懸川 高幸さん 懸川 高幸さん

公認会計士×MBA。
2つの力で業績を向上させたい。

  • スカイマーク株式会社
  • 財務経理部財務課 兼務 上場準備室 財務課 課長

懸川 高幸さんTakayuki Kakegawa

PROFILE

公認会計士。大手監査法人で多業種の監査業務を行う。事業会社へ転職し、管理業務全般(企業理念改定、人事制度改革、戦略策定、M&A、TMKスキーム借入)に従事 、営業赤字を2年で黒字化へ転換。2015年、民事再生中のスカイマーク株式会社へ転職。民事再生終結後、現在は為替デリバティブ取引、資金繰り管理、全社予算策定、決算業務、上場準備業務などに従事。


※肩書はインタビュー当時のものです

公認会計士×MBA。2つの力で、会社の業績を向上させたい。

MBA取得を考え始めたきっかけや動機は何でしょうか?

「会社の業績を向上させたいが、会計士のスキルだけでは足りない」――そう思ったのがきっかけでした。

私は監査法人勤務時に、IPO部門で比較的小規模の会社を担当していました。当時は、リーマンショックの影響から業績が低迷する会社が多く、私の担当会社も同様でした。下がっていく業績や疲弊していくクライアントを見ていく内に、自分の会計スキルを活かして業績向上に貢献したいという想いが強くなっていきました。

事業会社への転職後、業績を向上させようと試みましたが、会計スキルだけに特化していた私は、大きな壁にぶつかり、とても悔しい思いをしました。そこで、経営知識を得てビジネス感覚を養い、自社の業績を向上させることができる人材になりたいと、MBA取得を考えるようになっていきました。

教員・学生の双方に熱意のある方が多く、互いに高め合える環境であった。

なぜグロービスのMBAを選択されたのでしょうか?

私は、3つの点を考慮したうえで、グロービスを選択しました。1つ目が、実務に活かせるか否か。現職の業績向上が目的であったため、アカデミック色が強いMBAは除外しました。2つ目は、会社に勤めながら通えるか否か。場所、授業時間、土日開講の有無を確認した時点で、海外や日本の全日制に通う選択肢はなくなりました。最後の決め手は、ここで学び続けられると感じられるか否か。

私が公認会計士の試験を受けた際に最も大変だったのは、モチベーションを高く保ち続けることでした。当時、教員や友人の存在から非常に大きな影響を受けたため、大学院にも互いに高め合える環境があることを重視しました。この点で、グロービスには同世代の学生が多く、また、教員・学生の双方に熱意のある方が多いなど、私の希望通りの環境がありました。

「志」「実践的な経営知識」、そして「仲間」。

グロービスで学ぶ魅力は何でしょうか?

私がグロービスで最も影響を受けたのは、「志」です。単科生を含めた3年間、さまざまな業界・役職の学生や教員と共に広く深く考えることで、自分がやりたいこと、やるべきこと、「志」が次第に明確になりました。

次に、それを実現するための経営知識が身につきました。前職では2年で営業赤字を黒字化することができ、また、友人の会社にコンサルティングを行い、約6ヶ月で新規売上を10%以上創出させることができました。グロービスで実践的な経営知識を身につけることができたと実感しています。

最後が人的ネットワーク。多種多様な教員や切磋琢磨できる仲間に実務で直面した壁について相談できることで、常に最短で問題を解決できるようになりました。

個人から、チームで成果を出すマインドにシフトした。

卒業後、仕事に対する姿勢や進め方に関して何か変化はありましたか?

グロービスでスキルを身につければつけるほど、自分ひとりでできることの限界が見えるようになりました。「志」を成し遂げるためには、周囲の人の共感を得て、力を借りなければなりません。ひとりではできないことでも、大勢の力が集まればできるようになります。

入学前は、自分のスキルを高めることで業績を向上させようと考えていましたが、卒業後はおのずとチーム力を重視するようになりました。最近では、これまで個人の力で産み出してきたアウトプットを超える成果を出せるようになり、チームメンバーのおかげで成果を出せているのだと実感しています。チームメンバーに対して、自然と感謝を抱くようになりました。

人生の選択肢が大きく広がり、進むべき道に迷わず進めるようになった。

グロービスのMBAで得たものを一言で表現すると何になりますか?

グロービスで学んだことで、「志」「経営知識」「人的ネットワーク」の全てが底上げされました。私の人生の選択肢も、大きな広がりを見せています。

一方、「志」を明確にしたことで、自分が進むべき方向性はよりシャープになりました。深い内省や、教員や学生仲間から得た幅広い知見の一つひとつが、「志」の明確化に大きな影響を与えてくれました。さらに、「経営知識」と「人的ネットワーク」を得たことで、「志」実現に向かうための具体的なロードマップや進み方もイメージできるようになりました。

卒業後、在学中に得たものがさまざまな場面で絡み合い、さらなる成長へのグッドサイクルが回り始めています。

グロービスには、成長する機会に溢れている。

グロービスへの出願を考えている皆さんにメッセージをお願いします。

このページをご覧になっている方の中には、入学を迷われている方もいるかと思います。私自身も、最初から入学を決めていたわけではありません。出願を迷っている方は、「体験クラス」に参加してみる、単科生として受講してみるなど、実際の授業を体験してみることをおすすめします。

もうひとつお伝えしたいことは、グロービスは、とにかく成長の機会に溢れたビジネススクールだということです。授業以外にも、全国の在校生・卒業生が集まるビジネスカンファレンスやビジネスプランコンテスト、クラブ活動、経営者を招いてのセミナー、学生企画の各種イベントなど、手を挙げさえすれば、実務に役立つことがいくらでも学べる機会があります。グロービスに入学すると決めた方は、ひとつでも多く手を挙げ、さまざまなことを最大限吸収していただきたいと思います。

他の学生の声を見る

聞きたい質問項目

所属キャンパス

条件を追加する

業種

職種

役職

受講方法

受講のきっかけ

在校生・卒業生

性別

その他