花澤 聡一郎さん 花澤 聡一郎さん

経験と勘に頼る考え方から
脱却することができた。

  • センコン物流株式会社
  • 執行役員

花澤 聡一郎さんSoichiro Hanazawa

PROFILE

大学卒業後、祖父が創業者にあたるセンコン物流株式会社に入社。入社3年後に新潟営業所の責任者を務める。その後、複数拠点の管理と運営の支援を行う担当部長を経て、2019年より執行役員として、宮城県、山形県、新潟県における11拠点のマネジメントを担当する。


※肩書はインタビュー当時のものです

周囲の期待に応えられていないことに焦りと不安を感じていた。

MBA取得を考え始めたきっかけや動機は何でしょうか?

役職が上がるにつれて、担当するエリアが拡大しマネジメントする従業員も増え、責任の重さが増す中、能力が伴わず周囲の期待に応えらないことに焦りと不安を感じていました。足りていないと感じている分野の書籍を探して勉強していたのですが、ある時期から成長に限界を感じるようになっていました。そんな折、グロービスの存在を知り体験クラスに参加したところ、ここは自分を成長させてくれる場所だと確信しました。その後、1年間、単科生として学び、成長実感を得られたことがMBA取得を考えた動機となりました。

成長意欲あふれる学生たちの熱気を肌で感じることができる。

なぜグロービスのMBAを選択されたのでしょうか?

グロービスは仙台でMBAを取得できる唯一のビジネススクールであり、また無理なく通学できる環境にあったことが最大の理由です。オンラインでの受講を含めれば、他にも選択肢はあったかもしれませんが、私は2つの理由で通学にこだわりました。

ひとつは、実務経験豊富な教員や成長意欲あふれる学生たちとの対面でのコミュニケーションを通じて、熱気を肌で感じることができる環境で学びたかったこと。もうひとつは、授業の終わりに開催される懇親会を楽しみにしていたからです。熱量の高い環境で学べる機会と学生同士の人的ネットワーク構築の機会を同時に与えてくれるグロービスは、私にとってかけがえのない場所であり、他の選択肢は考えられませんでした。

多様な学生たちとのディスカッションを通して、視野が大きく広がる。

グロービスで学ぶ魅力は何でしょうか?

毎回異なるケース(企業事例)を題材としたディスカッション中心の授業スタイルです。授業では、教員から「あなたが責任者なら、この状況でどのような判断をするのか?」を問われ、学生同士が真剣に議論します。学生たちは、業界や職種、役職、年齢などが異なるため、さまざまな見解を聞くことができます。私は自社以外での就業経験がないこともあって、これまで接する機会のなかった業界の方の知見に触れられるのがとても新鮮で、視野を大きく広げる貴重な機会になっています。さまざまな学生のフィルターを通してケースに取り組むからこそ、学びが深まり実践力が養われるのだと感じています。

出願するためのベストなタイミングなんて絶対に来ない。

出願するにあたっての懸念点はどのようなものでしたか?

授業についていけるだろうか、仕事と両立できるだろうか、この2点が私にとって最大の懸念でした。授業についてけるかについては、単科生として1年間学んだことで徐々に自信がつき、途中からは学びのサイクルを止めたくないというマインドに切り替わっていきました。仕事との両立については、最後まで不安だったのですが、ある先輩に「出願するためにベストなタイミングなんて絶対に来ない。悩んでいるなら出願した方がよい。』と言われ出願を決心しました。仕事と勉強の両立は確かに大変ですが、タイムマネジメントを意識するようになったこと、そして、家族の理解やサポートを得られていることで、勉強時間はなんとか確保できています。

経験と勘に頼る考え方から脱却することができた。

入学後、仕事に対する姿勢や進め方に関して何か変化はありましたか?

経験と勘に頼る考え方から脱却することができました。何が問題なのか、それを検討するにあたっての論点は十分か、抜け漏れなく考えることができているか、などを自然と考える習慣が身につき、客観的な視点で深く考え抜くことができるようになりました。

コミュニケーションにおいても、聴き手は何に関心を持つだろうか、どのような順番で伝えれば響くだろうかといったことを意識するようになり、自分本位な伝え方を改めることができました。また、定量情報にこだわるようになったことも、グロービスで数字が持つ力を学んだ成果です。以前に比べて取引先や上司、部下との合意形成がスムーズになり、成果を生み出せる機会が増えたと実感しています。

努力する仲間がいることで、自分も頑張らなければと思うことができる。

グロービスへの出願を考えている皆さんにメッセージをお願いします。

グロービスは学びの場であるとともに、人的ネットワーク構築の場でもあります。特に本科生になってから得た同期たちは、一生涯切磋琢磨できる仲間になります。私は彼ら彼女らに出会えたことで、ぼんやりと抱いていた自分のが研ぎ澄まされ、明確になっていきました。そして、同期の一員として誇りをもち、仲間に恥じない仕事をしたいと思うようになりました。

自分一人で努力するだけでは成長に限界がきます。それぞれ志は違えども、成長に向けて努力する仲間がいる、そのことで自分も頑張らなければと思うことができる。そんな環境をグロービスは提供してくれます。成長したいと考える人にはその一歩を踏み出して、ぜひグロービスでの学びを経験してもらいたいと切に願っています。

他の学生の声を見る

聞きたい質問項目

所属キャンパス

条件を追加する

業種

職種

役職

受講方法

受講のきっかけ

在校生・卒業生

性別

その他