太田 稚奈さん 太田 稚奈さん

妻や母としての
ロールモデルが
たくさんいる。

  • 住友商事株式会社
  • ケーブルテレビ事業部

太田 稚奈さんWakana Ota

PROFILE

東京大学経済学部卒業後、住友商事株式会社に入社。3年間本社で事業開発案件に携わった後、メディア系の事業会社に出向。現在は同社の商品開発部にて新規商材/サービスの導入・事業化プロジェクト等を担当。「お客様の心に寄り添うサービスを創っていく」をモットーに、その礎となる自身の「ビジネスパーソンとしての総合力」を徹底的に鍛えるため、グロービス経営大学院へ入学。仕事と学業の「併走」に、日々楽しみながら奮闘中。


※こちらの記事は、在学時のインタビューとなります

AIやIoT―テクノロジーを通じて、社会にもっとワクワクを。

MBA取得を考え始めたきっかけや動機は何でしょうか?

入社時から一貫して、総合商社の中では珍しいメディア業界に身を置き、新規事業開発に携わってきました。まだまだ未熟ですが、将来的には事業開発のプロフェッショナルとなることを目指しています。また、今後AIやIoTを始めとする新たなテクノロジーがメディア事業に無限の可能性をもたらすとも感じており、メディアという軸で世の中にワクワクや喜びをもたらすサービスを生み出していきたいと考えています。

一方で、こうした夢を実現するには、プロジェクトマネジメントの知見とビジネスパーソンとしての基礎能力、つまり、マーケティング、ファイナンス、経営戦略などのビジネスに関する体系的な知識が圧倒的に不足していると感じていました。そして、業務外の時間も目一杯活用し、不足している能力を一刻も早く鍛えようと、MBAの取得を検討し始めました。

ビジネスの実戦経験を持つ教員との学びは、経営理論にとどまらない。

なぜグロービスのMBAを選択されたのでしょうか?

さまざまなビジネススクールを検討しましたが、最終的には、グロービスこそがMBAの学びを最大化できる環境であると考えました。

それまで、大学院の授業は「カリキュラムに則り、丁寧に教えてくれるもの」だと想像していましたが、グロービスの授業は、それとは全く異なるものでした。ケース(企業事例)を用いて、教員やクラスメートと議論を行い、その学びを自分の実務に引き寄せて考える。ただの経営理論やフレームワークの暗記・理解にとどまらない実務に繋がる能力まで得ることができる――この点が、とても印象的でした。また、さまざまなビジネス経験を持つ教員の方々が、ご自身の経験に基づくリアルな言葉で授業を展開してくださることも、グロービスでしか得られない経験でした。

グロービスの仲間といると、自然に活力が湧いてくる。

グロービスで学ぶ魅力は何でしょうか?

座学では決して得られない刺激や学びを得られることはもちろん「広く、深い」人的ネットワークを築けるというのも、大きな魅力です。授業でのディスカッションや勉強会、懇親会、各種イベントを通じて、さまざまなバックグラウンドを持つ仲間の知識、経験、価値観、夢やビジョンに触れ、自分の知見や視野が日々広がっていると感じています。このような生涯を通じて立場を超えて語り合い、励ましあえる仲間を得られたことは、グロービスだからこその財産です。

周囲から「仕事と学業の両立は大変だね」と言われることが時折ありますが、自分にとってはむしろ、グロービスでの学びが仕事の支えになっています。仕事の忙しさに疲れていたり、辛いことがあったときも、グロービスの教室に入り、教員や仲間とともに1つの課題に向き合っていると、自然と活力が湧き、最後にはすっかりリフレッシュしている自分がいるのです。

妻や母としてのロールモデルがたくさんいる。

出願するにあたっての懸念点はどのようなものでしたか?

新しい環境に異動して1年が経ち、慣れてきたのと同時に、以前に比べて忙しくなってきたタイミングでの出願でした。入学後の仕事と学業との両立には、正直不安を覚えました。しかし、単科生として受講して、学習のペースを掴めていたため、このタイミングで出願することができました。

プライベートでは、結婚というライフイベントと重なり、特に今、平日も休日も非常に慌ただしい日々が続いています。そうした中でも、職場の方々や家族の理解、協力には非常に助けられています。周囲の温かいサポートに対し、自身の成長という形で恩を返したいと考えています。また、働きながら学び、妻や母としての役割も同時にこなすロールモデルがグロービスにはたくさんいらっしゃり、そうした方々に相談できることも魅力だと思います。

「知っている」から仕事で「使える」へ。仕事に自信がついた。

入学後、仕事に対する姿勢や進め方に関して何か変化はありましたか?

日々の仕事に、より質の高い課題意識をもって取り組むようになったと思います。たくさんのケースを分析し、課題抽出をし、解決策を考えるトレーニングを積むことで、仕事の大小に関わらず、「何が問題の本質なのか?」「本当にそう言えるのか?」といったクリティカルな思考で物事を捉えられるようになりました。また、学びを実務に活かすことを繰り返すことで、知識を「知っている」だけではなく、仕事で「使える」状態になっていきます。

また、授業でのディスカッションを通じて、「人前で意見をわかりやすく説明する」「意見をしっかり受け止め、相手目線で対話をする」といった能力も鍛えられ、自分が苦手意識をもっていたプレゼンテーションや議論を好きになりつつあることも、我ながら驚いています。
良い意味で、仕事への「自信」がついたことは、大きな変化でした。

自分と向き合い悩んだ先に、人生を豊かにするヒントがきっとある。

グロービスへの出願を考えている皆さんにメッセージをお願いします。

グロービスへの出願を検討されている方の中には、自分自身や何かを「変えたい」「変わりたい」と思っている方が多いのではないでしょうか。私は、変化を起こしたいと思うとき、必要な「きっかけ」を自ら作っていくことが、人生においてとても重要だと考えています。

ご自身がMBAで何を学びたいのか。その先の目標や理想は何か。さらには、この先どのような人と出会い、どのような場所で、何をして生きていきたいのか――日々の生活に追われていると、なかなか立ち止まって考える機会のないテーマですが、自身と向き合い悩んだ先に人生を豊かにするヒントがあると信じています。

この機会にじっくりと考え、その結果、グロービスの門を叩くことを選択したのであれば、ぜひ共に学び合い、成長していきましょう。

他の学生の声を見る

聞きたい質問項目

所属キャンパス

条件を追加する

業種

職種

役職

受講方法

受講のきっかけ

在校生・卒業生

性別

その他