活躍する卒業生・在校生

学生の声

これまで以上に思い切った
施策を提案できるように。

株式会社基行
横浜支店総務課・係長

高木 秀彰さん Hideaki Takagi

高木 秀彰さん高木 秀彰さん

PROFILE

中央大学法学部卒業後、葬祭業、ホテル業、飲食業、女子サッカーチームの運営、法務事務所を経て、家業である運送会社に入社。法務を中心に財務や人事、総務にも関わり、現在は社内規程の作成や契約書のチェック、横浜支店の経営戦略作成を担当。

※肩書はインタビュー当時のものです

経営者にとって必要な能力を身につけ、会社をより良くしたい。

― 学び始めようと考えたきっかけや動機は何でしょうか?

親族が経営する会社に入社し、経営に携わっていきたいと思ったものの、私には経営判断をする能力が不足していると感じていました。

私が現在勤めている会社は、亡くなった祖父が起業し、現在は父が専務取締役を務めています。1名を除き役員全員が親族です。数年前から父が体調を崩していることもあり、「いずれは経営に携わるかもしれない」と認識した上で、入社を決めました。しかし、自分が経営することで会社が良くなっていくイメージが持てませんでした。経営者にとって必要な能力を身につけなければ、役員は務まらないと思ったことが学び始めるきっかけになりました。

転勤の可能性があっても、グロービスなら学び続けられる。

― なぜグロービスのMBAを選択されたのでしょうか?

最大の理由は、通学だけでなくオンラインでの受講も可能だったからです。私は2年間で経営を体系的に学び、実務で使えるレベルにまで落とし込みたいと考えていました。しかし、本社に転勤の可能性もあったため、2年間で学び終えることを最優先で考えたとき、どこにいても学び続けられるグロービスは非常に魅力的でした。現在も東京校と横浜特設キャンパスへの通学に加え、オンラインでの受講も併用しながら学びを続けています。

人生について本気で相談できる仲間に出会えた。

― グロービスで学ぶ魅力は何でしょうか?

人生の目標を語り合える仲間と出会い、彼ら彼女らと一緒に学べることです。

入学から9ヵ月が経ち、自分の「」について悩んでいたとき、ともに学ぶ仲間たちに「みんなが大事にしている価値観や、今後やっていきたいことは何ですか?」と尋ねました。すると、「自分のスキルを活かして社会に役立つものをつくり、使っている人の暮らしを豊かにしたい」「世界中から精神病を失くしたい」「誰もが自分の理想の身体をつくれるようにしたい」などさまざまな想いが出てきました。

こうして、各々の「志」を実現するためにどうするかをみんなで話し合う中で、ふと人生について本気で相談できる仲間ができたのだと実感しました。グロービスを選んで本当に良かったと心から思えた瞬間でした。

網羅的かつ効率的に学ぶには、体系化されたMBAが近道だと考えた。

― MBA取得を考え始めたきっかけや動機は何でしょうか?

経営を学ぶために関連書籍やセミナーについて調べてみたところ、マーケティング、人事、財務など分野が多岐に渡っており、さまざまなセオリーや手法があることを知りました。闇雲に手をつけても効率が悪く、重要なことを見落とす可能性もあります。網羅的かつ効率的に学ぶには、体系化されたMBAプログラムを学ぶのが良いと考え、複数の大学院の体験授業を受けました。そして、自分にとって必要な実践的な知識を最も効率よく学べそうだと感じ、MBA取得を決意しました。

ディスカッションについていけるか不安だった。

― 出願するにあたっての懸念点はどのようなものでしたか?

グロービスの授業は、教員や学生とディスカッションしながら進みます。単科生として受講していた頃は、大手企業に勤める方々との知識の差が大きく、ディスカッションの場面で周囲に迷惑をかけていると感じることが多々ありました。

しかし、入学後は悩んでいても仕方がないと気持ちを切り替え、ディスカッションの中で新しい視点やアイデアを投げかけられるよう、予習により力を入れるようになりました。「迷惑をかけないように」と消極的になるよりも、「自分には何ができるか」を考えられるようになり、ディスカッションが楽しくなりました。

これまで以上に思い切った施策を提案できるように。

― 入学後、仕事に対する姿勢や進め方に関して何か変化はありましたか?

私は、担当する支店の年間方針を作成する業務に携わっているのですが、今までは支店経営の全体像について、どこからどこまで把握すればいいのかわかっていませんでした。いつも期限ぎりぎりまで時間をかけて情報を集めてみるものの、それで十分なのか常に不安を抱いていました。グロービスで学びはじめてからは、把握すべき事項のリストができ作業効率が格段に良くなりました。

また「クリティカル・シンキング」で身につけた思考力を活かすことで、意思決定に必要な論点の抜け漏れが少なくなり、より思い切った施策を提案できるようになりました。

より良い人生を送るためのヒントがたくさん詰まっている場所。

― グロービスへの出願を考えている皆さんにメッセージをお願いします。

私は転職を機に、必要に駆られて学び始めました。今は、課題に追われながらも、成長を感じる充実した日々を過ごしています。グロービスでは、実務に活かせるスキルが身につくだけでなく、志を語り合える多くの仲間に出会うことができました。また、グロービスには、授業以外にも学ぶ機会がたくさん用意されており、会社ではできないような経験をたくさん得ることができます。

これから入学されるみなさんにとって、より良い人生を送るためのヒントがたくさん詰まっている場所だと思います。ぜひ一歩前に踏み出して欲しいと思います。

他の学生の声を見る

  • LINEで送る

高木 秀彰さんのページ。実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・横浜・水戸・オンラインでMBAプログラムを提供しています。