なぜグロービスが選ばれるのか? なぜグロービスが選ばれるのか?

充実したキャリアサポート

教員 山中礼二からのメッセージ

教員 山中礼二からのアドバイス

山中 礼二Reiji Yamanaka

グロービスでは、ベンチャー系科目の教員を担当。自身のMBA留学を踏まえた体験談、そして専門とするベンチャー領域におけるキャリアやグロービスのMBAの活かし方について、話を聞いた。

キャリアを考える前提として、捉えておくべき環境の変化は?

どのような産業・職種でこれから雇用が膨らみ縮んでいくかの流れをつかむ。

どのような工夫をすれば、自分なりにこれからの変化を捉えることができるのでしょうか?

社会の先駆けになるような人の動きに注目し、好奇心と学習欲を持って適応していく。

グロービスのMBAはキャリアにどのように役立てていくことができるのでしょうか?

経営(仕事)や人生に対してハングリーな皆さんにとっては貴重な場。

最後に教員の立場から、どのようなキャリアを皆さんに歩んで欲しいと思いますか?

人生観にあった歩みで人生を思いっきり爆発させて欲しい。悔いのない人生を歩んで欲しい。

プロフィール

山中 礼二Reiji Yamanaka

一橋大学経済学部卒業、ハーバード大学経営大学院修士課程修了(MBA)。キヤノン株式会社で新規事業の企画・戦略的提携に携わった後、2000年にグロービスに参加。グロービス・キャピタル・パートナーズでサービス分野、メディア・コンテンツ分野、及びヘルスケア分野の投資を担当。その後、医療ベンチャーのヘルス・ソリューション(専務取締役COO)、エス・エム・エス(事業開発)を経て、グロービス経営大学院の専任教員。
2015年から、一般財団法人KIBOWのインパクト・インベストメント・チームのディレクターとして、社会起業家への投資を行っている。グロービス卒業生、在校生の起業した組織の経営支援を続けており、主な支援先は株式会社アーバンフューネスコーポレーション(監査役)、株式会社CaSy(監査役)、特定非営利活動法人STORIA(理事)

  • Google+でシェアする
  • LINEで送る

教員からのメッセージ(山中礼二)のページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネスリーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。

ページトップへ戻る
受講をご検討の方へ