山元 ゆう子さん 山元 ゆう子さん

グロービスの仲間と出会い、
自分の可能性を信じられるように。

  • 株式会社パーソル総合研究所
  • ラーニング事業本部 ビジネス総合スキルソリューションG

山元 ゆう子さんYuko Yamamoto

PROFILE

薬科大学卒業後、武田薬品工業株式会社に医薬情報担当者(MR)として入社。その後、営業教育部、営業マネジメント、エリアマーケティングを経て、現在はパーソルグループのシンクタンク・コンサルティング機関である株式会社パーソル総合研究所にてグロービスの学びを活かし、教育研修の立案・トレーナーとして顧客企業の組織力向上に貢献している。


※肩書はインタビュー当時のものです

チームとしての目標を達成できず、マネジャーの責務を果たせていなかった。

MBA取得を考え始めたきっかけや動機は何でしょうか?

営業マネジャーからエリアマーケティングへ異動になった際、ビッグデータの取り扱い手法を学ぶことが急務となり、単科生として「ビジネス・アナリティクス」を受講しました。受講してみると、データの取り扱い以前の問題として、経営戦略やマーケティングなど基礎的なビジネススキルがまったく足りていないことに気づき、MBA取得を考えるようになりました。

私は一担当者としては、目標以上の成績を収め続けてきたのですが、マネジャーになってみると、部下の育成がうまくいかず、チームとしての目標も達成することができませんでした。経験や勘に頼って仕事をしていたことに気づき、マネジャーとしての役割が果たせていないと悩むようになりました。

上司に「動く前に立ち止まって考える力を鍛えるために、MBAを取得しようと思っています」と相談したところ、「それは、とてもいいこと」と背中を押してもらうことができ、進学を決めました。

学生同士が支え合いながら学ぶというカルチャーに親近感を覚えた。

なぜグロービスのMBAを選択されたのでしょうか?

理由は2つあります。1つめは仙台校があったから。もしグロービスが東京校だけであれば、グロービスを選んではいなかったかもしれません。私にとっては、通学して学べることが必須の条件でした。

2つめは、アットホームなビジネススクールだったからです。単科生として受講したときから、すでに雰囲気の良さに気づいていました。教員や事務局の方々のフレンドリーなコミュニケーションに親近感を覚えたことや、ともに学ぶ皆さんがMBA取得に血眼になっているわけではなく、お互いに支え合って学んでいこうというカルチャーがあり、グロービスは自分の成長の場として適していると思ったのです。

「志」を明確にすることで、学びをより実務に活かせるようになる。

グロービスで学ぶ魅力は何でしょうか?

カリキュラムに「」系と呼ばれる科目領域が存在していることです。この領域の科目では、「なぜ学ぶのか?」「何のために生きていて、働いているのか?」「自分のありたい姿はどのようなものか?」など、自分自身に問いかける機会がたくさんあります。

他のビジネススクールに通っている知り合いに、「志」系科目での学びを伝えると、「それはグロービスならでは。そうしたことを考える機会はとても大切だね」と言われました。ちなみに、グロービスでは、自身の「志」を仲間同士で語り合い、さらに深めていくための場が、「あすか会議」など志系の科目以外にも多数用意されています。そうした場を通じて、今まで漠然としていた自身が取るべきリーダーシップが明確になっていきます。

自分の「志」を明らかにした上で学ぶことで、より実務に学びを活かせるようになると実感しています。

ビジネススクールは、経営者の目線で考える力を磨く場。

出願するにあたっての懸念点はどのようなものでしたか?

単科生として受講する前の私のグロービスのイメージは、「起業家を育成する学校」。一般企業の一社員である私が学ぶべき場所なのだろうかと不安に思っていました。

しかし、体験クラス&説明会に参加した際に、「ビジネススクールは、今どんな立場にあろうとも、経営者の目線で考える力を磨く場」ということを教えていただき、不安が払拭されました。同時に、一般社員でも学ぶ価値があるのだと確信でき、入学したいという気持ちが強まるきっかけとなりました。

「ヒト・モノ・カネ」の知識を得て、経営陣が話すことの意図がわかるように。

入学後、仕事に対する姿勢や進め方に関して何か変化はありましたか?

2つあります。まず、「ヒト、モノ、カネ」の知識を得たことで、経営陣がコメントしている言葉の意味や意図がわかるようになりました。たとえば、それまで営業の第一線にいた私は財務諸表や損益計算書の見方さえも知らず、興味を持てずにいました。しかし、売上高以外にも、経営層は株主を始めとするさまざまなステークホルダーが着目する指標を考慮して、発言していることが理解できるようになりました。また、経営陣が打ち出す戦略の意図が分かることで、メンバーや若手の指導において、「どうやってやるのか」ではなく「なぜやるのか」とその背景を説明できるようになり、やり方を自身で考えてもらうようになりました。

もうひとつの変化は、時間の使い方です。グロービスで学び始めるまでは、時間が許す限り仕事をしていましたし、隙間時間はTVを見て過ごしがちでしたが、ちょっとした時間を使ってケース(企業事例)を読んだり、学生同士で勉強会をしたりと、時間の使い方が大きく変わりました。週末に遊ぶ時間はかなり減りましたが、2年間は今後の人生を豊かにするために必要な時間と考え、学びに集中したいと思っています。

グロービスの仲間と出会い、自分の可能性を信じられるように。

グロービスへの出願を考えている皆さんにメッセージをお願いします。

グロービスでは、ビジネススキルを習得するだけでなく、さまざまな「志」を持った人たちとのネットワークを作ることができます。私は、自分のありたい姿を真剣に考え、そこに近づくために真剣に努力を重ねる仲間と出会い刺激を受け、自分の可能性を信じられるようになりました。「自分を変えたい」と思うのであれば、一人で悩んだりせず、すぐにグロービスの門をたたいてみてください。

「ありたい姿」を現実するために、一緒に切磋琢磨していきましょう。皆さんとグロービスでお会いできるのを楽しみにしています。

他の学生の声を見る

聞きたい質問項目

所属キャンパス

条件を追加する

業種

職種

役職

受講方法

受講のきっかけ

在校生・卒業生

性別

その他