活躍する卒業生・在校生

学生の声

仕事をこなすだけでは、
成長し続けることはできない。

株式会社ジェイテクト
人事部人事企画室 主任

中田 央子さん Hisako Nakata

中田 央子さん中田 央子さん

PROFILE

愛知県立大学外国語学部卒業後、株式会社ジェイテクトに入社。海外現地法人の事業管理業務を担当した後、2011年に人事部へ異動。同部にてダイバーシティ推進・WAY浸透活動に従事。

※こちらの記事は、在学時のインタビューとなります

仕事をこなすだけでは、成長し続けることはできない。

― MBA取得を考え始めたきっかけや動機は何でしょうか?

中堅社員となり、今後の自分のキャリアを真剣に考えたとき、目の前の仕事をただこなすだけではこの先、成長し続けることはできないし、会社に対して今以上の貢献ができないという不安を抱くようになりました。そんな中で、「社外で学ぶことで自分を客観視し、足りない能力や磨くべきスキルを知りたい」そして、「リーダーとしての覚悟を得たい」と思うようになりました。
また、組織風土改革を担当する中で、トップマネジメント層と議論する機会が増えたこともあり、自分の視座を上げる必要性も感じていました。大きな組織では全ての部門での業務を経験することは難しいのが実際です。そのため、多様なケース(企業事例)を通じて、さまざまな立場や部門を疑似体験できるMBAプログラムで、経営を体系的に学びたいと考えるようになったのです。

本科生の人たちともっと学びたいと思うように。

― なぜグロービスのMBAを選択されたのでしょうか?

いくつかのビジネススクールのWEBサイトを見比べて、1科目からMBAの基本科目を受講できる単科生制度があるグロービスに決めました。私は最初から本科の入試を受けようと決めていたわけではありませんでした。しかし、本科生の方と一緒に学んでいるうちに、「私も彼ら、彼女らのように成長したい」「このような成長意欲が高く、志を持った人たちともっと一緒に学びたい」と思うようになり、本科に進学することに決めました。
転勤があっても全国にあるキャンパスやオンラインで継続して受講できる点も、グロービスを選択した理由のひとつです。

「覚悟がないなら、リーダーにならない方がいい」と本気で言ってくれる教員がいる。

― グロービスで学ぶ魅力は何でしょうか?

ヒト・モノ・カネという経営に関する基本的な領域の学びに終始していない点だと思います。例えば、グロービスには「志」系と呼ばれる領域がありますが、これらの科目では徹底的に自分の価値観と向き合い、仲間と語り合うことを通じて、「自分とは何者で、本当に成し遂げたいことは何なのか」という問いについて自分なりの答えを見出していきます。
さらに、グロービスではその他の科目でも、さまざまな場面で教員から「あなたには本当にリーダーになる覚悟があるか?」という問いを投げかけられます。一般的に企業では「あなたはリーダー候補に選ばれたので、覚悟を決めてください」というパターンが多いと思います。一方でグロービスでは、リーダーを志す学生に対して「覚悟がないなら、リーダーにならない方がいい」と本気で言ってくださる教員がたくさんいます。学生の可能性を信じて、厳しく指導してくださる教員のもと、志高い仲間と学ぶことができるのがグロービスの最大の魅力だと思っています。

2年間は学びに最大限コミットすると覚悟を決めた。

― 出願するにあたっての懸念点はどのようなものでしたか?

予習・復習のために十分な時間とパワーを投入できるだろうか。2年間、仕事と勉強を両立させる生活を続けられるだろうか、と心配していました。しかし、2年という期限が見えていることであり、最終的にはこの間は学びに最大限コミットすると決めて、出願することにしました。本科入学後はダラダラ過ごしていた時間をなくし、同僚・友人との付き合いを減らし、月90時間から100時間は勉強時間を確保しています。
また、当初はビジネススクールに通っていることを同僚には知られたくないと思い、伝えていませんでした。しかし、同僚にも状況を理解してもらった方が両立しやすいと考えるようになり伝えてみたところ、応援してくれる人が多く、またそれがきっかけで新たな仕事にチャレンジする機会を得ることもできました。周囲に伝えたことで、仕事でもよいサイクルが回り出したように感じています。

全社戦略を踏まえて、自部門でやるべきことを考えられるように。

― 入学後、仕事に対する姿勢や進め方に関して何か変化はありましたか?

グロービスで学び始めるまでは、上司から言われたことに対して、あまり深く考えずにすぐに行動していたように思います。今では、まず「上司が今、最も期待していることは何か?」「今ここで、私が答えるべき問いは何か?」などを常に考えるようになりました。こうした変化によって、対処する問題の優先順位がクリアになり、価値あることに時間と労力を使えるようになり、以前より効率的に成果を出せるようになりました。
また、これまでは「自部門の視点から会社全体を見る」ことしかできなかったのですが、今では「全社戦略・事業戦略から逆算して、自部門でやるべきことは何か」を考えられるようになり、これまで見落としていた点に意識が向くようになりました。日々、視野が大きく広がっていることを実感しています。

一歩を踏み出すことで、世の中の見え方ががらっと変わる。

― グロービスへの出願を考えている皆さんにメッセージをお願いします。

「迷ったら、やる」――それまでチャレンジすることを進んで選んでこなかった私が、入学後は「新しいこと」に対するスタンスが変わりました。もし少しでも迷う気持ちがあるなら、まずは単科生制度を活用して、1科目だけでも受講してみることをお薦めします。一歩を踏み出すことで、世の中の見え方がこれまでとはがらっと変わり、仕事への向き合い方が大きく変化するはずです。
皆さんとともに学び、切磋琢磨できる日がくることを楽しみにしています。

他の学生の声を見る

グロービス経営大学院では、MBAプログラムの「体験クラス」を全国7つのキャンパスとオンラインにて開催しています。

グロービス経営大学院では、MBAプログラムの「体験クラス」を全国7つのキャンパスとオンラインにて開催しています。

実践性を重視したグロービス独自の授業スタイルをご自身の目で確かめてください。

  • LINEで送る

中田 央子さんのページ。実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・横浜・水戸・オンラインでMBAプログラムを提供しています。