住友 正伯さん 住友 正伯さん

授業の質だけでなく、
オンラインMBAも含めた
通いやすさ。

  • アステラス製薬株式会社
  • 名古屋支店 学術室

住友 正伯さんMasanori Sumitomo

PROFILE

徳島大学工学部を卒業後、アステラス製薬株式会社に入社。営業職として東京・福島で開業医、エリア中核病院を担当。現在は、名古屋支店 学術室に所属し免疫担当MRとしてリウマチ、膠原病で悩んでいる患者さんへの治療の一役を担う活動を行っている。アステラス製薬株式会社は「明日は変えられる。」をスローガンに掲げ、新薬をもって患者さんの明日を変えることへ挑戦している。


※こちらの記事は、在学時のインタビューとなります

環境変化の激しい中、今のままでは戦えない。

MBA取得を考え始めたきっかけや動機は何でしょうか?

最初にMBAを意識したのは、尊敬する先輩との何気ない会話からでした。その先輩が「MBAを学ぼうと思っている。環境変化の激しいこれからの製薬業界では営業目線だけでは戦えなくなる。俯瞰的に物事を考える力、弊社の製品・サービスを必要とする顧客に最速で届けられるマーケティング力、周りを巻き込むリーダーシップが求められる」と話すのを聞き、酒席で互いに熱く語り合ったのを覚えています。その時点では、MBAがいかなるものなのかを私は知りませんでしたので、その後いろいろ調べた結果、グロービスに行き当たりました。

はじめは単科生として3ヶ月間、「クリティカル・シンキング」と「マーケティング・経営戦略基礎」を受講しました。受講後すぐに、自分の変化を感じることができました。社内での会議や得意先との会話に際して「今の会議の目的は何なのだろうか」などと考えるようになりました。コンビニにおいてですら「この陳列の意図は何なのだろうか。ターゲットは誰なのだろうか」といったマーケティング視点で考え始めました。受講前は全く気にもとめなかったことに目を向けるようになり、今までとは違う思考が身につき始めたことを実感しました。明らかな自分の成長を感じると同時に、もっと成長したいという欲求が生まれ、MBA入学を具体的に検討し始めました。

授業の質だけでなく、オンラインMBAも含めた通いやすさ。

なぜグロービスのMBAを選択されたのでしょうか?

グロービスのMBAを選んだのには2つの理由があります。まずは、授業の進め方。一方的なインプットやテキストを見ながらの講義という形ではなく、グループワークやディスカッションを中心とした授業形式が魅力的でした。職種や役職、年齢もさまざまな人たちとグループワークをしながら意見を交わすことで、1人では思いつかない思考や視点を体感できることが、1つ目の理由です。

もう1つの選択基準が、振替受講が可能な点でした。授業に出席できない日は、他のクラスや東京など他のキャンパスで受講できる――そうした点が、遠方より通っている私には恩恵のある制度に感じられました。また、通学が困難になったときは、「オンラインMBA」での授業を選択できる点も魅力的でした。

濃密で価値ある人間関係を構築することができる。

グロービスで学ぶ魅力は何でしょうか?

一言でいうと「人」に尽きます。経験豊富な教員や熱い志を持った同志とも呼べる仲間、困ったときは何でも相談できる事務局のスタッフの方々――どなたも魅力的です。

その中でも特に、仲間の存在は大きなものです。仕事も役職も年齢も異なる仲間たちと一緒に受講することで、自分のこれまでの経験や立場では思いつかないような学びを得ることができます。クラス以外でも、日常業務での悩みを相談すると、思いもよらない解決策を提案されたり、これから挑戦してみたいことなどを相談すると、多方面の方々を紹介してもらえたりするなど、濃密で価値ある人間関係を構築することができます。切磋琢磨しながら成長しあえる仲間が集まっていることが、本当に魅力的です。

入学前よりも時間を有効活用できるようになった。

出願するにあたっての懸念点はどのようなものでしたか?

多くの方が懸念してこられたと思いますが、仕事との両立を私も最も心配していました。出願にあたって一歩を踏み出せたのは、「これからの社会人人生で、自己研鑽に使える時間が今より増えることはないだろう」と思ったからです。今後、年を重ねるにつれ、求められる責任や業務の範囲が増えていくでしょう。「自分の人生において、自己研鑽に費やす時間が取れるのは今しかない」と思い、出願しました。

はじめは仕事との両立に苦戦しましたが、次第に慣れます。仕事においてダラダラと時間をかけることがなくなり、予習・復習する時間も確保することができるようになり、かえって、時間を有効活用できるようになったとも思います。

「思考と視座」と「時間管理」で大きな変化を感じている。

入学後、仕事に対する姿勢や進め方に関して何か変化はありましたか?

「思考と視座」と「時間管理」という2点で大きな変化を感じています。

「思考と視座」の点では、今までは本社が打ち出してくる施策や企画をそのまま実行していました。グロービスに通うようになってからは、「この施策や企画の意図は何だろう。目的は何だろう。」と深く考えるようになりました。また、目線も変わりました。「経営者ならこういう意思決定するよな。」とか「このマネジメントの背景は何なのだろう。」など今まで持てなかった「思考と視座」を実感できています。

「時間管理」という点ではダラダラと仕事に時間を使うことがなくなりました。予習復習を行う時間を確保するために仕事にメリハリをつけることが習慣づきました。

思いっきり失敗してもノーリスクな場。

グロービスへの出願を考えている皆さんにメッセージをお願いします。

最近失敗していますか? 業務で失敗すると、多大な損害を与えたり、信頼を失ったり、人を傷つけたりしてしまう。それを恐れて、萎縮してはいませんか?

グロービスでは、思いっきり失敗することができます。実際のビジネスやケース(企業事例)を授業で疑似体験することができます。そこで失敗してもいいので、思いっきり自分なりの意見をアウトプットし、ダメならどこがダメだったのかを仲間と考察し、自分のビジネスにどう活かせるかを徹底的に学ぶことができます。しかも、利害関係がないノーリスクの立場で、です。
仕事やプライベートとの両立に不安を抱く方も多いでしょう。まずは、「体験クラス&説明会」を受講してみてください。一度体験すれば、ご自身に合うかどうかを見極めることができます。

自分の成長を実感したい方は、一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?

他の学生の声を見る

聞きたい質問項目

所属キャンパス

条件を追加する

業種

職種

役職

受講方法

受講のきっかけ

在校生・卒業生

性別

その他