廣瀬 隆彦さん 廣瀬 隆彦さん

「志」が明確になり、起業を決意。

  • CX Value Lab株式会社
  • 代表取締役CEO

廣瀬 隆彦さんTakahiko Hirose

PROFILE

大学卒業後、エンターテインメント関連企業に入社し、メジャーアーティストのマーケティング担当や新規事業の立ち上げを担当。グローバルレストランの日本におけるマーケティング責任者、最大手フリマアプリのカスタマーサービスマネジャーなどを経て、2020年に中小企業やベンチャー企業を事業変革やマーケティングの軸から支援するコンサルティング会社を設立。


※肩書はインタビュー当時のものです

効果的なマーケティング活動には、経営全体の理解が必要だと感じた。

MBA取得を考え始めたきっかけや動機は何でしょうか?

マーケティングを体系的に学びたいと考えたことがきっかけでした。マーケティングの実務経験を通じて常に課題として感じていたのは、立案した企画の社内承認が下りないことでした。「短期で結果の出る企画を考えるように」というフィードバックを受けるたびに、経営層がマーケティングに対して何を期待しているかがわからなくなり、藁にもすがる思いで、「体験クラス&説明会」に参加しました。

その際に痛感したのは、「これまでの自分は、断片的な知識と感覚に頼ってマーケティング活動を行ってきていたのだ」ということです。まず単科生制度を利用して、「マーケティング・経営戦略基礎」を受講しました。そこで学んだことは、経営戦略をしっかりと理解していなければ、効果的なマーケティング活動は行えないということでした。同時に、経営全体を理解する必要があると感じたことで、MBA取得を決めました。

志を高く持つ仲間との学びだけに留まらないコミュニティが決め手。

なぜグロービスのMBAを選択されたのでしょうか?

グロービスで学ぶ仲間たちの志の高さが決め手になりました。「体験クラス&説明会」に参加した際も、その後、単科生として実際に受講した際にも多くの親友ができました。そのほかにも、価値観を同じくする仲間との学びだけに留まらないコミュニティこそが、グロービスの大きな価値のひとつだと感じました。

体験クラスで出会った数名とは、その後、実務課題の解決につながるようなディスカッションができました。また、グロービスにはクラブ活動や「あすか会議」などネットワークを広げるさまざまな機会があることや卒業生同士で旅行やスポーツをしたり、仕事に対する想いや課題感を共有する仲間と起業をしたりといった事例を聞いたことも決め手のひとつでした。

成果を出すことにこだわった「血の通った学び」。

グロービスで学ぶ魅力は何でしょうか?

「実務でゴールに到達するための学びがある」ことだと感じています。単科生時代から常に感じていたのは、グロービスの授業は「実務でどう活かすのか?」「実際にそれをできるのか?」という論点が必ず入っていることです。

「知っている」と「理解している」の間には、とてつもなく大きな壁があります。さまざまな書籍を読んだり、動画を見たりして、知識として頭に入っていても、それを仕事で活用できなければ成果を出せません。「理論を知るだけではなく、自身の実務面において活用でき、結果を出せる」というゴールに到達するための「血の通った学び」こそがグロービスで学ぶ魅力だと思います。

「志」が明確になり、起業を決意。

卒業後、仕事に対する姿勢や進め方に関して何か変化はありましたか?

何事にも自信をもって取り組めるようになり、努力を怠らなくなったことです。卒業時点で起業しましたが、すぐにコロナによる緊急事態宣言が発令されました。複雑性や不確実性が益々高まる時代になっていますが、自己効力感を持ちながら、事業を進めることができているのは、グロービスで学んだことが大きく影響していると感じています。

自分のキャリアプランには、当初起業という選択肢はありませんでした。しかし、「企業家リーダーシップ」という科目を受講し、自分の原体験と向き合っているうちに「これは自分がやるべきだ」という「」が見つかりました。「志」が見つかったからこそ、どんな状況でも日々自信を持って努力を惜しまず仕事に向き合えているのではないかと思います。

「一生、学び続けなければならない」という覚悟。

グロービスのMBAで得たものを一言で表現すると何になりますか?

「一生学び続けなければならない」という覚悟です。入学前に勤めていた企業は東京に本社機能がありました。しかし、家族の事情で福岡を離れられないことから本社勤務を望めず、「今後、福岡でどのようにキャリアを築いていけばよいのか?」という問いに常に頭を悩ませていました。

その後、グロービスで学んでいる過程で気づいたことは、「成長するために努力を続けること」以外、キャリアを築くことも「志」を実現させることもできないということでした。その後も、何度も迷うことはありましたが、いつも自分に「学び続けるか?悩み続けるか?」を問いかけています。

卒業した今も、MBAで得た知見と起業による経験に新たな知識のインプットをかけ合わせ続けています。この営みを通じて、自分の可能性が高まり続けていることを実感しています。その結果、成功体験を重ね続けることができ、これまで以上に自己効力感が高まり、気づけば迷いはなくなっていました。

共に学んだ仲間たちが新しいチャレンジをもたらしてくれる。

グロービスの人的ネットワークを通じて得たものは何ですか?

新しい世界だと思います。起業後、同期、先輩、福岡校以外の学生からも声をかけていただき、さまざまなプロジェクトに参画しました。期待に応えるべく日々邁進すると、さらに新しいことにトライさせてもらえる機会に恵まれ、好循環のサイクルを得ることができています。

また、想定以上に早く事業が拡大したため、リソースが不足気味だったのですが、「志」を共にする仲間にヘルプをお願いすることができており、グロービスの仲間には日々助けられています。

少なくともグロービスに入学していなければ、こうしたネットワークから生まれた世界を知らないまま一生を終えていたと思います。今後は「グロービス卒業生の会」の幹事として、アルムナイネットワークを成長させることで恩返しをしたいと思っています。

人生を変える経験を与えてくれた。

受講した科目の中で特に印象に残っている科目は何ですか?

イノベーションによる事業構造変革」です。卒業前の最後に履修した科目だったのですが、私にとってMBAの総決算ともいえる内容でした。

「なぜ日本には、世界を変えるイノベーションが生まれないのか」。これがこの科目の最大のテーマです。この難題の発生要因をさまざまな事業分野で俯瞰的かつ緻密に検証し、明確化することで、イノベーションを起こすための理論を学んだのですが、それらの営みを通じて私は、日本の中小企業やベンチャー企業がイノベーティブな製品やサービスを生み出すための組織や人材育成をしたいと考えるようになりました。その想いから、現在は中小企業やベンチャー企業の新規事業支援のコンサルティングを現場に入り伴走型で行うようになったのです。この科目は、私に人生を変える経験を与えてくれました。

「悩んでいる」だけでは、何も変わらない。

グロービスへの出願を考えている皆さんにメッセージをお願いします。

「学び続けるか?悩み続けるか?」を自分ごととして考えて頂きたいと思います。この「学生の声」をご覧のみなさんは、近い将来、入学を検討している方が多いと思います。入学を検討しているということは、今後の生き方やキャリアについて、少なからず課題を感じているということだと思います。

一度、「生き方や自身のキャリアについて、一生悩み続けるのか」とご自身に問いかけてみてください。「悩んでいる」だけでは、何も変わりません。グロービスには「成果につながる学び」だけではなく、いつでもみなさんを温かく迎え入れ、困った時にはサポートしてくれる仲間がたくさんいます。

みなさんといつかグロービスでお会いできるのを楽しみにしています。

他の学生の声を見る

聞きたい質問項目

所属キャンパス

条件を追加する

業種

職種

役職

受講方法

受講のきっかけ

在校生・卒業生

性別

その他