堀江 龍弘さん 堀江 龍弘さん

グロービスなら
生きた学問を学べる。

  • 株式会社ホリエ
  • 専務取締役

堀江 龍弘さんRyuko Horie

PROFILE

新潟大学工学部建設学科修了後、積水ハウス株式会社で、営業や、設計に携わる。2010年株式会社ホリエに入社し、住宅部門のブランディング、家具事業・ホテル事業の立ち上げに従事。一級建築士。


※肩書はインタビュー当時のものです

事業承継する立場でのしかかった責任の重さ。

MBA取得を考え始めたきっかけや動機は何でしょうか?

事業承継者という立場で、家業の専務取締役に就任することになり、責任の重さを実感したのがきっかけです。これから会社を引っ張っていくために何を学べばよいのかと必死で探していました。そんな折、たまたまある経営者のプレゼンを聞いていて、心を奪われたのです。その経営者のプレゼンは、理路整然とした中に情熱が灯っていました。その経営者がMBAホルダーであると聞き、「私もあの人のように心を掴むプレゼンをしたい、優れたビジネスモデルを構築したい」と思ったのが、MBAを調べ始めたきっかけです。

調べていくうちに、住宅業界の中で、MBAホルダーがかなり少ないこともわかりました。だからこそ、イノベーションの可能性があると考え、本格的にMBAを学ぶことを検討し始めました。

グロービスには自分を高めてくれる熱い仲間がいる。

なぜグロービスのMBAを選択されたのでしょうか?

仙台校の単科生として「クリティカル・シンキング」を受講しました。そこで、2つの点で衝撃を受けました。1つは、授業の面白さです。実際の企業の事例を使用したリアルなケースをもとに、互いに意見をぶつけ合いながらのグループワークを通して学びを深めていくスタイルで、スポーツのような白熱した時間だと感じました。授業が面白いからこそ、予習や復習にも身が入ります。そうやって得た「学び」は深く、定着すると感じました。

もう1つは、仲間の熱い想いと決意を感じられたことです。東日本大震災で甚大な被害を受けた地域の仲間が多かったためか、多くの方が「東北をなんとかしよう!」と真剣に考えていました。震災の影響が少なかった地域にいた私は、自分のビジネスの成長とスキルアップを目指してグロービスの門を叩いていましたが、自分の思考の小ささ、背負うもの軽さを感じ、「自分には何ができるのか?」と何度も考えさせられました。今の私には志がありますが、それは最初からあったものではなく、この仲間たちからの影響があってようやく行きついたものです。

こうした授業の面白さ、仲間との出会いによって、グロービスMBAを選択することにしました。

学びだけでなく、仕事の相談もできる濃い仲間の存在。

グロービスで学ぶ魅力は何でしょうか?

1つは、経験豊富な教員陣からリアルな学びを得られることです。教員は、実際にビジネス経験が豊富な方ばかりで、グロービスでしか聞けないようなディープな内容を学ぶことができます。

もう1つが、人的ネットワークです。1つの業界に長くいると、その業界の仲間は増えるものの、異業種の方と触れ合う機会はなかなか持つことができません。そのような中で、グロービスでの出会いは貴重です。業界や地域を超え、互いに高め合える仲間と出会うことができました。グロービスの仲間は繋がりが強いと感じます。私自身、授業だけでなく、仕事で分からないことに対するアドバイスをもらったり、人やサービスを紹介してもらったりと、ビジネスに直結する援助を多くいただきました。

学んだことを最大限活かして、地域に貢献するのが使命。

卒業後、仕事に対する姿勢や進め方に関して何か変化はありましたか?

責任と自覚が芽生えました。グロービスで教えていただいた中の1つに、「学んだことに対する責任」という言葉があります。MBAを志し、実際に学ぶには、会社や家庭の協力が不可欠です。そうした協力によって恵まれた機会を最大限に活かし、最大限に貢献すべきである――そう受け取っています。
私の役目は、自分のビジネスを通して、自分の故郷や業界をさらに良くしていくこと。さらには、これらの役割を通して、日本への貢献につなげていきたいと考えています。自分のビジネスが東北や日本への貢献に通じていると感じることで、会社にはさらに活気が出てきます。

日本や世界を視野に置いてビジネスに従事している仲間から強い刺激を受け、地域ビジネスを生業としている私も、広い視野や高い視座で考えられるようになりました。

可能性を信じ、進化する自分自身に出会えた。

グロービスのMBAで得たものを一言で表現すると何になりますか?

「自分の可能性」です。入学後まもない授業で、教員から「可能性を信じ続ける」という言葉をもらいました。学長の堀さんの「可能性を信じる」という言葉をさらに進化させたものだそうです。

私は30代になって一通り仕事ができるようになった段階で、新入社員のように貪欲に学ぶことが少なくなったと感じていました。しかし、グロービスでは目から鱗の体験ばかりで、自分の非力さと同時に、自分の可能性、伸びしろの大きさを教えてもらいました。可能性という言葉を自分に引き当てて考えさせてくれたグロービスと教員の皆さんに、心から感謝しています。「可能性を信じ続け」て、まだまだ進化する私を楽しみにしていてください。

グロービスなら生きた学問が学べる。

グロービスへの出願を考えている皆さんにメッセージをお願いします。

私は、学校の勉強が本当に嫌いでした。しかし、グロービスのMBAに限っては、毎回ワクワクしながら学ぶことができました。この違いは、グロービスMBAが生きた学問であり、経営について今悩んでいる事柄を解決できるものだったからです。アカデミックな内容よりも、リアルな学びを追求し、答えのない問題に自ら答えを出し続ける訓練の場でした。共に成長し合うことができ、仕事の悩みも打ち明けられる、最高の仲間にも出会えました。

今の自分を変えようとしている方、リーダーとして組織を変革しようとしている方は、ぜひ挑戦してください。大きな成果を手にすると同時に、今まで知らなかった自分の可能性を発見できると思いますよ。

他の学生の声を見る

聞きたい質問項目

所属キャンパス

条件を追加する

業種

職種

役職

受講方法

受講のきっかけ

在校生・卒業生

性別

その他