活躍する卒業生・在校生

学生の声

経営者と同じ視点で対話できる
クリエイターになりたい。

外資系広告会社
クリエイティブ・ディレクター / ブランド・ストラテジスト

門井 隆盛さん Takamori Kadoi

門井 隆盛さん門井 隆盛さん

PROFILE

外資系クリエイティブ・エージェンシー、大手食品会社、大手広告代理店の海外拠点、動画広告スタートアップなどを経て現職。クリエイティブ・ディレクター、ブランド・ストラテジストとして、数多くのグローバル・ブランドの広告企画制作に従事している。

※肩書はインタビュー当時のものです

経営者と同じ視点で対話できるクリエイターになりたい。

― MBA取得を考え始めたきっかけや動機は何でしょうか?

外資系クリエイティブ・エージェンシーから大手食品会社に転職した際、一般的なビジネスパーソンと比べビジネスの基本的な知識が足りていないことを痛感しました。それまではクリエイティブ一筋で、クリエイティブ制作のスキルや経験を積み上げてきたつもりだったのですがクリエイティブの知識だけでは、経営者と同じ視点で対話できるクリエイターにはなれないと気づいたのです。

経営を体系的に学ぶことで、これまで以上にクライアントの課題解決に貢献できる広告をつくりたいという想いを抱き、グロービスの門を叩きました。

中国赴任になっても学び続けられた。

― なぜグロービスのMBAを選択されたのでしょうか?

グロービスは土日もクラスが開講されており、週末のみの通学でも卒業できます。仕事をしながら通い続けられるのは大きな魅力でした。

また在学中に中国に転職することになった際も、オンラインクラスを活用して学びを継続することができました。オンラインだと通学に時間がかからないため、非常に効率的に時間が使えるのもメリットでした。オンラインのクラスでは口頭でのディスカッションに加えてチャット機能も使ってクラスが進んでいきます。チャットによって、クラスメート全員のコメントを一覧で見ることで幅広い視点や価値観に触れることができるのも、オンラインならではの良さだと思います。

クライアントの課題の本質が理解できるようになる。

― グロービスで学ぶ魅力は何でしょうか?

正直にいうと、グロービスでの学びをクリエイターの仕事にどれだけ活かせるのか、最初は未知数でした。しかし、学んだことを実務で意識し続けることで、自分の仕事にもダイレクトに活かせると実感できるようになりました。

広告制作やデザインに従事している人にとってもっとも大切なのは、クライアントの課題をどこまで理解できるか。課題の本質をつかめないと、課題解決につながるアイデアを提案することができず。論理的な根拠もなく、ただ自分たちが「おもしろい」「カッコいい」と思うアイデアを提案しても、なかなか通らない。そうすると、クライアントに言われた通りのものを作る作業をするだけになってしまいます。そうならないためには、クライアントと共通言語で議論できるようになることが重要だと思います。

クライアントからの信頼感が増し、アワード受賞も。

― 卒業後、仕事に対する姿勢や進め方に関して何か変化はありましたか?

ビジネスを学んだことによって、クライアントも気づいていないような課題を抽出して、課題解決につながる戦略的なクリエイティブを提案することができるようになりました。

グロービスで学ぶ前と今では、クライアントが抱える課題へのアプローチの仕方が大きく変わったと思っています。その結果、クライアントのCEOやCMOと言った経営層からの信頼を得られるようになったり、アワードを受賞したりするような仕事ができたと思います。

困難な状況でも乗り越えられるという「自信」。

― グロービスのMBAで得たものを一言で表現すると何になりますか?

より多くの成功を望むならば、より多くの失敗にさらすこと。グロービスは、失敗を恐れず発言する姿勢を奨励する「リスクフリー」な環境です。だからこそ、クラスでも積極的に発言することできますし、自分の意見を客観視することもできます。こうした場を現場で得ることは難しいのではないでしょうか。

例えば、「ベンチャー戦略プランニング」という科目では、自身で事業計画を立案する機会があり、教員やクラスメートからの数多くのフィードバックがもらえ、トライアル&エラーを繰り返す経験を得ることができました。

トライアル&エラーを繰り返して自分と向き合い、学び、そして成長していくという過程を繰り返すことで、どんな困難な状況でも乗り越えられるという「自信」を得ることができました。

実際に学んでみなければ、自分にとって価値があるのかは、わからない。

― グロービスへの出願を考えている皆さんにメッセージをお願いします。

悩んでいるのなら、まずは1科目だけでも受講してみてください。実際に学んでみなければ、グロービスの学びが自分にとって価値があるのかはわからないと思います。「体験クラス&説明会」への参加や単科生制度を利用するなど、とにかく一度トライしてみてください。一度受講してみると、学びがどのように仕事に役立つのかイメージできるはずです。

他の学生の声を見る

  • LINEで送る

門井 隆盛さんのページ。実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・横浜・水戸・オンラインでMBAプログラムを提供しています。