっています。思えばグロービス在学時は、大企業で化石燃料分野における既存プロジェクトのオペレーションに忙殺される日々でした。エネルギー業界や中東地域向けの投資という要素は共通していますが、卒業後の数年で随分と遠いところまで来たものだなと思います。

グロービスで学ぼうと思ったきっかけは、キャリアの行き詰まりや自分の能力開発における危機感でした。
新卒入社以来ずっと同じ案件を担当し、会社からは高い評価を受けていました。しかし、このままでは目の前の業務に対応するばかりで思考停止に陥り、年齢を重ねる毎にキャリアの幅が狭まっていくのではないか。既存案件のオペレーションで20代を終えようとする中、もともと志していた事業開発・組織経営のキャリアビジョンとの乖離が広がっていくのではないか。そんな懸念を抱いていました。
そのため、事業を創造し組織を動かしていくための基礎体力を養うこと、高い志と能力を持った社外の仲間との切磋琢磨によって自身を客観視すること、それらを通じ自分のキャリアの選択肢を広げることを目的として、グロービスへの入学を決意したのです。

(続きを読む...)

【MBA生活】MBAでの学びをチャレンジのエンジンに!-地銀マンの挑戦-

古市さん写真.jpg【名前】古市 大輔

【勤務先】地方銀行

【入学年】2019

<自己紹介>

2004年地方銀行に入行。8年間の支店勤務を経て、メガバンクのストラクチャードファイナンス部への1年間の出向を経験。帰任後、本部ストラクチャードファイナンスチームに6年超在籍し、プロジェクトファイナンス、LBOファイナンス等の業務に従事。後半3年間はリーダーとしてチームを牽引。20196月に経営企画部に異動し、PEファンド事業の立ち上げを担当。201912月に同事業を営む子会社が設立されるに伴い出向。グロービス経営大学院2019年入学。在学中。

■MBAを目指したきっかけ

私にとっての転機は、30歳の時に経験したメガバンクへの出向です。

出向するまで自行は完成した組織と思い込んでいましたが、メガバンクには自行が未到達の業務領域がたくさんあることを知り、衝撃を受けました。同時に、既存の枠組みにとらわれず自行外の知見やノウハウを持ち帰れば、もっと面白いことができると思い始めました。出向からの帰任後は、ストラクチャードファイナンスチームのメンバーとして、これまで取組んでこなかった融資領域の発掘に尽力しました。

そんな折、LBOという融資手法に出会いました。投資ファンドがM&Aの際に活用することが多いのですが、投資ファンドと接点を持つ中で、彼らの中小企業に対する価値向上に向けた取組みに興味を持つようになりました。時を同じくして、直属の上席が中小企業の事業承継課題への解決手法として、自行での投資ファンド事業の立ち上げを検討し始めていました。そのため、いつしか上席と近い距離で企画のサポートをさせて頂くようになりました。

(続きを読む...)

【卒業後~MBAを終えて~】20代のうちに多くの経営疑似体験を積むことで、得られた成長

秋山さん.jpeg

【名前】秋山 直紀

【勤務先】L I N E株式会社

【入学年】2012年

<自己紹介>

L I N E株式会社 マーケティングソリューションカンパニー BBビジネスポリシー室 室長。2006年に新卒で株式会社リクルート H Rマーケティング東海(現リクルートジョブズ)に入社し、営業・代理店渉外・審査を担当。2016年にL I N E株式会社に中途入社し、広告審査・考査に従事し、2019年より現職。グロービス経営大学院2012年入学、2015年修了。

■より成長できる環境を求めて、受講をスタート

新卒入社時、私が企業に求めていたことは、自分が大きく成長できる環境があることでした。しかし、今考えると、当時の自分は「成長」という言葉が何を指しているのかさえ、よく分かっていなかったと思います。ただ漠然と、リクルートグループに入社すれば、どこでも生きていける力が身に付くだろうと考えていました。

そんな私が初めてグロービスを知ったのは、入社6年が過ぎた頃、自分より2つ下の後輩と話をした時でした。単科生として受講していた彼は、当時福岡から大阪校まで通学しており(当時はまだ福岡校の設立前であったため)、非常に意識高く頑張っていました。彼の話を聞いた私は、「自分は何も努力していない。新卒入社の際に大きく成長できる環境を選んだはずが、仕事に慣れ、こなすだけになっている」と気づきました。リクルートという世界、求人広告という世界でしか世の中を知らないことに焦りを感じた私は、2011年にグロービスの門戸を叩き、単科生として受講を開始しました。

(続きを読む...)

【卒業後~MBAを終えて~】個人病院の事業承継者の私が、グロービスで何を得たのか?

樋口さんブログ写真.jpg【名前】樋口 俊哉

【勤務先】個人病院

【入学年】2016

<自己紹介>

大学卒業後、1000床の大規模病院で医師としてのキャリアをスタート。同病院で消化器内科医としての道を歩き始め、その後医局の人事異動で中規模病院へと異動。20181月より現病院にて副院長兼健診センター長として勤務。

グロービス経営大学院 2016年入学 2019年卒業。

■暗中模索している中でのグロービスとの出会い

グロービスで学ぶことを決意したのは、事業承継者として、祖父から父に引き継がれてきた病院を維持、発展させるためには、経営を学ぶ必要があると思ったからです。

きっかけは、経営についての知識がほとんどなく、将来に不安を抱いていた勤務医時代に、グロービスOBの方と知り合ったことです。その方の戦略などを聞いているうちに、グロービスで学べば私も同じように知識を身に付けることができるのではないかと思いました。そして、その方の勧めで単科生として受講し、ビジネスで使える論理的思考力の身に付け方や、外部環境を意識した経営戦略の立て方、財務三表の読み取り方などを学びました。懇親会でも、多種多様な職種の方たちと話をすることで新しい知見が得られるのと同時に、医療分野でしか生きてこなかった狭い世界が一気に広がりました。これらの経験から、これから事業承継を行う私にとって必要な知識や人脈が得られるという確証を得ることができ、本科へ出願するに至りました。

(続きを読む...)

【卒業後~MBAを終えて~】無限の可能性の扉を手にして

林さんブログお写真.jpg【名前】林 久美子

【勤務先】塩野義製薬株式会社

【入学年】2014

<自己紹介>

大学卒業後、塩野義製薬株式会社にて、MR(医薬情報担当者)職として、大学病院から開業医までを担当。グロービス経営大学院在学中に、新設部署・医療連携サポート室へ異動。2018年より、新設部署のスペシャリティプロダクト室に異動。

グロービス経営大学院2014年入学、2016年卒業。

■「より、最善な意思決定ができるようになりたい」と思いグロービスへ

初めてグロービスを知ったのは、2013年初旬、岐阜県でMRとして大学病院を担当していた時でした。その頃の私は、ある製品で、全国NO.1の売り上げ・シェアを1年間達成するという成果を出していました。その一方で、「次の成果を挙げるために自分は何をしたらよいのか」「感覚的な仕事の進め方ではなく、成果の再現性を高めるにはどうしたらいいのか」そして、「今後のキャリアはどのように歩んでいけばいいのか」など、迷っている時期でもありました。

これまでは、周りの方々に恵まれ、常にチャレンジングな環境を与えてもらい、少しずつでも課題を克服し、成長することができていました。しかし、より高い課題に挑戦していこうとした時、どうしても自分自身の感情に走り判断のスピードが落ちること、小さなことに囚われすぎて、立ち止まってしまうことがありました。また、上司、同僚、後輩たちのおかげで心地よく過ごしていましたが、今後自分がリーダーとして引っ張っていく時に、このままでよいのかと悩んでいました。さらに、外部環境が大きく変わり始めたことを感じていた中、入社からずっと同じ会社に勤め、製薬・医療業界しか知らないことも、視野が狭いままに過ごしているのではないかという不安がありました。

(続きを読む...)

【MBA生活】経理・総務で働く私がグロービスで手に入れた変化

村瀬さんお写真正方形.jpg

【名前】 村瀬 玲子

【勤務先】電力系プラント会社

【入学年】2018

<自己紹介>

電力系プラント会社勤務。入社後10年間、経理部にて会計、税務、財務、収支管理を担当。2018年総務部へ異動。社会保険、所得税、出向派遣、勤怠管理に従事。現在、業務効率化のためRPA導入プロジェクトに参加中。グロービス経営大学院2018年入学。在学中。

◆外部環境変化のスピードに追い付きたい、という思いから受講を決意

グロービスで学ぼうと思ったきっかけは、業界・キャリアへの「危機感」でした。東日本大震災を機に、原発廃止・電力自由化の加速など、会社を取り巻く環境は一変しました。激しい外部環境変化に対する漠然とした不安。本質的な変化を感じられない会社内部の環境。そして、その不安を言語化できず、提言も行動もできないことに対する歯がゆさを感じていました。

また、AIをはじめとする技術革新により管理業務の多くが消滅すると予測される中、一人のビジネスパーソンとして生き残っていくためには、新しいスキルが必要だと感じていました。そのような中、ダボス会議で活躍する堀学長の存在から、グロービスを知りました。その後、名古屋校で開催された学長セミナーに参加。「激変する環境下でビジネスリーダーに必要とされる資質を身に付けるために、今こそ学び直す時だ!」と感じ、単科生として受講をスタートしました。

(続きを読む...)

【卒業後~MBAを終えて~】専門スキルだけでは社会に貢献できない!~医療職にも経営学の知識を~

杉浦さんブログ写真.jpg【名前】  杉浦 太紀

【勤務先】 総合病院

【入学年】 2017

<自己紹介>

2010年に理学療法士国家資格を取得し、愛知県内の総合病院に就職。救命救急センター、一般病床、回復期リハビリテーション病床など、院内の様々な部署で、多くの患者のリハビリテーションに携わる。2015年からの2年間は同法人の療養型病院に出向し、終末期の医療を経験。2017年に総合病院に戻ると同時にグロービス経営大学院入学、2019年に修了。

◆グロービスとの出会い、入学までの経緯

私がグロービスを知ったのは、書店で27歳からのMBA グロービス流ビジネス基礎力10という書籍を手に取った時でした。当時27才だった私は、「自分のことだ!」と衝撃を受け(まんまと罠にはまり?)、その本を購入しました。直感で購入した本でしたが、その内容のわかりやすさが2度目の衝撃でした。ビジネス書と呼ばれる本は何冊か読んだことはありましたが、こんなに網羅的でわかりやすい本は初めてでした。そして、この本のタイトルにあるグロービスという学校が名古屋にもあると知り、迷わず体験授業を受けることにしました。

体験授業は、ビジネスの世界に疎い私でも理解できる、とても分かりやすい内容でした。また、講義を聴くだけではなく、自ら考え、発言をする授業スタイルが新鮮で、もっと学んでみたいと感じました。そのため、まずは1科目、3か月間だけ頑張ろうと思い、単科生制度クリティカル・シンキングを学ぶことにしたのです。

クリティカル・シンキングを受講した3か月間での成長は、本当に大きかったと自信を持って言えます。漏れなくダブりなく考えることが習慣化され作業効率が良くなり、院内の急性期リハビリテーションの標準化を目的としたプロジェクトで成功を収めることができました。この場に身を置けばさらに成長し、キャリアアップに繋がるのではという期待感から、2科目、3科目と受講し、いつの間にか本科への出願を決めていました。

(続きを読む...)
  • LINEで送る

名古屋校学生ブログのページ。実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・横浜・水戸・オンラインでMBAプログラムを提供しています。