カリキュラム・教員 カリキュラム・教員

科目別担当教員紹介

グロービス経営大学院の教員(注)は、経営に関する体系的な知見があることはもちろん、その多くが現在もビジネスに携わっています。加えて、全ての教員は、グロービスが長年にわたり、ビジネススクールや企業研修を通じて独自に培ってきたディスカッション中心の授業を導く高度なティーチングスキルを身につけています。自身のビジネス経験を経営理論と結び付けて伝える能力に加えて、学生の学ぶ意欲を引き出し考える力を鍛えるファシリテーション能力も兼ね備えているのです。

教員の出身企業一覧(抜粋)

三菱商事、住友商事、丸紅、Google、ヤフー、日本アイ・ビー・エム、NTTドコモ、KDDI、ディー・エヌ・エー、楽天、日本コカ・コーラ、P&G、スリーエム ジャパン、GEインターナショナル・ジャパン、エステー、トヨタ自動車、日産自動車、ソニー、ファーストリテイリング、電通、サイバーエージェント、マッキンゼー・アンド・カンパニー、ボストン・コンサルティング・グループ、A.T.カーニー、アクセンチュア、ローランド・ベルガー、アーサー・アンダーセン、ブーズ・アンド・カンパニー、プライスウォーターハウスクーパース、経営共創基盤、三菱総合研究所、野村総合研究所、日本総合研究所、電通国際情報サービス、監査法人トーマツ、ゴールドマン・サックス、バンク・オブ・アメリカ、日本銀行、三菱東京UFJ銀行、AIG/AIU保険会社、ジェイ・ウォルター・トンプソン・ジャパン、オグルヴィ&メイザー、フライシュマン・ヒラード・ジャパン、など

三菱商事、住友商事、丸紅、Google、ヤフー、日本アイ・ビー・エム、NTTドコモ、KDDI、ディー・エヌ・エー、楽天、日本コカ・コーラ、P&G、

科目別担当教員(科目名をクリックしてください)

  • 人事組織
  • マーケティング・戦略
  • 会計・財務
  • 思考
  • テクノベート

基本

応用

展開

教員に関するよくある質問

教員の質をどのように担保しているのですか?

グロービス経営大学院では、全ての授業が終了した際に行っている学生アンケートにおいて、5点満点中4点以上の満足度を獲得している教員のみが登壇できる仕組みを採用しています。グロービスの教員は、この厳しい基準をクリアするために膨大な時間をかけて、ディスカッション形式の授業を運営するためのファシリテーション力を高めるトレーニングを徹底して行っています。

教員と交流する機会はありますか?

多くの教員が授業終了後に開催される「懇親会」に参加しますので、授業以外の時間でも交流を持つ機会があります。

グロービスではどのような教員が登壇しているのですか?

グロービス経営大学院に登壇する教員は、経営に関する体系的な知識はもちろん、経営者やコンサルタントなどの実務経験、専門分野での知見を持ち合わせるプロフェッショナルです。加えて、授業の中で議論をコントロールし、学生の「考える力」を鍛えていくための「高いファシリテーション能力」を有しています。個々の教員の紹介についてはこちらのページからご覧いただけます。また、グロービスの教員がどのような考えを持って授業を運営しているのかについては、こちらのページをご覧ください。

「実務家教員」の割合はどれくらいですか?

ほぼ100%がビジネスの最前線で ”今も” 活躍する「実務家教員」です。「体系的な経営知識」「豊富な実務経験」「高いファシリテーション能力」。この3つの条件を満たす教員のみが、ディスカッション中心の授業をリードします。

教員によって教える内容や受講効果が異なることはありませんか?

同じ科目であれば授業で扱う教材や演習はすべて同じ内容になります。教員の個性によってティーチングのスタイルが異なることはありますが、「考える力」を鍛えるディスカッション中心の授業であることに変わりはありません。また、グロービス経営大学院では、全ての授業が終了した際に行っている学生アンケートにおいて、5点満点中4点以上の満足度を獲得している教員のみが登壇できる仕組みを採用していますので、ご自身の受講しやすいスケジュールを優先してクラスをお選びください。グロービスの教員が共通して持っている授業の運営方針については、こちらのページをご覧ください。

実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインでMBAプログラムを提供しています。

受講をご検討の方へ