活躍する卒業生・在校生

学生の声

思考プロセスが変わり、
自分の判断に自信がついた。

精密機器メーカ
セクションマネージャー

増田 直大さん Naohiro Masuda

増田 直大さん増田 直大さん

PROFILE

明治大学政治経済学部を卒業後、ものづくりに関わりたいという思いから、ファクトリーオートメーションに活用される検査機などを扱う会社に営業として入社。

リーダーとしてどうあるべきかに迷い始めていた。

― MBA取得を考え始めたきっかけや動機は何でしょうか?

「リーダーとしてどうあるべきかに迷い始めていた」からです。

いまの会社に入社した当時、非常に魅力的な上司や同僚、後輩と仕事をしていく中で、自身の成長も感じながら働いていました。リーダーのポジションで仕事に取り組むようになった当初は、ただただがむしゃらに仕事をしていましたが、少し周りが見えるようになったころ、「今より前向きに仕事に向き合い、業績をさらに上げるためにはどうしたらよいか」と考えるようになりました。そのためには私の意思決定が「メンバーや会社にとって本当に正しかったのか」という迷いが生じ始めました。

そんな中で、意思決定の能力を高めたいと思って出会ったのが、グロービスの「クリティカル・シンキング」でした。

小手先のスキルではなく、確かな経営判断ができるようになると実感。

― なぜグロービスのMBAを選択されたのでしょうか?

グロービスなら小手先のスキルの習得ではなく、体系的な考え方や思考プロセスを身につけて、実務に活かせると思ったからです。

教員陣は全員実務経験者であり、実際の企業のケースを使ったリアルな議論の中で、実践的な授業が行われます。他のビジネススクールのように講義を聴くだけの座学ではなく、議論中心の授業を通して、さまざまな考え方や思考のプロセスが体感できる点が大きなポイントでした。

グロービスならではの実践的なケースメソッドの中で、経営判断を疑似体験するうちに、私が当時悩んでいた「みんなが主体的に動き、それを業績に結びつけるにはどうしたらよいか」ということへの答えが、見つかりそうだと実感したため、入学を決めました。

仲間たちの志に触れ、共鳴することで、成長できる。

― グロービスで学ぶ魅力は何でしょうか?

ただ単にMBAの学位を取得するだけであれば、他にも選択肢はあります。また知識を吸収するだけであれば、書籍からでも十分得られます。しかしグロービスには、切磋琢磨し合える、そして共に闘う仲間がいます。モチベーションの高い仲間の中に身を置けることが、グロービスの魅力です。

経営学というと一般的には「ヒト・モノ・カネ」ですが、グロービスにはこれらに加えて、「思考」と「志」という科目群があります。「志」の科目では、「自分は何のために仕事をしているのか」「何を成し遂げたいのか」「リーダーとはどうあるべきか」――こうした問いを通して、自分自身や仲間の芯となる奥深い部分に触れ合うことが、成長に繋がることを実感しています。

仕事において「何をするか」と同じくらい「誰とやるか」が大切だと思っていますが、学びも同じだと思います。一緒に切磋琢磨し合える仲間がいること、それぞれの価値観や考え方、仕事観だけでなく人生観までを共有しながら共に学びを深めていけることは、非常に魅力的ですね。

忙しいと言い訳をして、やらないのは簡単。でも時間は捻出できるものだと気が付いた。

― 出願するにあたっての懸念点はどのようなものでしたか?

時間管理が懸念点でした。平日は朝から夜遅くまで仕事をしており、受講するのも予習・復習するのも、私はほとんど土日のみになります。一方で、家族との時間も削りたくありませんでした。

いろいろと言い訳をして、やらないのは簡単だと思いますが、本気で成長したかったので「忙しいことを言い訳にしたくない」と思い、「できるかできないかではなく、どうしたらできるのか」を考えました。そうして自分の時間の使い方を見直してみると、意外にも簡単に時間が捻出できました。

今では、休日も早起きして予習・復習の時間を確保し、家族との時間は削らずに学びを継続できています。

思考プロセスが変わり、自分の判断に自信がついた。

― 入学後、仕事に対する姿勢や進め方に関して何か変化はありましたか?

自分の出す判断に、視点の数と視座の高さが加わりました。まず1つ目に、判断に対する自信がつきました。クリティカル・シンキングやマーケティングでの学びを活かし、複数の視点を持った判断を下せるようになりました。上司からの質問に対しても、経験則的な視点からのみで回答していたものが、例えば市場・競合・自社の3Cのフレームワークを踏まえたうえで返答できるようになるなど、考えるプロセスが変わったと実感しています。

また、2つ目の変化はメンバーの育成です。「メンバーが今よりもっと前向きに仕事に向き合い、主体性を持ち、さらに業績を上げるためにはどうしたらよいか」という問いに真面目に向き合うようになりました。その変化は「志」系の科目で、自身の行動がメンバーに見られていること、自分の考え方や価値観がメンバーに伝わりづらいことを学びました。それを活かして今では、メンバーがどんな想いで仕事をしているのか、メンバーの平時の状態を知るようにしています。お互いの考え方をしっかりと共有することは重要ですね。

自分の思い描く成長を望むなら、一歩踏み出してほしい。

― グロービスへの出願を考えている皆さんにメッセージをお願いします。

自分は、自分で創っていくものだと思います。一所懸命に仕事に取り組んでいれば、それなりに成長はできます。しかし、大切なのは、限りある人生の中で、どのような成長カーブを目指したいかが大事だと思います。そのために自分のどこを成長させるかで、将来の自分は大きく変わってくるはずです。

激動のビジネス環境を乗り切るだけではなく、私のように、自分の目標に向かって自分で舵を取りたいと少しでも考えているのであれば、皆さんもまず踏み出してみてください。一緒に切磋琢磨していきましょう!

他の学生の声を見る

  • LINEで送る

増田 直大さんのページ。実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・横浜・水戸・オンラインでMBAプログラムを提供しています。