日高 義雄さん 日高 義雄さん

グロービスには、
「人生を変える力」がある。

  • 株式会社 参謀s
  • 代表取締役社長

日高 義雄さんYoshio Hidaka

PROFILE

神戸大学経営学部卒業後、銀行員を経て、年商700億の中堅流通業に転職。常務取締役時代の2011年に、自らのスキル不足を痛感し、グロービス経営大学院に入学。授業を通じて自分のスキルが中小企業に求められていることに気づき、中小企業を財務面からサポートすべく、在学中に事業化。2014年に卒業後、法人化し、代表取締役に就任。社名の「株式会社参謀s」には、コンサルティングに留まらず、経営者と共に汗をかくという想いが込められている。


※肩書はインタビュー当時のものです

いかに狭い世界で生きていたのかを思い知らされた。

MBA取得を考え始めたきっかけや動機は何でしょうか?

年商700億の中堅流通業の部長時代に、自分自身のスキルや知識の限界を感じました。そこからグロービスの「クリティカル・シンキング」の講座を知り、すぐに受講しました。そして、自分がいかに狭い世界で生きていたのかを思い知らされました。さらにいくつかの科目を受講するうちに、「今の自分ではダメだ。もっともっと成長しなければ!」という想いがより強まってきました。それと同時に、グロービスのMBAの本科生たちの姿を見て、心を動かされました。授業では真剣にディスカッションしながらも、学生仲間たちと冗談も言い合いながら屈託ない笑顔の本科生の皆さんが私にはとても煌びやかに見えました。「人生が充実している」という感覚が伝わってきて、そのときの自分とのギャップを感じたのです。

スキル不足を痛感している折、先輩たちの姿を見て、「自分もそうなりたい!」という想いに突き動かされた――これが私のきっかけです。

MBA取得が目的ではなく、グロービスの授業の質、ビジネスへの直結度、学生の熱量を感じ、もっと学びたいと決めた。

なぜグロービスのMBAを選択されたのでしょうか?

私の周りの学生の大半がそうなのですが、MBAを取得すること自体が目的ではありませんでした。単科生として受講する内に、学校の想い、教員の質の高さ、ビジネスへの直結度、学生の熱量の大きさをひしひしと感じ、「もっともっとここで学びたい!」と思うようになったのです。

単科生受講を通してグロービスの雰囲気も分かっていましたし、自分のスキルが上がっていくのも実感できていました。そのため、グロービスでMBAで学ぶことを決め、その後、時間やお金、家族の状況などに関して「入学して、学ぶための条件をどうやって揃えるか」に主眼を置いて検討を進めました。

グロービスには、「人生を変える力」がある。

グロービスで学ぶ魅力は何でしょうか?

グロービスには、「人生を変える力」があります。そして、そのために必要なこと――素直さや粘り強さ、他者へのリスペクト、自己効力感という素養――もグロービスで学ぶ中で醸成されていきます。

私自身も、入学する前は「自分を大きく見せよう」とするクセがありました。しかし、クラスや課外活動を通して濃密な人間関係を築く過程で、自分という人間は丸裸にされてしまいます。大きく見せていない、等身大の自分にならざるを得ません。そして、それを受け入れてくれる仲間の存在に気がつくと同時に、等身大の自分でいることに心地よさを感じていることに気づきます。

あすか会議」や振替受講などを通じて、日本中に仲間ができ、出張先でも現地のグロービスの学生とお酒が飲めるのも魅力の一つですね(笑)その仲間たちはそれぞれが個として輝いていて、仕事に限らず、人生のヒントをも与えてくれるので、本当に財産だと感じています。

「その道のプロ」が揃った日本最大のネットワークを手に入れたことで仕事に大きな変化。

卒業後、仕事に対する姿勢や進め方に関して何か変化はありましたか?

卒業後と言わず、在学中からその変化を感じていましたし、仕事自体も大きく変わりました。

サラリーマンから創業社長に身を転じたことで、より本質的な問題に目を向けるようになったと思います。出会う人、時間やお金の使い方、話す内容も変わりました。それに加えて、人生における自分の裁量が大幅に増えたように感じています。意思決定までの時間が各段に短くなり、その質も間違いなく上がりました。

学生生活を通じて、グロービスのネットワークに属している多数の「その道のプロ」と繋がることができ、「この分野は、誰がその道のプロか?」という最短ルートを得たことも大きな変化です。もちろん、収入も上がりました。以前に比べ余裕もでき、心から笑う機会も増えましたね。

「自分の人生の裁量権」を手に入れた。

グロービスのMBAで得たものを一言で表現すると何になりますか?

一言で表現するなら、「自分の人生の裁量権」です。
入学前は想像さえしていなかった「独立」という道を、グロービスのおかげで歩むようになりました。入学前の自分と今の自分は、完全に別人です。

グロービスに身を置いていると、さまざまな人と出会うチャンスに恵まれます。独立したことで、その出会いもさらに広がりました。

しかし、そのチャンスを生かせるかどうかは結局、自分自身の人間としての格にあるとも感じています。このように考えるようになったのも、グロービスでの出会いからですが、「パスポートは手に入れた。そのチャンスを活かすのは自分次第」というところでしょうか。これからは、「人としての格を高めていかねばならない」と思っています。

ダイヤはダイヤによって磨かれる。人は人によって磨かれる。

グロービスへの出願を考えている皆さんにメッセージをお願いします。

「ダイヤはダイヤによって磨かれる。人は人によって磨かれる」――これは、グロービスの入学時に教員からいただいた言葉です。志の高い人たちに囲まれていると、自分自身も高い志を抱くように、少なくとも常に意識するようになります。そして、人生の質が変わってきます。

私自身も入学前には、多額の授業料と膨大な時間を費やすことにいろいろと懸念もありました。しかし、今となっては、その投資を完全に回収したどころか、2倍、3倍以上のリターンを得ています。ただ、学位の取得を目的とする方は、別の学校を選ばれたほうがいいと思います。より少ないお金と時間で、学位を取れるところは多数あります。本気で自分の仕事の質を変え、人生を充実させたい方は、迷わずグロービスの門を叩いてください。

他の学生の声を見る

聞きたい質問項目

所属キャンパス

条件を追加する

業種

職種

役職

受講方法

受講のきっかけ

在校生・卒業生

性別

その他