活躍する卒業生・在校生

学生の声

経験だけに頼った仕事の
進め方に危機感を抱いた。

カゴメ株式会社
東京本社マーケティング本部広告部宣伝グループ 主任

大喜多 奈央さん Nao Ookita

大喜多 奈央さん大喜多 奈央さん

PROFILE

神戸大学経営学部を卒業後、カゴメ株式会社に新卒で入社。現在、入社14年目。入社以来、営業、広告宣伝を経験し、現在はマス広告、デジタルマーケティングに携わっている。 2017年4月期に「クリティカル・シンキング」を単科生として受講、その後2018年4月に本科生としてグロービス経営大学院へ入学。

経験だけに頼った仕事の進め方に危機感を抱いた。

― MBA取得を考え始めたきっかけや動機は何でしょうか?

2016年に営業から広告宣伝部門へ異動となり、今までの経験だけではどうにもならない仕事に圧倒されました。広告宣伝に関して必死で勉強しキャッチアップしている最中に、再び営業部門へ異動。これがきっかけとなり、自分の今後のキャリアを改めて考えるようになりました。

経験だけに裏打ちされた仕事の進め方の危うさを実感しました。目の前の仕事だけをそつなくこなしているだけでは、成長範囲が限られてしまいます。いずれマネジャーを目指すのであれば、最低限ヒト、モノ、カネという経営資源の原理原則を理解していることが必要だと考えました。そこで経営に関する体系立てた学びを得るべく、MBAの取得を考えました。

グロービスの和気あいあいとした雰囲気に魅力を感じた。

― なぜグロービスのMBAを選択されたのでしょうか?

MBA取得に際しては、グロービスだけでなく他の大学院も検討しました。さまざまなビジネススクールを検討する中で、グロービスを選択した理由は、2つでした。

1点目は授業の開講時間帯と立地、授業振替制度など社会人にとって、学びを継続しやすい環境があることです。担当業務は時期によって繁忙期が異なるため、平日夜間や土日など、仕事に合わせて受講時間帯を選べるという点が、私にとっては重要でした。

2点目は、グロービスの和気あいあいとした雰囲気です。成長意欲が高い人が集まっている一方で、互いを尊重し、共に学びを深めようとする人たちが多く、生涯の仲間ができそうだと感じました。

多種多様な仲間との議論を通して、実践力が鍛えられる。

― グロービスで学ぶ魅力は何でしょうか?

さまざまな業界、職種、役職で働いている仲間と議論でき、学びを深められる点です。各自がしっかりと予習した上で授業に臨み、真剣に議論する。その後、勉強会や懇親会で復習や仕事での活かし方を意見交換したり、それぞれが抱えている問題や悩みを聞いたりと、授業内外で本当に多くの気付きを得られることに魅力を感じています。

金融機関に勤めている人もいれば、自分で会社を経営している人もいる。経理をしている人もいれば、製造現場の人もいる。年齢も20代もいれば、50代もいる。そうした多様な方々と交流することで、知見の幅が広がると同時に、実践力が鍛えられるのです。

単科生制度を利用することで、懸念を払拭できた。

― 出願するにあたっての懸念点はどのようなものでしたか?

MBA取得までに2年かかるため、継続して通学できるかが最大の懸念点でした。私は本科入学前に単科生として1年間学んだのですが、その過程で懸念を払拭できました。仕事でどうしても授業を欠席する際には、他のキャンパスで振替受講したり、休日出勤の多い時期には平日夜クラスを受講したりと、実際に受講してみると、何とかやりくりができることがわかったのです。

大学院の費用は大きな出費になりますし、投じる時間もかなりのものになります。実際に受講して、学びを継続できるのかを試せる単科生制度はとてもありがたい仕組みだと思います。

自社のビジョンにどう影響するのか考慮しながら仕事に当たるように。

― 入学後、仕事に対する姿勢や進め方に関して何か変化はありましたか?

営業として扱う商品だけでなく、人事制度、会計・財務など、これまではあまり関わりのなかった分野にまで興味を持ち、自社のヒト・モノ・カネを考えながら実務に当たるようになりました。

ほとんど自社の人事制度に意識を向けることはなかったのですが、「人材マネジメント」を受講した後は、全社戦略と人事制度、また各種の人事施策間の繋がりが見えるようになり、自社の経営理念とどう結びついているのか腹落ちしました。そうすると自然と自身の仕事に関しても視座が高まり、常に自分の行動が中長期ビジョンのどの部分に影響を与えるのかを考えつつ、実務を遂行できるようになっています。

やらずに後悔するより、やってから後悔したほうがいい。

― グロービスへの出願を考えている皆さんにメッセージをお願いします。

これからのキャリアや人生を考えると「やらずに後悔するより、やってから後悔したほうがいい」と考え、受講を始めました。2年という期間は長いようにも感じられますが、長い人生を考えたときには「たった2年」です。そして、今がいちばん若く、学んだことを活かせる残りの時間が一番長いタイミングです。

大学院に入学するというと、必要以上にハードルを高く感じてしまう人が多いと思いますが、グロービスには思いやりのある仲間がたくさんいますので、安心してぜひ最初の一歩を踏み出してみて下さい。

他の学生の声を見る

  • LINEで送る

大喜多 奈央さんのページ。実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・横浜・水戸・オンラインでMBAプログラムを提供しています。