活躍する卒業生・在校生

学生の声

自分と同じ悩みをもつ
同郷の仲間との出会い。

茨城いすゞ自動車株式会社
企画室 室長

加藤 泰隆さん Yasutaka Kato

加藤 泰隆さん加藤 泰隆さん

PROFILE

高校を卒業後、現在の会社へ入社。22年間、営業職に携わった後、70人の社員を抱える事業所長へ。2018年4月から企画室長に就任。現在は、自社の事業価値を高めることを目標に経営層のサポートを行う。

経験のない分野の意思決定を求められる立場に。

― 学び始めようと考えたきっかけや動機は何でしょうか?

4年前にマネージャーから事業所の責任者になり、責任範囲が広がるとともに、見なければいけない業務量も一気に増えました。当時は大きくわけて3つの事業があり、うち2つの事業については、はじめて担当する業務でした。それでもメンバーは、容赦なく意思決定を迫ってきます。

私は、それまでの経験や勘、そして「以前の上司だったら、こう判断するだろう」といった感覚的なものに頼るしかありませんでした。このままでは自分も組織も成長できないと痛感し、経営を学ぼうと決めました。

自分と同じ悩みをもつ同郷の仲間との出会い。

― なぜグロービスのMBAを選択されたのでしょうか?

公私ともにお世話になっている先輩が、グロービスの東京校に通っており、「とても楽しくて、しかも実践的な内容を学べる授業だ」という話を以前から聞いていました。

そんな折、グロービスが水戸に特設キャンパスを開設すると知り、「体験クラス&説明会」に参加。そこには自分と同じように、「どうすれば成長できるか」という悩みをもつ人たちが集まっていました。実践的な経営手法を学べることはもちろんですが、水戸という地で互いに成長し合える仲間と出会えたことが、グロービスを選んだ理由です。

ともに学ぶ多様な学生との交流を通して、世界が広がる。

― グロービスで学ぶ魅力は何でしょうか?

ビジネスの知見やネットワークが大きく広がる点です。私はこれまで、自動車業界という限られた世界で仕事をしてきました。グロービスで学ぶようになり、異なる業種・職種の方と出会い、これまでの経験に縛られ自分の視野がとても狭くなっていた事実に気づきました。

ともに学ぶ仲間との対話を繰り返すことで、多様な視点や価値観、知見に触れられますし、その結果より幅広い視点で、かつ深く考える力が身についてきたと実感しています。ネットワークと能力の両方の「広がり」を感じられるのが、グロービスの最大の魅力だと思います。

さまざまな問題が複雑に絡み合う経営課題に対処できるようになりたい。

― MBA取得を考え始めたきっかけや動機は何でしょうか?

単科生として受講するうちに学ぶことが楽しくなり好奇心が刺激され、「ほかの科目ではどんなことを学べるのだろう」「それぞれの科目は互いにどのような関係性をもっているのだろう」といったことに興味を抱くようになりました。

経営課題はいくつかの問題が複雑に絡み合っていることが多く、全体像を把握した上で意思決定する必要があります。そのためには、経営学を全方位から理解する必要があると感じ、MBA取得を決意しました。たとえるなら、筋トレで腕だけ鍛えていたら全身も鍛えたくなった、といったイメージに近いと思います。

社会に提供できる価値が上がれば、結果として長く収入を得られる。

― 出願するにあたっての懸念点はどのようなものでしたか?

出願検討時、私は1期あたり2科目を受講していました。このときすでに、仕事・学業・家庭ぞれぞれの時間をバランスよく確保することに苦戦しており、妻との話し合いは難航。出願にあたり、焦点となったのは「時間」と「お金」のやり繰りでした。人生100年時代において自分が社会に提供できる価値が上がれば、結果として長く収入を得られますし、家族を支えられます。「時間とお金を私に投資してほしい。決して浪費では終わらせない」と最後まで訴え続け、ようやく理解を得られました。

「振り返り」の時間を大切にし、新たな視点を共有し合うように。

― 入学後、仕事に対する姿勢や進め方に関して何か変化はありましたか?

グロービスでは授業のあと、クラスメートや仲間と学んだ内容を言語化して振り返ります。仲間の振り返りから、新たな気づきを得ることはとても多く、3時間の授業と同等の学びを得られることも多々あります。

一方で、仕事ではこれまで、振り返りをしてきませんでした。そこで、グロービスと同じように、職場でもミーティング後の振り返りタイムを導入してみることに。すると上司やメンバーから、「新しい視点に気づけた」「次回に活かせる点が見出だせた」といった反応がありました。現在も、プロジェクトやミーティングのあとには必ず、振り返りの時間を設けるようにしています。

次はあなたの番。ともに社会に価値あるものを生み出そう。

― グロービスへの出願を考えている皆さんにメッセージをお願いします。

もしもあのとき一歩踏み出していなければ、私は今も狭い人間関係の中で、もがいていたと思います。思い切ってグロービスで学びはじめたことで、成長意欲の高い仲間と出会え、視野が広がったことで大きく成長できました。

次はあなたの番です。一人でも多くの方がグロービスで学び成長を実感し、社会に価値あるものを生み出すことを願っています。

他の学生の声を見る

  • LINEで送る

加藤 泰隆さんのページ。実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・横浜・水戸・オンラインでMBAプログラムを提供しています。