名古屋校

名古屋校 学生ブログ

【卒業後~MBAを終えて~】日本社会に役立つ仕事がしたい!~能動的に挑戦することで自らを高める~

杉本さん.jpg【名前】杉本 憲生

【勤務先】中日本高速道路株式会社

【入学年】2012年

<自己紹介>

NEXCO 中日本の北陸圏(石川県、富山県、福井県)の経営管理や地域連携、採用等の人事を担当。
2013年11月より希望していた人事部で、人財育成や組織改革プロジェクトを担当し、変革に関わる仕事に従事。
2017年7月より現在の金沢支社へ異動。グロービス経営大学院2012年入学、2015年修了。

◆『今』やらないと明日の自分は変わらない。~成長を求めて~

私は、『日本社会に役立つ仕事』がしたいと考え、NEXCO中日本に新卒で入社しました。
NEXCO中日本は、日本社会に貢献できる会社であるとともに、そのポテンシャルはまだまだ高いと感じるため、更なる会社の変革に関わることで、より日本社会の役に立てると考えてきました。
 
そのため、私のようなボトム・ミドル層の社員が、会社の変革に関わるには、先ずは自己成長が必要だと思い、会社の研修でグロービス・マネジメント・スクール(GMS)クリティカルシンキングを受講する機会を得ました。3ヶ月の受講を通じて、社内では感じたことのない意見・意識・思考の広がり、コミュニケーション力などに大きな衝撃を受けるとともに、人的ネットワークの広がりを実感し、「この『場』なら成長できる!」と確信しました。
 
それからGMSで3科目受講し、更に学びたいと感じ大学院へ進学しようと検討していましたが、「仕事が忙しい」ことや「家族の理解が得られるか」などを理由に、しばらくの間迷っていました。
そんな時発生したのが、東日本大震災でした。そして、甚大な被害をうけた被災地を訪れる機会があった際、グロービスのセミナーでお会いした、復旧・復興の先頭に立つリーダーを訪ねたのです。
そのリーダーが、被災地や家業の復旧を通じて、人々の育成に当事者意識をもって関わるなど、『今』を全力で生きる姿を目の当たりにして、私は自分の小ささを実感するとともに、進学を迷っている理由はただの「言い訳」であると気づきました。

私はNEXCO中日本を大きな自然災害が起こった時でもそれを乗り越えていける企業にしたいと思い、そのためにも、先ずは自分自身が成長する機会に挑戦すべきだと考え、大学院の受験を決めました。


◆学んだことは、確実に身を助ける

私は単科生を経ずに大学院へ進学したので、3年をかけてMBAを学びましたが、グロービスで学んだ経営全般の知識は、仕事の考え方や成果の質を上げていると実感しています。

特にそう感じたのが、希望していた部署への異動が叶い、力を発揮できた時です。
会社の変革に関わるためには、社員の成長に関わる人事部に異動し、影響力を発揮する必要があると考え志願。無事希望が叶い、社員の人財育成に携わるとともに組織改革プロジェクトにアサインされました。取締役をリーダーとする経営層主体のプロジェクトでしたが、学んできた経営全般の知識やグロービスで一緒に学んだ数々の経営者との対話の経験から、物怖じすることなく、自分自身の知恵や将来ビジョンを主張し、反映させるなど、ミドルでも強かにリーダーシップを発揮できました。
 
金沢に異動した現在も、どのようにしたらミドルの社員が会社の変革に関わっていけるかを考えながら、日々邁進しています。


◆仕事の質を上げ、自身の成長機会を与えてくれた仲間の存在

グロービスでは、生涯の友と呼べる仲間との出会いもありました。特に、全国の学生が集まる合宿型カンファレンス「あすか会議」では、学生企画委員を2年間経験したこともあり、名古屋校以外にも東京・大阪・仙台・福岡校に仲間ができました。本気で向き合い本気で議論することで切磋琢磨し、楽しく、厳しく、継続的につながる仲間です。 
また、他拠点で受講する機会もあったため、各拠点のグロービス事務局の方々とも仲良くなりましたし、受講したクラスの講師の方々とのネットワークも広がりました。
仲間は、私が心底辛いときに名古屋・東京・大阪から駆けつけ励ましてくれたり、アドバイスをくれたりする大切な存在です。決して仲良しクラブではない、本音を言い合える仲間とのネットワークが、卒業後も継続しています。会社以外で友人・メンター・恩師をつくれることは、非常に貴重だと思います。

そして、仲間の存在は、私の仕事にも大きな力を貸してくれました。卒業後、人事部でクラウドファンディング(Makuake)を活用した人財育成プログラムの立ち上げに携わったのですが、その取組みが、社会価値創出を応援する表彰制度「KAIKA Awards(カイカアワード)2017」において、大賞を受賞。実はこの受賞は、グロービスの人的ネットワーク無くしてはありえませんでした。グロービスの人的ネットワークを活かして、東京校の仲間を通じ、グロービス経営大学院の先輩である株式会社マクアケの取締役 木内文昭さんをつないでいただき、協力を得られたことが、プログラムの質の向上につながりました。木内さんとは事あるごとに『目的』に立ち返って、「何のためにこのプログラムをやるのか」と、喧々諤々の議論をしました。その貴重な時間が、プログラムの質を向上させるとともに私自身の成長にもつながりました。
最終的にこの取り組みが社長表彰を受賞したことから、社内外に評価されるプログラムと証明されて、本当に嬉しかったことを覚えています。


◆私たち世代の使命を果たして、新しいステージへ進む

私は、大先輩方が、血の滲むような努力でつくりあげてきた高速道路や会社を更に発展させて、次世代に継承することが、私たち世代の使命だと思っています。弊社が、交通インフラとしての社会的役割を果たし、より安全で快適な高速道路空間をお客さまに提供できるようにしたいと考えています。

その取り組みの1つとして、経営改善・変革することで生産性を向上させて、高速道路の料金を下げたい(柔軟に変更したい)と考えています。現在の法律・制度では、簡単に高速道路の料金は変更できません。それを弊社の変革により実現できれば、社会の様々な製品・サービスの物流コストが下がり、日本経済に貢献できると考えています。

また、大災害時には、先頭に立って日本社会・地域のために社会的使命を果たせるような企業に成長させたいと考えています。

そのために、私自身が学び成長し続けるとともに、弊社が新しいステージへ進めるように日々ベストを尽くしていきます。


◆最後に

グロービスで学ぶことを検討されている皆さん、進学しないための「言い訳」をならべていませんか?そうであるならば、迷っている時間がもったいないです。ぜひとも迷わずに飛び込んでみてください。そこには、大きな成長の機会、素晴らしい仲間との出会いが待っています。

【MBA生活】エンジニアの私が、なぜグロービスでMBAを学ぶのか

山田さんブログ写真.jpg【名前】山田 憲吾

【勤務先】株式会社デンソー

【入学年】2017年


<自己紹介>

大学院卒業後、株式会社デンソーに入社。自動車部品を製造する部署に所属し、生産技術者として社会人生活をスタート。「品質と安全のデンソー」の看板のもと、燃料噴射部品や安全装置部品の高精度なモノづくりに従事。その約1年後に生産技術の開発部に異動し、次期型製品の企画・設計段階からモノづくりの立場で参画。競争力のある生産技術の研究開発、新規生産ラインの構築と海外拠点への展開などに従事。グロービス経営大学院2017年入学。在学中。

■このままの成長スピードではなりたい自分になれないという危機感(グロービス経営大学院 通学前)

<自分をどう変えたらいいのか分からないけれど、このままではだめだという感覚>

私は入社当時から、いつかは海外でも活躍できる人材になりたいと考えていました。海外で仕事を任せられることは多様な価値観を持った仲間をまとめられるスキルがあると認められ、期待されている証だと思っていましたし、たった一度の人生なので多様な考え方に触れながら、仲間たちに喜んでもらえる職場を作りたいと考えていたからです。

入社5年目を迎えた頃、念願の海外プロジェクトを任されるチャンスが訪れました。しかし、一生懸命取り組んでいるにも関わらず、なかなか成果を出せない状況に陥り、また自分に何が足りないのかも分からず、その状況から脱することができませんでした。

(続きを読む...)

【MBA生活】一歩踏み出す勇気で見える景色が変わった

ブログ近藤さん.jpg

【名前】近藤 未来

【入学年】2018年



<自己紹介>

大学卒業後、新卒でダンス用品総合メーカー、チャコット株式会社に入社。自社店舗で販売職として3年勤務した後、営業職に異動。自社製品の取扱先を広げるべく個人事業主向けの営業職に従事。グロービス経営大学院2018年入学。在学中。

■実務だけでは得られない成長を目指して、受講を決意

私がグロービスへ通い始めたのは、社会人15年目を迎えた頃でした。これまでキャリアの多くを営業職として過ごし、部署や担当もずっと同じだったので、業務に対して苦労する点はほとんど無く、今まで通りにやっていれば実績を残せる状態でした。ただそんな中、特にやりがいを持って取り組んでいた後輩の育成には課題を感じていました。

勤務先は、風通しの良い社風で自由度が高く、個人の裁量に任される環境でした。反面、マニュアルが無く、成長の進捗には個人差が出やすい状況でした。自ら効率よく吸収出来るスタッフもいれば、与えられたほうが吸収しやすいスタッフもいる中で、どちらに対しても自己流でしか教えてあげることが出来ず、育成方法は本当にこれで正しいのかと自信が持てませんでした。

(続きを読む...)

【MBA生活】大人になってからの学びは楽しい!(知的好奇心が、見える世界と私と未来を変える!)


新宅さん.jpg【名前】新宅 亮子

【勤務先】NTT西日本

【入学年】2016年


<自己紹介>

大学卒業後、東西分割前のNTTに入社。以来、営業一筋に近いキャリアを積み、直近の4年間は育成業務に従事。昨年、育成業務の傍ら応募した、ある企業のアクセラレータープログラムにおいて、自ら起案したビジネスアイデアが書類選考に合格。これを契機としたご縁に恵まれ、本社異動のチャンスを掴む。今春より、本社オープンイノベーション推進室勤務となり、新たな事業領域の開拓にチャレンジ中。グロービス経営大学院2016年入学。在学中。

■こんな世界があったのか!という驚き

グロービスとの出会いは4年前。長年の営業業務から突然の育成業務を命ぜられ、畑違いも甚だしい異動に戸惑いながら従事する中、会社からグロービス・マネジメント・スクール(GMS)派遣の機会をいただきました。育成という経験のない未知の領域での業務遂行にあたってはちょうど何か勉強しないとマズイな、と危機感を感じていた矢先でしたので、これ幸い!とGMS受講を決めました。

仕事と子育ての隙間時間で事前課題に取り組み参加した『リーダーシップと人材マネジメント基礎』で出会ったクラスメイトは、皆一様に学ぶ意欲に燃え、活発なグループ討議はもちろん、ケースの主人公(経営者)の立場に立った見解を積極的に展開。その圧倒的な熱量に感化され、純粋に学ぶ楽しさを実感しました。軽いめまいのような驚きの他、「こんな世界があったんだ!」という興奮と発見がグロービスに対する最初の印象です。

(続きを読む...)

【卒業後~MBAを終えて~】変化に対応するため、環境を変え、自分を変える

鵜飼さんの写真.jpg【名前】鵜飼 真也

【勤務先】株式会社愛知銀行

【入学年】2015年

<自己紹介>

2008年新卒で愛知銀行に入行。営業店を3拠店経験し、主に法人営業を担当。
2017年メガバンク本部に出向。
2018年愛知銀行の本部に帰任し、ソリューション営業を推進。主に事業承継やM&Aを担当。
グロービス経営大学院2015年入学、2018年修了。

■激変する業界に危機感を抱き、グロービスへ

地元企業の役に立つ仕事がしたいと、期待に胸を膨らませ銀行員になった頃、リーマンショックが発生。愛知県の経済にも大きな影響を及ぼしました。企業の設備投資は消極的になり、資金需要は低下しました。

以降、景気は回復しつつあるとはいえ、愛知県には元々金融機関が多く、貸出金利が名古屋金利と言われるほど低下するなど、金利競争に巻き込まれ、競争は激化。収益は逼迫しています。加えて、他業種から金融業に参入するなど更にプレイヤーが増え、テクノロジーが銀行員の業務を代替していくようになるなど、金融業界は再編の波にさらされ、大きな変革期を迎えていました。

そんな中、私の仕事は、気が付くと銀行同士で取引先の奪い合いをしているだけで、支店や自分の成績のためだけに仕事をしているような気がして、世の中に何の価値も生み出せていないのではないかと、自分の仕事に自信が持てなくなっていました。

(続きを読む...)

【卒業後~MBAを終えて~】学び続け、人とつながる中で見える景色が変わる

2015期白須誠さん(160X160).jpg【名前】白須 誠

【勤務先】住友商事株式会社

【入学年】2015年

<自己紹介>

2009年4月住友商事株式会社に入社。入社以来、一貫してリスクマネジメントを担当。現在はリスクマネジメント第二部にて、資源・エネルギー分野を中心に大型投資案件の審査に従事。グロービス経営大学院2015年入学、2017年修了。

■GMS、単科生、そして本科へ

私は新卒で住友商事に入社し、約3年半、全社的な視点でリスクマネジメントに関する社内制度設計やシステム開発等に従事しました。その後、中部支社に異動し、金属事業部門のリスクマネジメント担当として、主に自動車メーカー向け鋼板取引に係る与信審査、法務関連サポート等を行うこととなりました。

与信審査では取引先の信用力を様々な視点で評価し、自社がどこまでリスクを取るのか判断する必要があります。一方、与信判断に説得力を持たせることが出来ない壁に突き当たっていました。原因は経営戦略、財務会計等、経営全般に関する知識・スキル不足であり、体系的に学習する機会が必要だと感じました。

書籍等による自学自習では限界があるとも感じていた中、会社派遣でGMSに通学していた同僚が事前課題(ケーススタディ)に取り組む場面に遭遇し、課題を見せてもらったところ、直感的に「これは面白そうだ!」と思いました。経営の意思決定を迫られているケーススタディの登場人物に、自分自身が重なったのです。「実践的な学びを得られる」との同僚の後押しもあり、GMSの受講を決めました。

(続きを読む...)

【卒業後~MBAを終えて~】手に入れたものは自信と覚悟

WEB用完成(160X160).jpg

【名前】久保 元気

【勤務先】株式会社濱田総業

【入学年】2014年

<自己紹介>

大学卒業後、平成9年4月三重県津市に本社を置く百五銀行に入社。法人営業、企業再生、債権回収、中小企業向けコンサルティング業務(プロジェクトファイナンス、事業承継、M&Aなど)を担当。平成29年9月、20年間務めた百五銀行を退社し、赤福、マスヤ、おかげ横丁などを傘下に持つ、三重県伊勢市の濱田総業へ転職。現在はグループ会社の結婚式場オランジェの常務取締役として経営実務を担当。グロービス経営大学院2014年入学、2017年修了。

■人生最大の失敗の末、目標を見失った日々から脱出するためにグロービスへ!!

社会人になって10年程たった頃、私が代表者兼監督兼選手を務めていた社会人サッカーチームを母体として、三重県初のJリーグチームを創出しようという活動を始めました。小学生のころからの夢であった「サッカーを職業にすること」が実現できるかもしれないと思い、その活動に夢中になりました。元Jリーガーを監督として招聘し、全国から選手を集め、地元企業の支援をいただきながら活動しましたが、結果的には、数年間で失敗。夢を断念することになったのみならず、人生を賭けて三重に来た選手達、夢を抱きチームや選手に憧れを持ってくれた子供達、応援してくれたサポーターや地元企業など多くの人達の期待を裏切ってしまいました。原因は、私にリーダーシップやマネジメント力、そして「覚悟」がなかったことでした。最期の日の光景は今でも忘れられません。

また、ちょうどその頃、勤務していた百五銀行では中間管理職となり、営業責任者としての役割を任されるようになりました。それまでの銀行業務において、個人では頭取賞などの社内賞を受賞するなど結果を残してきたのですが、チームや組織を率いる立場となってからは、なかなか結果が出せない日々が続きました。学生のころから部活動ではキャプテンを務めるなど、リーダーシップには自信があっただけに自信喪失です。

(続きを読む...)

【卒業後~MBAを終えて~】「集団出世主義」 一緒に関わる人の応援団になりつつ、自らも成長していく

2015期小出真由美さん_160×160.jpg

【名前】小出 真由美

【勤務先】コンタクトレンズメーカー

【入学年】2015年

<自己紹介>

コンタクトレンズメーカーでIRを担当。2年前の自社株式上場の際、上場の審査や準備を担う。上場後は、投資家・株主の方々に自社情報を提供しつつ、投資家の皆様からのご意見を経営層に伝えるという、双方向コミュニケーションの橋渡し役として従事。グロービス経営大学院2015年入学、2017年修了。

■実務で使えるスキルを求めて、グロービスへ

グロービスを知ったのは3年前、株式上場の担当になったものの、アカウンティング、ファイナンスといったお金系に弱く、業務に必要な知識を得なければと思い始めたことがきっかけでした。本から独学で学ぶ方法や簿記の専門学校も調べてみましたが、知識を得ただけで実務に使えるようになるのか疑問を持ち、会社の先輩に相談したところ、薦めていただいたのがグロービスでした。

検討にあたり、体験クラスに参加したのですが、金融の実務経験豊富な講師の方が、私の質問に丁寧に答えていただいたことに感激しました。疑問を解決でき、ここなら自分の求めていることが得られるのではと期待し、すぐに単科受講を決めました。

(続きを読む...)

【MBA生活】医師の私がグロービスMBAで学ぶ理由

2016期水野晶子さん.jpg

【名前】水野晶子

【勤務先】瑞穂ガーデンクリニック

【入学年】2016年

<自己紹介>

国立大学医学部卒業後、大学病院、日本赤十字病院、民間急性期病院に呼吸器内科医として勤務。外来、病棟、救急、当直業務を行い、多くの病気を治す一方で、多くの死と直面。30代後半で呼吸器内科部長となり若手医師の育成を行いながら病院経営に参加。同時に栄養サポートチームを組織して患者の栄養状態改善と治療効果向上に貢献。健診センター長を兼務して予防医学に取り組んだ経験も持つ。2017年1月、ともに輝く人生を送るため「瑞穂ガーデンクリニック」を開院。グロービス経営大学院2016年入学。在学中。

■医療現場で感じた、良いマネジメント・良い経営の必要性

大学を卒業して医師となり、基本的な医術を習得する10年が過ぎた頃、医師にも組織の中でリーダーの役割が回ってきます。若手医師の育成や、多職種のメンバーで結成されたプロジェクトの遂行、部門長として約20名の部下を持ち人事考課まで行うなど、今まで学んできた医学だけでは対処できない役割に戸惑いながら、独学でマネジメントを勉強していました。

そんな中、私が一時期所属していたある組織で、現場のスタッフは優秀で良い人達ばかりなのに、マネジメント層が悪いために現場の人が苦しみ、良い成果を上げることができないという環境を経験しました。

(続きを読む...)

【MBA生活】「事業継承×グロービス」家業としての責任・使命に加え、「誇り」を持つことができた

2015期中村浩康さん_160×160.jpg

【名前】中村 浩康

【勤務先】株式会社秋田屋本店

【入学年】2015年

<自己紹介>
大学卒業後、食品メーカーにて就職し、営業部門でスーパーなどの売場提案と製造部門にて食品製造工程を経験。2008年にベンチャー企業に転職し、4年間広告営業に従事。
2012年に家業である秋田屋本店に入社。将来的には事業継承を視野に入れ、商品開発、営業、人事を担当。グロービス経営大学院2015年入学。

■グロービスとの出会い-自分の無知さを痛感し入学を決意

私は大学卒業後2社を経験し、30歳で事業継承を前提として家業である「秋田屋本店」に入りました。養蜂・食品製造を行っている会社で、現社長(父親)が9代目となります。会社を経営する祖父や父を見ながら育ったこともあり、幼少期から漠然と、いつかは自分が会社を継ぐのかなぁと考えており、30歳を機に戻ってきたという形です。

(続きを読む...)
  • Google+でシェアする
  • LINEで送る
受講をご検討の方へ