名古屋校

名古屋校学生ブログ

名古屋校学生ブログ

【MBA生活】経理・総務で働く私がグロービスで手に入れた変化

村瀬さんお写真正方形.jpg

【名前】 村瀬 玲子

【勤務先】電力系プラント会社

【入学年】2018

<自己紹介>

電力系プラント会社勤務。入社後10年間、経理部にて会計、税務、財務、収支管理を担当。2018年総務部へ異動。社会保険、所得税、出向派遣、勤怠管理に従事。現在、業務効率化のためRPA導入プロジェクトに参加中。グロービス経営大学院2018年入学。在学中。

◆外部環境変化のスピードに追い付きたい、という思いから受講を決意

グロービスで学ぼうと思ったきっかけは、業界・キャリアへの「危機感」でした。東日本大震災を機に、原発廃止・電力自由化の加速など、会社を取り巻く環境は一変しました。激しい外部環境変化に対する漠然とした不安。本質的な変化を感じられない会社内部の環境。そして、その不安を言語化できず、提言も行動もできないことに対する歯がゆさを感じていました。

また、AIをはじめとする技術革新により管理業務の多くが消滅すると予測される中、一人のビジネスパーソンとして生き残っていくためには、新しいスキルが必要だと感じていました。そのような中、ダボス会議で活躍する堀学長の存在から、グロービスを知りました。その後、名古屋校で開催された学長セミナーに参加。「激変する環境下でビジネスリーダーに必要とされる資質を身に付けるために、今こそ学び直す時だ!」と感じ、単科生として受講をスタートしました。

◆この仲間ともっと学びたい!もっと会社に貢献したい!

単科生として1年間学びましたが、学びの多さは期待以上でした。特に、カネ系の実務経験しかなかった私にとって「マーケティング・経営戦略基礎」クラスは、目から鱗の連続でした。それまでもフレームワークは知っていましたが、それは単なる知識であり、実務において使える状態にはなっていませんでした。ケースの主人公になりきり、アウトプットを繰り返すことで、徐々に「知識を実務で使う感覚」が身に付いてきました。

未経験分野のクラスでも、くじけず取り組めたのは、仲間の存在があります。クラスメイトは「共に学び、共に成長する」というスタンスで、頻繫に勉強会や懇親会を開催しました。年齢、出身地、業種、職種とバラバラですが、互いに刺激し合う関係であり、「もっとこの仲間と学びたい」と感じるようになりました。今でも濃く繋がっていますが、正直なところ、大人になってから生涯の仲間ができるとは思っていませんでした。

単科生も後半に差し掛かった頃、「組織行動とリーダーシップ」のクラスで7S(組織を俯瞰し、企業戦略における要素同士の関連性、外部環境との整合性を可視化するフレームワーク)を学んだことをきっかけに、「会社にもっと貢献したい」という思いが強くなっていきました。フレームワークに沿って自社の7Sを描いてみると、創業者の「志」である理念のもと、戦略・経営スタイル・社風が背骨となり、戦略を実現するための組織構造・制度・人材が揃っていました。通学前は、会社に対して批判的な考えや、漠然とした不安が大きくありましたが、全てがしっかりと整合しているからこそ、現在の組織がうまく回っているのだと気付きました。ここから、会社として目指すべき未来があることがクリアになり、50年そして100年後にも企業価値を提供し続けることができる!と感じるようになりました。

しかし、私たちの世代が変わらなければ、今後環境変化に押しつぶされてしまう恐れもあります。まずは自分が変わり、もっと会社に貢献できるようになりたいと、本科出願を決意しました。

◆見えない未来を見にいく力をつけ、学びを実務に活かす

グロービスでは、どのクラスも「自分(自社)だったらどうするか?」を徹底的に考え抜きます。限られた情報から、状況を判断し、問題を見抜く。そして、仮説を立て、因果関係を解明したうえで、「どうすべきか?」を言語化するなかで、「見えない未来を見にいく力」が身に付いてきました。これは、VUCA時代を生きる私たちにとって、強い武器となります。

具体的な武器の1つとして「経営戦略」で作成した戦略マップがあります。批判されても揺るがない、芯が通った戦略のストーリーを描くための自分だけの地図です。この作成過程で、視野を広げ、視座を上下させ、時間軸を広げ、その間を行き来することを体感しました。自由自在かつスピーディーな思考の行き来は、実務において視野狭窄に陥る寸前に、何度も助けられました。

また、本科生になると、テクノロジーをどのようにビジネスに活かすか考える「テクノベート領域」を学ぶことができます。例えば、「テクノベート・シンキング」では、テクノロジーを利用した問題解決プロセスが学べます。問題定義、データの構造化、アルゴリズム化、そして苦しみながら黙々と取り組んだ実装は、現在自社で取り組んでいるRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)導入にダイレクトに役立っています。

◆学びが自信に変わり、新たな扉が開いた

学びを通じて新たに発見した「志」から、思いがけず新たなチャレンジがスタートしました。HR系スタートアップにて管理業務をバックアップすることになったのです。

正直なところ、私は、ずっと「志迷子」でした。自分がやりたいことは何か、何をもって世に貢献するのかモヤモヤした状態が長く続き、志高く活躍している仲間を見るたびに眩しく感じていました。しかし、「企業家リーダーシップ」で教わった「志は待っていても降ってくるものではない。まずは決めて、触りに行ってみる」という講師の言葉に、一念発起。グロービスでの学びやこれまでの人生の振り返りから、「志の卵」が生まれました。その1週間後、引き寄せられたかのように、「あすか会議」(年に一回開催される1500人規模のビジネスカンファレンス)で出会った大学院の先輩を介し、立ち上がったばかりのスタートアップの存在を知り、志につながる一歩を踏み出すことができました。

現在は、環境変化をチャンスと捉え、成長を続ける熱い仲間たちの中で、刺激的で充実した毎日を送っています。そして、今までの実務経験とグロービスでの学びは何一つ無駄になっていないと感じています。

◆最後に

経理や総務といった管理系職種は、サポート要素が強く、売上に直接貢献することは難しいです。何とかして会社に貢献したいのに、もどかしさを感じている人もいるのではないでしょうか。不安やもどかしさは、一歩行動することで勇気と自信に変化します。踏み出さなければ、何も変わりません。私たち管理系職種こそ、外部環境変化が激しい中で活躍が求められる存在です。グロービスのラウンジで、未来を「共創」する仲間としてお会いできることを楽しみにしています!

【卒業後~MBAを終えて~】専門スキルだけでは社会に貢献できない!~医療職にも経営学の知識を~

杉浦さんブログ写真.jpg【名前】  杉浦 太紀

【勤務先】 総合病院

【入学年】 2017

<自己紹介>

2010年に理学療法士国家資格を取得し、愛知県内の総合病院に就職。救命救急センター、一般病床、回復期リハビリテーション病床など、院内の様々な部署で、多くの患者のリハビリテーションに携わる。2015年からの2年間は同法人の療養型病院に出向し、終末期の医療を経験。2017年に総合病院に戻ると同時にグロービス経営大学院入学、2019年に修了。

◆グロービスとの出会い、入学までの経緯

私がグロービスを知ったのは、書店で27歳からのMBA グロービス流ビジネス基礎力10という書籍を手に取った時でした。当時27才だった私は、「自分のことだ!」と衝撃を受け(まんまと罠にはまり?)、その本を購入しました。直感で購入した本でしたが、その内容のわかりやすさが2度目の衝撃でした。ビジネス書と呼ばれる本は何冊か読んだことはありましたが、こんなに網羅的でわかりやすい本は初めてでした。そして、この本のタイトルにあるグロービスという学校が名古屋にもあると知り、迷わず体験授業を受けることにしました。

体験授業は、ビジネスの世界に疎い私でも理解できる、とても分かりやすい内容でした。また、講義を聴くだけではなく、自ら考え、発言をする授業スタイルが新鮮で、もっと学んでみたいと感じました。そのため、まずは1科目、3か月間だけ頑張ろうと思い、単科生制度クリティカル・シンキングを学ぶことにしたのです。

クリティカル・シンキングを受講した3か月間での成長は、本当に大きかったと自信を持って言えます。漏れなくダブりなく考えることが習慣化され作業効率が良くなり、院内の急性期リハビリテーションの標準化を目的としたプロジェクトで成功を収めることができました。この場に身を置けばさらに成長し、キャリアアップに繋がるのではという期待感から、2科目、3科目と受講し、いつの間にか本科への出願を決めていました。

(続きを読む...)

【卒業後 ~MBAを終えて~】ビジネスに必要な基礎知識がある。ならば自信を持って実践すればいい。

岩間さん写真.jpg

【名前】岩間 紀貴

【勤務先】ブラザー工業株式会社

【入学年】2014年

<自己紹介>

新卒でブラザー工業株式会社に入社、オフィス用のレーザープリンタ開発に従事。2016年より自社としては新規事業となる産業用印刷機の開発部門へ異動。新事業担当として、通常の開発・設計業務に加えて、製造工程での問題対応や、製品の営業活動など、幅広い役割を担当。グロービス経営大学院2014年入学、2016年修了。

◆エンジニアが、なぜMBAという選択肢を考え始めたか
新卒でブラザー工業に入社し、エンジニアとしてレーザープリンタ開発に約3年携わった頃、今の延長上でのキャリアパスがイメージできるようになったのと同時に、そのキャリアでは満足できないと強く感じ始めました。メカ設計のみで勝負していくことは不安定な状態であり、現状を変えるためには更なる武器が必要だと感じたのです。そして、成長の機会を求め社外での活動に幾つか手を出し始めていたときに出会ったのがMBAでした。

他校を含めた説明会&体験会を経て、最終的に実践的・実用的でかつ熱量の高いグロービスの雰囲気が自分に合っていると感じ、ここでなら新たな武器を手に入れられると思い、単科生を経て2014年より本格的に学び始めました。

(続きを読む...)

【卒業後~MBAを終えて~】日本社会に役立つ仕事がしたい!~能動的に挑戦することで自らを高める~

杉本さん.jpg

【名前】杉本 憲生

【勤務先】中日本高速道路株式会社

【入学年】2012年

<自己紹介>

NEXCO 中日本の北陸圏(石川県、富山県、福井県)の経営管理や地域連携、採用等の人事を担当。
2013年11月より希望していた人事部で、人財育成や組織改革プロジェクトを担当し、変革に関わる仕事に従事。
2017年7月より現在の金沢支社へ異動。グロービス経営大学院2012年入学、2015年修了。

◆『今』やらないと明日の自分は変わらない。~成長を求めて~

私は、『日本社会に役立つ仕事』がしたいと考え、NEXCO中日本に新卒で入社しました。
NEXCO中日本は、日本社会に貢献できる会社であるとともに、そのポテンシャルはまだまだ高いと感じるため、更なる会社の変革に関わることで、より日本社会の役に立てると考えてきました。
 
そのため、私のようなボトム・ミドル層の社員が、会社の変革に関わるには、先ずは自己成長が必要だと思い、会社の研修でグロービス・マネジメント・スクール(GMS)クリティカルシンキングを受講する機会を得ました。3ヶ月の受講を通じて、社内では感じたことのない意見・意識・思考の広がり、コミュニケーション力などに大きな衝撃を受けるとともに、人的ネットワークの広がりを実感し、「この『場』なら成長できる!」と確信しました。

(続きを読む...)

【MBA生活】エンジニアの私が、なぜグロービスでMBAを学ぶのか

山田さんブログ写真.jpg

【名前】山田 憲吾

【勤務先】株式会社デンソー

【入学年】2017年


<自己紹介>

大学院卒業後、株式会社デンソーに入社。自動車部品を製造する部署に所属し、生産技術者として社会人生活をスタート。「品質と安全のデンソー」の看板のもと、燃料噴射部品や安全装置部品の高精度なモノづくりに従事。その約1年後に生産技術の開発部に異動し、次期型製品の企画・設計段階からモノづくりの立場で参画。競争力のある生産技術の研究開発、新規生産ラインの構築と海外拠点への展開などに従事。グロービス経営大学院2017年入学。在学中。

■このままの成長スピードではなりたい自分になれないという危機感(グロービス経営大学院 通学前)

<自分をどう変えたらいいのか分からないけれど、このままではだめだという感覚>

私は入社当時から、いつかは海外でも活躍できる人材になりたいと考えていました。海外で仕事を任せられることは多様な価値観を持った仲間をまとめられるスキルがあると認められ、期待されている証だと思っていましたし、たった一度の人生なので多様な考え方に触れながら、仲間たちに喜んでもらえる職場を作りたいと考えていたからです。

入社5年目を迎えた頃、念願の海外プロジェクトを任されるチャンスが訪れました。しかし、一生懸命取り組んでいるにも関わらず、なかなか成果を出せない状況に陥り、また自分に何が足りないのかも分からず、その状況から脱することができませんでした。

(続きを読む...)

【MBA生活】一歩踏み出す勇気で見える景色が変わった

ブログ近藤さん.jpg

【名前】近藤 未来

【入学年】2018年

<自己紹介>

大学卒業後、新卒でダンス用品総合メーカー、チャコット株式会社に入社。自社店舗で販売職として3年勤務した後、営業職に異動。自社製品の取扱先を広げるべく個人事業主向けの営業職に従事。グロービス経営大学院2018年入学。在学中。

■実務だけでは得られない成長を目指して、受講を決意

私がグロービスへ通い始めたのは、社会人15年目を迎えた頃でした。これまでキャリアの多くを営業職として過ごし、部署や担当もずっと同じだったので、業務に対して苦労する点はほとんど無く、今まで通りにやっていれば実績を残せる状態でした。ただそんな中、特にやりがいを持って取り組んでいた後輩の育成には課題を感じていました。

勤務先は、風通しの良い社風で自由度が高く、個人の裁量に任される環境でした。反面、マニュアルが無く、成長の進捗には個人差が出やすい状況でした。自ら効率よく吸収出来るスタッフもいれば、与えられたほうが吸収しやすいスタッフもいる中で、どちらに対しても自己流でしか教えてあげることが出来ず、育成方法は本当にこれで正しいのかと自信が持てませんでした。

(続きを読む...)

【MBA生活】大人になってからの学びは楽しい!(知的好奇心が、見える世界と私と未来を変える!)


新宅さん.jpg

【名前】新宅 亮子

【勤務先】NTT西日本

【入学年】2016年


<自己紹介>

大学卒業後、東西分割前のNTTに入社。以来、営業一筋に近いキャリアを積み、直近の4年間は育成業務に従事。昨年、育成業務の傍ら応募した、ある企業のアクセラレータープログラムにおいて、自ら起案したビジネスアイデアが書類選考に合格。これを契機としたご縁に恵まれ、本社異動のチャンスを掴む。今春より、本社オープンイノベーション推進室勤務となり、新たな事業領域の開拓にチャレンジ中。グロービス経営大学院2016年入学。在学中。

■こんな世界があったのか!という驚き

グロービスとの出会いは4年前。長年の営業業務から突然の育成業務を命ぜられ、畑違いも甚だしい異動に戸惑いながら従事する中、会社からグロービス・マネジメント・スクール(GMS)派遣の機会をいただきました。育成という経験のない未知の領域での業務遂行にあたってはちょうど何か勉強しないとマズイな、と危機感を感じていた矢先でしたので、これ幸い!とGMS受講を決めました。

仕事と子育ての隙間時間で事前課題に取り組み参加した『リーダーシップと人材マネジメント基礎』で出会ったクラスメイトは、皆一様に学ぶ意欲に燃え、活発なグループ討議はもちろん、ケースの主人公(経営者)の立場に立った見解を積極的に展開。その圧倒的な熱量に感化され、純粋に学ぶ楽しさを実感しました。軽いめまいのような驚きの他、「こんな世界があったんだ!」という興奮と発見がグロービスに対する最初の印象です。

(続きを読む...)

【卒業後~MBAを終えて~】変化に対応するため、環境を変え、自分を変える

鵜飼さんの写真.jpg

【名前】鵜飼 真也

【勤務先】株式会社愛知銀行

【入学年】2015年


<自己紹介>

2008年新卒で愛知銀行に入行。営業店を3拠店経験し、主に法人営業を担当。
2017年メガバンク本部に出向。
2018年愛知銀行の本部に帰任し、ソリューション営業を推進。主に事業承継やM&Aを担当。
グロービス経営大学院2015年入学、2018年修了。

■激変する業界に危機感を抱き、グロービスへ

地元企業の役に立つ仕事がしたいと、期待に胸を膨らませ銀行員になった頃、リーマンショックが発生。愛知県の経済にも大きな影響を及ぼしました。企業の設備投資は消極的になり、資金需要は低下しました。

以降、景気は回復しつつあるとはいえ、愛知県には元々金融機関が多く、貸出金利が名古屋金利と言われるほど低下するなど、金利競争に巻き込まれ、競争は激化。収益は逼迫しています。加えて、他業種から金融業に参入するなど更にプレイヤーが増え、テクノロジーが銀行員の業務を代替していくようになるなど、金融業界は再編の波にさらされ、大きな変革期を迎えていました。

そんな中、私の仕事は、気が付くと銀行同士で取引先の奪い合いをしているだけで、支店や自分の成績のためだけに仕事をしているような気がして、世の中に何の価値も生み出せていないのではないかと、自分の仕事に自信が持てなくなっていました。

(続きを読む...)

【卒業後~MBAを終えて~】学び続け、人とつながる中で見える景色が変わる

2015期白須誠さん(160X160).jpg

【名前】白須 誠

【勤務先】住友商事株式会社

【入学年】2015年


<自己紹介>

2009年4月住友商事株式会社に入社。入社以来、一貫してリスクマネジメントを担当。現在はリスクマネジメント第二部にて、資源・エネルギー分野を中心に大型投資案件の審査に従事。グロービス経営大学院2015年入学、2017年修了。

■GMS、単科生、そして本科へ

私は新卒で住友商事に入社し、約3年半、全社的な視点でリスクマネジメントに関する社内制度設計やシステム開発等に従事しました。その後、中部支社に異動し、金属事業部門のリスクマネジメント担当として、主に自動車メーカー向け鋼板取引に係る与信審査、法務関連サポート等を行うこととなりました。

与信審査では取引先の信用力を様々な視点で評価し、自社がどこまでリスクを取るのか判断する必要があります。一方、与信判断に説得力を持たせることが出来ない壁に突き当たっていました。原因は経営戦略、財務会計等、経営全般に関する知識・スキル不足であり、体系的に学習する機会が必要だと感じました。

書籍等による自学自習では限界があるとも感じていた中、会社派遣でGMSに通学していた同僚が事前課題(ケーススタディ)に取り組む場面に遭遇し、課題を見せてもらったところ、直感的に「これは面白そうだ!」と思いました。経営の意思決定を迫られているケーススタディの登場人物に、自分自身が重なったのです。「実践的な学びを得られる」との同僚の後押しもあり、GMSの受講を決めました。

(続きを読む...)

【卒業後~MBAを終えて~】手に入れたものは自信と覚悟

WEB用完成(160X160).jpg

【名前】久保 元気

【勤務先】株式会社濱田総業

【入学年】2014年

<自己紹介>

大学卒業後、平成9年4月三重県津市に本社を置く百五銀行に入社。法人営業、企業再生、債権回収、中小企業向けコンサルティング業務(プロジェクトファイナンス、事業承継、M&Aなど)を担当。平成29年9月、20年間務めた百五銀行を退社し、赤福、マスヤ、おかげ横丁などを傘下に持つ、三重県伊勢市の濱田総業へ転職。現在はグループ会社の結婚式場オランジェの常務取締役として経営実務を担当。グロービス経営大学院2014年入学、2017年修了。

■人生最大の失敗の末、目標を見失った日々から脱出するためにグロービスへ!!

社会人になって10年程たった頃、私が代表者兼監督兼選手を務めていた社会人サッカーチームを母体として、三重県初のJリーグチームを創出しようという活動を始めました。小学生のころからの夢であった「サッカーを職業にすること」が実現できるかもしれないと思い、その活動に夢中になりました。元Jリーガーを監督として招聘し、全国から選手を集め、地元企業の支援をいただきながら活動しましたが、結果的には、数年間で失敗。夢を断念することになったのみならず、人生を賭けて三重に来た選手達、夢を抱きチームや選手に憧れを持ってくれた子供達、応援してくれたサポーターや地元企業など多くの人達の期待を裏切ってしまいました。原因は、私にリーダーシップやマネジメント力、そして「覚悟」がなかったことでした。最期の日の光景は今でも忘れられません。

また、ちょうどその頃、勤務していた百五銀行では中間管理職となり、営業責任者としての役割を任されるようになりました。それまでの銀行業務において、個人では頭取賞などの社内賞を受賞するなど結果を残してきたのですが、チームや組織を率いる立場となってからは、なかなか結果が出せない日々が続きました。学生のころから部活動ではキャプテンを務めるなど、リーダーシップには自信があっただけに自信喪失です。

(続きを読む...)
  • LINEで送る

名古屋校学生ブログのページ。実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・横浜・水戸・オンラインでMBAプログラムを提供しています。