活躍する卒業生・在校生

学生の声

グロービスが最も本気で
議論できる場だと思った。

大英産業株式会社
常務取締役

一ノ瀬 謙二さん Kenji Ichinose

一ノ瀬 謙二さん一ノ瀬 謙二さん

PROFILE

大学卒業後に、新卒として現在勤務している大英産業に入社。トップセールス、中古住宅の部門で事業長を経験。トップダウン型の成長スタイルに限界を感じつつ、2013年に常務取締役に就任。同時に経営企画室長として会社の未来の方向性の舵取りを任される。現在は、若手経営チームのメンバーと共に、自律協働型の組織を目指し奮闘中。

独学で学ぶ限界を感じた。

― MBA取得を考え始めたきっかけや動機は何でしょうか?

新入社員で入社した現在の会社において、32歳で営業部長から取締役となり、かつ経営企画室兼管理本部長という役職をいただきました。当時、社員数170名、売り上げ約130億の規模へと成長していました。しかし、これまで会社が成長してきた成功要因であったトップダウン型の組織運営が、ここから先の更なる会社の成長を阻害する要因となりつつある事に課題を感じていました。

今後の会社の方向性の舵取りを任せられた私は、ありたい会社の姿をイメージできても、実現するための手段やさまざまな問題に対処するための思考法を持ち合わせていませんでした。書籍やセミナーなど独学で学ぶ限界を感じ、経営を体系的かつ実務に応用できる方法を学ぶ必要性を感じたのです。

グロービスが最も本気で議論できる場だと思った。

― なぜグロービスのMBAを選択されたのでしょうか?

大学院を比較する際に、判断材料にしたのは「どれだけ一人一人の学生が本気で発言し、率直な議論できるか」です。

いくつかの大学院の授業を見に行ったのですが、その中で、最も積極的に学生の皆さんが議論に参加していたのがグロービスでした。また、学生から意見を引き出し、その意見を次の議論に取り入れながら授業を展開できる教員陣のファシリテーション力の高さ、知識の深さと懐の広さを感じました。こうした授業であれば、周囲の学生に負けじと予習や復習を頑張ってやろうという意欲が高まると確信し、最終的にグロービスを選択しました。

グロービスの仲間との出会いが視野と仕事の幅を大きく広げてくれた。

― グロービスで学ぶ魅力は何でしょうか?

志を持つ、異なる業界・職種の仲間ができることです。社会人になってから、本気で議論できる生涯の友と呼べるような仲間ができることや切磋琢磨できる仲間を得る機会は、なかなかありません。 

グロービスには多様な業界や職種の学生がたくさんいます。まったく異なる業界や職種だからこそ、自分にはない視点からの意見を得られます。ときにはビジネス上必要な人材や企業の紹介などもしてもらえます。グロービスは、私の視野を大きく広げると同時に、仕事の幅も広げてくれました。

志が明確になり、仕事の進め方が大きく変化した。

― 卒業後、仕事に対する姿勢や進め方に関して何か変化はありましたか?

志が明確になり、仕事の進め方が大きく変化しました。グロービスには「志系」と呼ばれる科目群があります。具体的には「リーダーシップ開発と倫理・価値観」「経営道場」といった科目名称なのですが、こうした科目では共通して、「自分は何者で、何を成し遂げたいのか」ということを徹底的に考えます。

在学中にこれらの科目での学びを活かし、若手社員とともに、当社の経営理念(われわれの存在意義)を新たに作り変えました。現在も新しい経営理念に基づき、「社員が指示されるのでなく自ら考え動く」自律型組織を目指すミッション経営を強力に推進しています。その結果、お客様満足度・社員育成・業界シェア・利益率の向上などの指標が徐々に向上しています。

想いを実現するための「自信」と「考える力」。

― グロービスのMBAで得たものを一言で表現すると何になりますか?

想いを実現するための「自信」と「考える力」だと思います。仕事をしながら、多くの課題やレポート、授業をこなせたという経験が、どんなに追い込まれてもなんとかなる、というマインドが生まれました。また、数多くのケース(企業事例)に取り組んだことで、さまざまな問題に対処できる「自信」につながったのだと思います。趣味のトライアスロン競技よりも苦しくて、でも楽しい3年間でした(笑)。

もうひとつ得たものは、唯一絶対の正解のない経営の世界の中で、自らの価値観に沿って進むべき方向を定め、志を実現するために何に注力すべきか、どのように実現していくかの方法論を考える力です。まだまだ不完全だと思いますが、学び始める前と比べて格段に思考が深くなり、また幅広く物事を捉えられるようになり、それらが日々の意思決定に活かせていると感じています。

皆さんが考えている以上の高みにたどり着ける。

― グロービスへの出願を考えている皆さんにメッセージをお願いします。

私が考える「幸せ」は、それぞれが持っている能力、時間、才能を発揮して社会に貢献できることだと思います。多くの人が自分の可能性を信じて成長し、仕事を通じてそれらのすべてを発揮することができれば、さらに社会が豊かになっていくと思いますし、そんな社会を実現したいと考えています。

だからこそ、「自分はこんなはずじゃない」「もっと成長したい」と皆さんが少しでも考えているなら、グロービスで学び始めてもらいたいと思います。皆さんが考えている以上に、高みにたどり着ける、成長できる、幸せになれると思います。そして、素晴らしい仲間にも出会えるはずです。

他の学生の声を見る

  • LINEで送る

一ノ瀬 謙二さんのページ。実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・横浜・水戸・オンラインでMBAプログラムを提供しています。