杉山 隆英さん 杉山 隆英さん

リーダーとしての
自身の言動を
見つめ直す機会が増えた。

  • 杉山税理士事務所
  • 代表

杉山 隆英さんTakahide Sugiyama

PROFILE

大学卒業後、大原簿記専門学校の非常勤講師を経て、国内最大級・海外拠点複数所有の大手総合税理士法人で名古屋支社の立ち上げを経験。支社の責任者として社員税理士を統括する 。2013年に独立開業し、税理士事務所・行政書士事務所・関連事業会社を運営。5年経過した2018年4月、自身の成長を求めてグロービス経営大学院に入学。


※肩書はインタビュー当時のものです

「他と差別化するにはどうすればよいか?」の答えを求めて。

MBA取得を考え始めたきっかけや動機は何でしょうか?

私は税理士事務所を運営しており、主に中小企業への財務・税務に関するコンサルティングを提供しています。クライアントからすれば、世の中には山ほど税理士事務所があり、それぞれの特色は見えにくいでしょう。そのため、「すべてを任せてもよいと思えるほど信頼できるか?」「費用はいくらなのか?」ということが、税理士を選定する主な基準になっています。

そうした状況の中で、ずっと探してきたのが、「他の税理士事務所と差別化するには、どうすればよいか?」「選んでもらえる強みをどのように構築すればよいのか?」でした。その答えを求めるべく、MBAの取得を検討し始めました。

グロービスの魅力を熱く語る先輩に感化された。

なぜグロービスのMBAを選択されたのでしょうか?

グロービスを知ったのは、取引先企業に勤めているグロービスの卒業生の方との会話でした。その方の知識の豊富さと、楽しそうにそして、懸命にグロービスの魅力について説明してくださる姿がとても印象に残っています。次にお会いしたときには、私から「グロービスでは、まず何から受講すればよいですか?」と質問を投げかけていました。それほど衝撃的な出来事でした。

グロービスに通えば、この方と同じようになれるのではないか――そのように勝手に思い込んでいました。それは私が起業したときに抱いた感覚と同じでした。「私は必ず成功する」と。こうした経緯から、グロービスの門を叩いたのです。

意見が衝突しても、感情的にならずに学びを得ることができる。

グロービスで学ぶ魅力は何でしょうか?

仕事と両立しながらの予習や復習、レポート作成は正直とても大変ですが、毎回、授業に参加できるのをとても楽しみにしています。新しい知識のインプットや仲間との議論は、本当に刺激的です。グロービスに通い始めるまでの自分では、まったく思いつかなかったような考えや気付きに触れられるのは、バックグランドの異なる仲間との議論だからこそ。成長意欲が高く、謙虚に学ぼうとする姿勢を有した仲間とのディスカッションが楽しみで、毎回ワクワクしながら受講しています。

もちろん意見がぶつかることもありますが、単なる仲良しグループでの議論ではなく皆が真剣。一方で実務上の利害関係のない環境だからこそ、感情的にならずに周囲の意見から学びを得ることができるのです。

次のチャンスが訪れるとは限らない。

出願するにあたっての懸念点はどのようなものでしたか?

本科へ進学しようと心の中で決めたものの、いざ出願をするとなると、家庭や育児とのバランスをうまく取れるのかという不安が出てきました。出願時は長女が2歳で、長男は生まれたばかりの新生児。こうした状況だったので、「本当に勉強しながら育児の時間を作れるのか?」「本科に進めば、妻の負担が大きくなり過ぎるのではないか?」と心配になりました。一方で「二度と得られない子どもたちとの貴重な時間を大切にしたい」とも考えていました。

しかし、やりたいと思ったこのタイミングがベストなのではないか、次のチャンスが訪れるとは限らない。また、仕事と家庭のどちらかを犠牲にするのではなく、どちらも充実させる方法を作り出せばよいと考え直し、出願を決意しました。

リーダーとしての自身の言動を見つめ直す機会が増えた。

入学後、仕事に対する姿勢や進め方に関して何か変化はありましたか?

「リーダー」「リーダーシップ」という言葉をここまで意識し、考えるようになったのは、グロービスで学んでいるからこそだと思います。自社は小規模な組織ではありますが、自身の言動について都度見つめ直す機会が増えたことが大きな変化です。

今までは社員のミスや欠点ばかりに目が向いていたのですが、「私に責任があるのではないのか?」と自然と内省するようになりました。まだまだ私のリーダーシップ開発は発展途上ですが、その時の環境に応じた自社なり、私なりのリーダーシップを身につけることで、組織の生産性を最大限まで高めていきたいと思っています。卒業する2年後に、私のリーダーシップがどのように変化しているのかが、今から楽しみでなりません。

学ぶことの楽しさの虜になってしまった。

グロービスへの出願を考えている皆さんにメッセージをお願いします。

私は、「クリティカル・シンキング」を最初に受講しました。そこで出会った教員や仲間との学びの時間、授業以外での自主勉強会や懇親会など、学ぶことの楽しさの虜になってしまいました。

ぜひ迷われている方はまず、単科生として1科目だけでも受講してみてください。その結果、ご自身に合わなければ、他の科目を受講しなければよいと思います。単科生は1科目ずつ学費を支払えばよいので、費用面でリスクヘッジできます。1度のグロービスの授業を受けるとおそらく、「もっと学びたい。もっと仲間を作って、この仲間とともにもっと成長したい」という思いが自然と湧き上がってくると思いますよ。

他の学生の声を見る

聞きたい質問項目

所属キャンパス

条件を追加する

業種

職種

役職

受講方法

受講のきっかけ

在校生・卒業生

性別

その他