高田 温さん 高田 温さん

得意先の危機的状況に
対して何もできなかった。

  • サントリー酒類株式会社
  • 市場開発本部東海北陸営業部

高田 温さんAtsushi Takada

PROFILE

早稲田大学政治経済学部卒。部活動は、高校、大学と応援部。2006年にサントリー株式会社(当時)に入社。東北支社、北海道支社で業務用酒販店を担当後、名古屋に本社がある全国系外食チェーンを担当。出店支援、販促提案、メニュー提案など、外食に関するトータルサポートを業務内容としている。


※こちらの記事は、在学時のインタビューとなります

得意先の危機的状況に対して何もできなかった。

MBA取得を考え始めたきっかけや動機は何でしょうか?

5年前に現部署に異動になって以来、それまでの業務内容から一転、外食チェーンの経営者と向き合う機会が多くなりました。自身が経営者視点を持たないことには、ビジネスパートナーとして信頼を勝ち得る提案ができないと痛感したのがきっかけです。一度、単科生として受講していたものの、家庭の環境変化もあり、本科への進学は宙に浮いていた状態でした。決定打になったのは、敬愛していた得意先の創業社長の急逝でした。担当者として十分に期待に応えられなかった自分に、得意先の危機的状況の中で何もできなかった自分に、とても悔しい思いを懐きました。

自分の能力を上げなければ、担当先にご迷惑をお掛けしてしまう。もっと苦しんでいる方の力になりたい――そんな想いから、MBAの取得を考え始めました。

グロービス以外では通い続けられないと思った。

なぜグロービスのMBAを選択されたのでしょうか?

情熱溢れる授業を展開してくれる強力な教員陣もさることながら、クラス形式が一方的に教員が話すものではなく、教員はファシリテーターとなって、仲間同士でディスカッションして結論を導き出すところに惹かれました。考え方や価値観が広がりそうだという期待が持てたのです。

また、私は、全国転勤が避けて通れない職種です。グロービスは主要都市にキャンパスがあり、転校制度があるところや夜間の仕事や休日出勤が入った場合でも対応可能な振替受講制度があります。また、オンラインでも授業を提供されているので、さまざまな受講の選択肢があり、私のような立場であればグロービス以外は通えないと思いました。

授業中の議論はとてもリアル。経営会議さながらのディスカッション。

グロービスで学ぶ魅力は何でしょうか?

高い「」を持った、そして仲間を思いやる気持ちを携えた人たちが集まっている点に魅力を感じました。授業や課外活動を通して、志を共有し、お互いに意見をぶつけあう。そこにMBAで学んだ知見が合わさることで、「自分は何をしたいのか?どうなりたいのか?」という問いに対する答えが磨かれ、それを実現するための道筋が見えてくるのです。

また、ケース(企業事例)に基づいた議論はとてもリアルで、教員の巧みなファシリテーションのもとに進む授業は、経営会議のような雰囲気になります。それがグロービスの日常の授業風景ですが、独学ではこんな経験はできません。これもグロービスならではの魅力だと思っています。

ちなみに、グロービスは授業以外の活動がたくさんあり、新年会や忘年会、新入生歓迎会などのイベントに加えて、クラブ活動も活発で、キャンパスライフがとても充実していますよ。

時間は心構え次第で、いくらでも作り出せる。

出願するにあたっての懸念点はどのようなものでしたか?

将来への投資だとは言え、家族にとっては時間、金銭ともにかなりの負担となります。そこで、家族には自分の想いとこの先のキャリアを丁寧に説明し、理解してもらいました。高校、大学と部活動一色(応援部)だったため、その経験を活かして、最終的には「そんなに勉強する気なら応援する」とサポーターになってもらうことができました(笑)。

また、仕事、家庭、勉強の両立できるかも心配していました。ただ、これを機会に仕事のやり方や付き合いを棚卸しすると、思ったより使える時間が生まれることが分かりました。時間に関しては、心構え次第で何とでもなると思います。

自問自答を繰り返し「論理的に考えているか?」をチェックできるように。

入学後、仕事に対する姿勢や進め方に関して何か変化はありましたか?

物事を「より深く」考えるクセが付きました。仕事は、これまでは「気合と根性」という商談スタイルをとっていましたが、グロービスに通い始めてからは、「顧客が解決したい課題は何か」「越えるべき障害は何か」「その障害を取り除けば、本当に前に進むのか?」など、考え方に一本芯が通ったと自分では感じています。常に思いついた考えに対して、自問自答を繰り返し「論理的に考えているか?」をチェックできるようになりました。

また、学んだフレームワークを仕事の現場で活用し、提案の内容に説得力を持たすことができるようにもなりました。まだまだですが、周囲から「成長したな」と言ってもらえるようになったのが、嬉しかったですね。

実際にやってみると想像していたほど大変ではない。

グロービスへの出願を考えている皆さんにメッセージをお願いします。

このページを読んでいらっしゃるということは、多少なりともグロービスに興味を持っておられるのでしょう。私もそうでしたが、最初は迷いますよね。行けない理由を挙げると、山程でてきてしまう。でも、悩んでいても何も変わりません。まずは、一歩踏み出すことが大事だと思います。

私も仕事と両立できるのか?家族の理解を得られるのか?いくつも障害が思い浮かび、相当悩みましたが、実際にやってみたり、相談してみると、自分が思っているほど大変ではないことに気づくはずです。

迷っていらっしゃるのであれば、まずはMBAで学ぶことが自分にとってどんな意味合いがあるのかを実際のクラスを受講して体験することです。グロービスでは体験クラスが頻繁に開催されていますし、単科生として1科目から受講することも可能ですよ。

他の学生の声を見る

聞きたい質問項目

所属キャンパス

条件を追加する

業種

職種

役職

受講方法

受講のきっかけ

在校生・卒業生

性別

その他