寺杣 遼平さん 寺杣 遼平さん

新たなチャレンジに
臆さなくなり、
ビジネスライフが
何倍も楽しくなった。

  • 株式会社デンソー
  • フードバリューチェーン事業推進部・担当係長

寺杣 遼平さんRyohei Terasoma

PROFILE

立命館大学法学部を卒業後、2009年に株式会社デンソーに入社。自動車部品の購買業務に従事。その後トヨタ自動車株式会社への出向を経て、2021年よりフードバリューチェーン事業推進部にて事業企画を担当。取引先や社内関係部署から「一緒に仕事ができて良かった」と思ってもらえるような仕事の進め方、Win-Winの関係作りを常に心掛けている。


※肩書はインタビュー当時のものです

自分のスキルは、他部門や社外では通用しないのではないか。

MBA取得を考え始めたきっかけや動機は何でしょうか?

「自分のスキルは、他部門や社外では通用しないのではないか」という危機感を抱いたことが、大きなきっかけでした。

多様な仕事を経験することでキャリアアップしたいと考えていましたが、実際は入社時からずっと似たような業務が続いていました。特定分野しか知らない自分は、ほかでは通用しないのではないか、という焦りが常にありました。新たな競合の参入、環境問題への対応による技術競争の激化、終身雇用制度の見直しなど、今、自動車業界は大変革期を迎えています。今の自分では、こうした環境変化に適応できる人材にはなれないと感じ、「自分の成長は自分で責任を持とう」とMBA取得を決めました。
 
さらには、MBA取得を通じて、スキルアップだけではなく、人的ネットワークが広がることで自分の可能性を大きく広げられるのではと期待しました。私は以前から貧困問題に興味があり、ビジネススクールで得たスキル・ネットワークによって、解決に貢献できるのではと考えたこともきっかけとなりました。

決め手となったのは、事務局の方々のホスピタリティ。

なぜグロービスのMBAを選択されたのでしょうか?

仕事が忙しくても、勤務地が変わっても、学び続けられる仕組みがグロービスにはあったからです。

出張が多く海外赴任の可能性もあったため、いつ学び始めるべきか迷っていました。しかし、グロービスには、オンラインクラスや授業振替制度があり、自分の都合に合わせて受講スケジュールを柔軟に組み立てられます。ほかに検討していたビジネススクールと比較し、仕事の状況が変わっても学び続けられ、プライベートともバランスが取れるイメージが最も湧いたのがグロービスでした。

そして、決め手になったのは、事務局の方々のホスピタリティでした。体験クラス&説明会に出席する前は、ビジネススクールに対してドライなイメージを抱いていましたが、実際に参加してみるとスタッフの方々が、とても親しみやすい人たちばかりで驚きました。また「ビジネスを通しての社会貢献」「自己実現の場の提供」といった大学院の母体であるグロービスの経営理念にも共感を抱き、ここで学んでみたいと思ったのです。

生涯高め合える仲間と出会えるホットスポット。

グロービスで学ぶ魅力は何でしょうか?

生涯にわたって高め合える仲間と出会えることです。グロービスには、高い目標や熱意を持った社会人が集まっており、互いに切磋琢磨できる場所であることが最大の魅力だと思います。普段は出会えないような各業界の第一線で活躍している仲間たちから、これまで触れたことのない情報やとても多くの示唆を得られます。私にとってグロービスは、視野を広げてくれるホットスポットです。

先ほども触れましたが、事務局の方のサポートもグロービスの魅力のひとつです。受講スケジュールの組み方や給付金申請のサポート、息抜きの話し相手まで、いつも笑顔で優しく、親身になって学びを支えてくれました。経験豊富なグロービスの事務局スタッフは、とても頼りになります。

また、卒業後も業界トップの方々から最先端の情報を学べる卒業生向け特別講座(アルムナイ・スクール)や学生が一堂に会するカンファレンスである「あすか会議」などを通じて、知識とスキルをアップデートし続けられるのも、グロービスにしかない魅力だと思います。

どんな仕事を担当しても、自信を持って取り組めるように。

卒業後、仕事に対する姿勢や進め方に関して何か変化はありましたか?

ビジネスの原理原則や企業の仕組みなどの理解が深まるにつれて、自社の経営戦略やそれを実現させるための個々の事業戦略、機能別戦略に関して、真の狙いや意味が分かるようになりました。そのことによって、担当業務のあるべき姿を描けるようになり、正しいと思える目標設定が可能になりました。その結果、どんな仕事を担当しても、自信を持って取り組めるようになり、自分の成長につながる糧を見いだすことができるようになったと思います。

また、リーダーシップが鍛えられたことにより、責任感が高まりました。チームメンバーの成長についても自分事として考えるようになり、メンバーがよりアクティブになるような振る舞いを常に心掛けるようになりました。これからは、自動車業界の激変期をチャンスに変えられるような組織作りの一端を担いたいと考えています。

新たなチャレンジに臆さなくなり、ビジネスライフが何倍も楽しくなった。

グロービスのMBAで得たものを一言で表現すると何になりますか?

「自分の可能性を信じる力」です。幾多の企業事例(ケース)を用いたディスカッション形式の授業や仲間たちとの勉強会での議論を通じて、論理思考や戦略思考が身に付いたことと、多様性に富む人的ネットワークが広がったことで、新たなチャレンジの際に相談ができる環境を持てました。その結果、新たな仕事に臆さなくなり、ビジネスライフが何倍も楽しいものになりました。

グロービスを卒業した後は、異動の希望が通り、新規事業を推進する部署の事業計画を担当しています。グロービスで学んだ事業戦略・会計知識などのスキルを発揮でき、即戦力として目標実現に貢献できている実感があります。事業の成功に向けて、組織を引っ張り、まっしぐらに取り組んでいます。

仲間と議論し合う中で「チームワークとは何か」を学んだ。

グロービスの人的ネットワークを通じて得たものは何ですか?

「チームワークとは何か」を日本ビジネススクール・ケース・コンペティション(以下JBCC)への参加を通して学びました。JBCCは日本全国のビジネススクールの学生が参加する戦略提言を競うコンテストです。予選を通過して本戦に進むためには、チーム全員の総合的な戦略立案力が不可欠です。限られた期間で答えを出すためにメンバーがお互いにスキルを補完し、その結果一人一人の強みを活かすことができ、結果として予選を突破することができました。互いを助け合いながら、何十時間も議論し尽くした経験は忘れられません。

加えて、生涯高め合える仲間ができたことも財産です。例えば、クラスメートたちと自動車業界の変革を議論する学校公認のクラブ活動「モビリティクラブ」を新たに創設しましたが、卒業後の今も交流が続いています。また、社会課題を扱うクラブ活動「ソーシャルビジネスクラブ」にも参加し、貧困問題に関心が高い方とつながり続けています。

教員が現役投資家だからこそのリアルな学び。

受講した科目の中で特に印象に残っている科目は何ですか?

ベンチャー企業が、事業を成長させるための資金調達戦略を学ぶ「ベンチャー・キャピタル&ファイナンス」です。教員が現役投資家であるからこそのリアルな学びが豊富な科目でした。ファイナンスの高度な専門知識が必要とされるため難易度は高かったのですが、新規ビジネスを立ち上げて成功させたいと考えている私にとっては、とてもよいトレーニングとなりました。
 
この科目は大学院生(本科生)として最後に受講したこともあり、新規ビジネスを立案しプレゼンするというグループワークでは、グロービスで学んだ知識やメソッドをビジネスプランに詰め込みました。その結果、教員からマネタイズ案やマーケティング戦略プランについて高い評価を得られ、自信につながりました。

「覚悟」を少しずつ積み上げていく。まずは最初の一歩を。

グロービスへの出願を考えている皆さんにメッセージをお願いします。

グロービスで学べば、理想の自分と現在の自分とのギャップを埋められると思います。新しいことを始めるにあたって不安も大きいかと思いますが、まずは単科生として1科目の受講からスタートしてはいかがでしょうか。私も単科生からスタートしましたが、1科目受講するだけでも、必ず理想の自分に近づけている感触を得ることができるはずです。

新しいことを始めるときには相応の「覚悟」が必要ですが、「覚悟」が決まらないときは一歩ずつ歩を進めることで、少しずつ「覚悟」を積み重ねていくというアプローチもあるのではないでしょうか。仕事でも判断の先延ばしはよくないですよね。まずは最初の一歩を踏みだしてみてください。

他の学生の声を見る

聞きたい質問項目

所属キャンパス

条件を追加する

業種

職種

役職

受講方法

受講のきっかけ

在校生・卒業生

性別

その他