なぜグロービスが選ばれるのか? なぜグロービスが選ばれるのか?

充実したキャリアサポート

教員 大嶋博英からのメッセージ

大嶋 博英 Hirohide Oshima

大嶋 博英Hirohide Oshima

グロービスでは、カネ系・思考系・グローバル領域科目の教員を担当。ご自身の体験から「MBAでの学びがキャリアを大きく広げる」、という感覚があるという大嶋教員。
これから学ぶことを検討している際に抱きがちな関心事について、どのように考えればよいか、話を聞いた。

なぜ今、「キャリア」というテーマが重要なのでしょうか?

実力主義の時代。能動的な準備で、力をつけてきた人にはチャンス。

グロービスのMBAは、学生の働き方にどのような影響をもたらしていると考えますか?

本気度の高いネットワークの中で「本当に自分がやりたいこと」を見つけ、実現する。

グロービスでの学びは、どのような立場の方に役立てられますか?

営業職、技術職、経営者。それぞれの役割・立場でMBAは活きる。

カネ系に専門性を持つ方々(会計や財務畑の方々)は、どのように学びを活かすことができるでしょうか?

MBAが限定された経験を広げ、飛躍的な成長をもたらす。

キャリアを真剣に考える皆さんへ、教員の立場からメッセージをお願いします。

グロービスという場で、人が変わって欲しい。生き方が変わって欲しい。

プロフィール

大嶋 博英Hirohide Oshima

名古屋大学法学部卒業、ヴァージニア大学ダーデンスクール経営学修士(MBA)修了。東京銀行(現三菱東京UFJ銀行)にて市場性商品営業、米ドル資金調達を担当する。その後ゴールドマンサックス証券にてM&Aアドバイザリー業務に携わった後、トヨタファイナンシャルサービス(トヨタ自動車の金融統括会社)にて、経営企画、事業再生(子会社出向)、及びグローバル資金調達を担当する。2007年にグロービスに入社。ヴァージニア大学在学中に、海外の優秀な人材を活用した高品質・低価格の英語教育事業プランを作成し、ビジネスプランコンテストで準優勝する。同プランを原案に、まなび(株)(www.manabi.st)を設立、現在同社アドバイザーを務める。

  • Google+でシェアする
  • LINEで送る

教員からのメッセージ(大嶋博英)のページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネスリーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。

ページトップへ戻る
受講をご検討の方へ