グロービス・ビジネスナレッジ

GLOBIS 知見録PICK UP

「IT×ビジネス」のトレンドを学び、実務の課題解決につなげる ――グロービス経営大学院・公認クラブ「実践ITビジネス勉強会」 幹事インタビュー

2019年12月19日

  • イベント
  • クラブ活動
  • テクノベート
  • 創造
  • グローバル
  • 先進事例
クラブ活動 実践ITビジネス勉強会 活動レポート

グロービスの学生が、共通の目的や問題意識を持つ仲間と自主的に取り組むクラブ活動の活動事例紹介。


ITに関する知識や技術は、今やビジネスパーソンの必須スキルだ。日々進化する先端テクノロジーの最新情報に常にアンテナを張り、実務に活用しようとする人も多いのではないだろうか。


2017年に設立したグロービス経営大学院・公認クラブの実践ITビジネス勉強会では、IT技術に関するインプットやナレッジの蓄積にとどまらず、それらを実際に組織の中で活用することを目的に掲げ、IT×ビジネスをテーマに勉強会やセミナーを定期的に開催している。東京校とオンラインを活動拠点に、現在は幹事団9名とクラブメンバー622名(2019年4月現在)が所属している。

3か月に1度の頻度で実施される勉強会やセミナーでは、各分野のトップスペシャリストを招き、IT×ビジネスをテーマに業界の取り組みや成功談をパネルディスカッション形式で紹介。これまで、「データ分析と個人情報の取り扱い」「RPA(作業効率化)」「リアルタイム動画コミュニケーション」などのテーマが取り上げられた。


代表幹事を務める谷本浩治氏(2014期)に本クラブの概要や、活動に込めた想いを伺った。

ITが苦手な人でも明日から実践できる学びを提供したい

クラブ名でも掲げている「実践」へのこだわりについて、谷本氏は以下のように話す。


「グロービスには、ITをテーマにした公認クラブがすでにいくつか存在しますが、私たちはその中でも、『ITが本職ではないけれど学びたいと考えている人』に対してアプローチしています。たとえばITを活用した事業の推進が求められているけれど、ITがいまひとつわからないマネジメント職など。そういう人たちに向けて、明日からでも実践できる学びを提供し、実際の組織に導入することをめざして活動しています。そのため勉強会やセミナーの登壇者には、テーマに関する講話だけでなく、参加者自身がアウトプットを生み出せるワークショップや活用事例を紹介してもらうなど、具体的かつ実践性を意識したプログラムの提供をお願いしています」


谷本氏はコンサルタント業務に従事しており、現場や日々のニュースから勉強会やセミナーのテーマとなりそうなヒントを得ることが多いそうだ。ほかの幹事団メンバーがテーマを提案することも多く、その中から参加者が興味を抱きそうなテーマを話し合い決定する。先に登壇者を決めてそこからテーマを設定することも多いという。


「『この登壇者に、こういった内容について話してもらえないか』という視点で考えることも多いですね。ありがたいことにグロービスの学生・卒業生や教員には有識者が多く、幹事団も顔の広い人ばかり。グロービスのネットワークの多様性をいつも実感しています。また、クラブメンバーが困っていることや知りたいことは何かを想像しながら、そこからテーマを設定することもありますね。」


そう話す谷本氏がクラブ運営でもっとも大切にしているのは、自分たちが一番楽しむこと。幹事団の中で関心の高いテーマを、優先して選ぶこともあるという。実際にセミナーを取材すると、参加者はもちろん登壇者や幹事団も楽しみながらディスカッションする様子が見られ、盛況ぶりがうかがえる。


「勉強会をきっかけに、ビジネスでの成果につながった事例も出てきています。参加した誰もが『来てよかった』と思える場を提供したいので、こうした声を聞くのはとても嬉しいですね。私自身もクラブ運営を通して仕事に活用できる知識を得られ、とてもありがたいと感じています」


ちなみに谷本氏は起業から2期目を迎えたばかり。忙しい身にもかかわらず、クラブ運営に精力的に取り組む。その源泉はどこから来ているのか?

「大きく2つあります。1つ目は、私自身がこれまでイベントへの参加やそこで築いたネットワーキングを通して、たくさんの出会いや経験に恵まれてきました。さまざまな人からもらったものをいつかどこかで返したいという強い想いがクラブ運営につながっています。2つ目は、幹事団に恵まれたことです。自分にはない知識をもっている仲間がたくさんいるので勉強になりますね。このクラブは、それぞれが『自分たちが一番楽しもう』というマインドで動いているので、私がみんなを引っ張るというより、みんなの声を私が集めて運営していると言った方が近いかもしれません。一人で気負うことなく、幹事団全員でクラブを推進しているところが、長く続けられる理由です」


最後に、実践ITビジネス勉強会にまだ関わったことのない方に向けて、メッセージをいただいた。


「我々、幹事団も毎回楽しみながら運営していますので、ぜひみなさんも一緒に楽しもう!という気持ちで気楽に参加してもらえたら。そのためにどんなテーマで、どんな講師から話を聞きたいのかをリクエストしていただけると私たちも嬉しいです。IT技術に詳しい人もそうでない人も、ぜひ一緒に楽しみましょう!」


「実践ITビジネス勉強会」が主催するセミナーのイベントレポートはこちら

「実践ITビジネス勉強会」とは

IT技術やナレッジのインプットだけに留まらず、ビジネスで実践し課題解決することを目的としたクラブ。「IT×ビジネス」をテーマに、業界の取り組みや成功談をパネルディスカッション形式で紹介する勉強会やセミナーを開催している。

クラブ活動とは

社会の「創造と変革」に貢献することをテーマに掲げ、グロービスの学生が自主的に取り組む活動です。共通の目的や問題意識を持った同志が集い、それぞれのクラブが多彩なテーマで独自の活動を展開しています。学年の枠を超えて、在校生と卒業生が知識や経験を共有し合うクラブ活動は、志を実現につなげるための場として、大きな意味を持つものとなっています。


グロービスのクラブ活動一覧はこちら

クラブ活動実践ITビジネス勉強会 活動レポート

RELATED CONTENTS

MOVIE CONTENTS

グロービス経営大学院では、MBAプログラムの「体験クラス」をオンラインにて開催しています。

グロービス経営大学院では、MBAプログラムの「体験クラス」をオンラインにて開催しています。

実践性を重視したグロービス独自の授業スタイルをご自身の目で確かめてください。

  • LINEで送る

「IT×ビジネス」のトレンドを学び、実務の課題解決につなげる ――グロービス経営大学院・公認クラブ「実践ITビジネス勉強会」 幹事インタビューのページ。実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・横浜・水戸・オンラインでMBAプログラムを提供しています。