活躍する卒業生・在校生

学生の声

奥村 園子さん奥村 園子さん

激化するグローバル競争を
勝ち抜く人材になりたい。

シーメンス株式会社
ポートフォリオ開発本部 アナリスト

奥村 園子さん Sonoko Okumura

PROFILE

短期大学卒業後、CADソフトウェアの代理店に入社。CADトレーナーとして経験を積み、CAD・CAEエンジニアとしてトヨタテクニカルディベロップメント、UGSにて販売支援、設計支援業務に従事。シンガポールで就労経験を積み、現在はシーメンス株式会社にてDemand generation業務に携わり、効率的かつ効果的な営業施策の実行を推進している。

※こちらの記事は、在学時のインタビューとなります

激化するグローバル競争を勝ち抜く人材になりたい。

― MBA取得を考え始めたきっかけや動機は何でしょうか?

リーマンショックの影響により、リストラを経験したからです。当時、外資系企業に勤めていた私は、リストラをどこか他人事のように捉えていました。実際に当事者になってみて、自分に何が足りなかったのか、なぜ会社にとって必要な人材になれなかったのか、深く内省したのです。以来、「今後同じ失敗を繰り返さないよう、どのようなスキルを身につけるべきか」を常に念頭に置いて人生を歩むようになりました。

その後、シンガポールにあるアメリカ系企業で働くことになり、そこで驚いたのは、シニアマネージャー以上が全員MBAホルダーであるという事実。激化するグローバル競争を勝ち抜き、高みを目指すためには、彼らと同じレベルのビジネススキルを身につけるべきである――そう確信しMBA取得を決意しました。

熱くディスカッションする学生たちに圧倒された。

― なぜグロービスのMBAを選択されたのでしょうか?

ひとつめの理由は、忙しい社会人が通いやすい制度が充実していることです。海外のビジネススクールでMBAを取得するには、仕事を辞めて学費や生活費など高いお金をかけてチャレンジする必要があります。シンガポールで働いていたころからMBAを取得したいと考えてはいたものの、年齢を考えると、今の仕事を辞めてまでチャレンジするのはリスクが大きいと思い、諦めていました。

しかし、グロービスのカリキュラムは、社会人でも働きながら通えるよう構成されており、平日夜間や土日に自分のペースで通えます。また、出張などでやむを得ず欠席しても、他の日に振り替えて受講できる制度があり、突発的な業務が発生した際もフレキシブルに変更ができます。社会人が通いやすい制度が充実していることが、非常に魅力的でした。

さらに、学生たちの熱いエネルギーに触れたことも、大きな決め手となりました。今でもはっきり覚えているのですが、「体験クラス&説明会」ではじめて東京校のラウンジを訪れたときのこと。学生たちが熱くディスカッションしながら学んでいる姿を見て、そのエネルギーに圧倒されました。こんな仲間たちと切磋琢磨していけば、きっと自分も大きく成長できる――そう心から思い入学を決めました。あのときの私の直感は間違っていませんでした。一歩踏み出して、本当に良かったと思っています。

共に学ぶ仲間は、良きライバルであり、良き相談相手。

― グロービスで学ぶ魅力は何でしょうか?

専門性が高いだけでなく、多彩な才能を持つ教員の方がたくさんいることです。現役で有名企業に勤める方も多数登壇しており、その方々と直接ディスカッションできるのはとても貴重な経験です。今起きている社会課題などに対し、豊富な経験を交えた指導が受けられるため、納得感が高く、すぐに実務に活かせます。また、日々の業務で解決できない問題についても授業中に質問ができ、適切なアドバイスをもらえます。

さらに、学生同士の人的ネットワークもかけがえのない財産です。不確実で複雑な時代を生きる中で「社会を変えたい、自分の可能性を伸ばしたい」という、熱い信念を持った同志が集まっています。彼ら彼女らは良きライバルであり、良き相談相手。グロービスには、切磋琢磨しながら対等に向き合えるリスクフリーな環境があります。

単科生制度を利用して、本科入学後の単位取得の負担を軽減。

― 出願するにあたっての懸念点はどのようなものでしたか?

仕事と学業を両立させ、最後までやり遂げられるかという不安が少しありました。いきなり本科に入学すると2年間で卒業するには、毎期3科目以上を受講する必要があり、かなりタイトなスケジュールとなります。そこで私は、単科生制度を利用しました。グロービスでは、単科生として取得した単位も、本科入学時に卒業に必要な単位として認められ、入学後の負担が軽減します。

ちなみにグロービスには、仕事やプライベートの変化に合わせて、修了までの年数を2年から3年に変更する制度もあり、私の周りの多くの学生たちが利用しています。

学びを活かして、業界を分析し転職先を決定。

― 入学後、仕事に対する姿勢や進め方に関して何か変化はありましたか?

一番大きな変化は、転職したことです。入学時は外資系企業に勤めていましたが、事業戦略や経営陣の意思決定に対し、ずっと疑問を持っていました。悩んだ私は、基本科目で学んだ知識を活かして業界を分析。必ずNo.1に成長するであろう現在の会社への転職を決断しました。今は日本の製造業に貢献したいという想いで働いています。

また、以前より集中力が高まり、要点を絞ったアウトプットができるようになったことで、仕事の効率がかなり上がりました。これは、グロービスの課題やレポート作成を通じて鍛えられた能力だと思っています。

これからの人生で成し遂げたいことが見つかる場所。

― グロービスへの出願を考えている皆さんにメッセージをお願いします。

20代のころは目の前の仕事にただ没頭し、駆け抜けてきました。30代後半に入り考えるようになったのは、「自分の使命は何だろう?」「残りの人生で私が果たすべき役割は何だろうか?」ということ。そんな時期にグロービスに通うようになり、自分の成長や可能性を信じられるようになり、これからの人生で成し遂げたいことも見つることができました。

グロービスでは、困ったときに必ずサポートしてくれる仲間にも出会えます。信頼できる仲間の存在があるからこそ、私は覚悟を決めて転職にチャレンジできたのです。

グロービスで学ぶことで、今までの自分からは想像もつかないほど大きく成長できますし、新たな使命にも出会えると思います。自分の可能性を信じて、小さな一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

他の学生の声を見る

グロービス経営大学院では、MBAプログラムの「体験クラス」を全国7つのキャンパスとオンラインにて開催しています。

グロービス経営大学院では、MBAプログラムの「体験クラス」を全国7つのキャンパスとオンラインにて開催しています。

実践性を重視したグロービス独自の授業スタイルをご自身の目で確かめてください。

  • LINEで送る

奥村 園子さんのページ。実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・横浜・水戸・オンラインでMBAプログラムを提供しています。