活躍する卒業生・在校生

学生の声

碓井 梨恵さん碓井 梨恵さん

eラーニングでは
決して得られない学び。

地方自治体
高校教諭

碓井 梨恵さん Rie Usui

PROFILE

筑波大学大学院人間総合科学研究科を卒業後、民間企業にて営業を担当。結婚を機に高校生のころからの夢であった、公立高校の保健体育教諭になり「子ども達によりよい教育を」をテーマに教育に従事している。教育の転換期を迎えた今、理想と現実のギャップを埋めるべく、自分にできることを模索。夫はJリーガー。4歳、4ヶ月の2児の母。現在、育児休業中。

※こちらの記事は、在学時のインタビューとなります

自分の志の達成のためにはMBAで学ぶ知識やマインドが必要。

― MBA取得を考え始めたきっかけや動機は何でしょうか?

教育分野で仕事をしている中で、「子どもたちの教育環境をよりよくしたい」と常々思ってはいたものの、「エネルギーと行動力だけが売り」という自分の力不足を日々感じていました。

独学の限界を感じていた中で、単科生としてグロービスの授業を受け、自分の志の達成のためにはMBAで学ぶ知識やマインドが必要だと考えたのが、MBA取得を検討し始めたきっかけです。

PCとインターネット環境さえあれば、どこでも受講が可能。

― なぜグロービスのMBAを選択されたのでしょうか?

私がグロービスを選んだ理由はいくつもありますが、いちばん大きな決め手は、「通学が困難な状況でも受講が可能」だという点です。オンラインMBAは、地方に住んでいる上に、子育て中で通学ができない私にも、学びの環境を用意してくれました。

PCとインターネット環境さえあれば、どこでも受講が可能です。通学に時間を取られることもありません。私は現在、生後4ヶ月と4歳の2児を育てながら受講していますが、授業開始10分前まで寝かしつけをしてから授業に出ることもあります。また、上の子を横で一緒に勉強させながら授業を受けることもあります。授業が終わればすぐ家事に取りかかることもでき、時間が有効活用できるという点が、大きな決め手となりました。

eラーニングでは決して得られない学び。

― 卒業後、仕事に対する姿勢や進め方に関して何か変化はありましたか?

私が考えるオンラインMBAの魅力は、2点あります。まずは「リアルタイムで対話型の授業」です。教員や学生とのディスカッションを中心に授業が展開される点です。

1人で予習し理解したような気になっていても、授業での議論を通じて、毎回自分の理解の浅さや視野の狭さに気づきます。これはeラーニングのような授業形態では決して得られないものだと感じています。

次に、「刺激的な学生が集まっている」点です。グロービスに集まってくる方は、向上心あふれる方ばかりで、また気持ちの良いコミュニケーションができる方ばかり。オンラインということもあり、私と同じように育児をしながら受講されている方も多くおられます。海外からの受講している方も多く、多様性にも富んでいます。仲間から日々刺激を受け、「自分もまだまだやれる」と考え行動しているうちに、いつのまにか自分の限界値が上がっている――そんな実感があります。

なによりもまず「やらないこと」を決めた。

― グロービスで学ぶ魅力は何でしょうか?

私の懸念点は「時間の確保をどうするか」と「自分に投資するよりも子どもに投資すべきではないか」という2点でした。

これらを解消するために、まず「やらないこと」を決めました。2人の子育て中は、想像以上に自分の時間がありません。そのため、「やらないこと」を決め、家事はできるだけ自動化し、子どもが起きている時間は全力で子どもに向き合うことにしました。子どもが寝てから勉強すると割り切ることで、時間の問題を解消しました。

また、自分へ投資することに関しては、覚悟を決めるしかありませんでした。結果を出せるかどうかは、自分次第です。幸い私は、夫の理解と協力を得て受講できています。投資分を回収し、子どもたちに還元できるようにと、前のめりになって学んでいます。

常に課題の本質を探るようになり、アウトプットの質が向上。

― 出願するにあたっての懸念点はどのようなものでしたか?

本科に入学してからは育休中であるため、業務へ活かすという状況にはまだありませんが、単科生として学んでいた際に、多くの変化を実感していました。

大きな変化は3つあります。まずは、課題の本質を捉える意識がついたことで、業務の優先順位や求められている内容を踏まえた仕事ができるようになり、アウトプットの質が上がったと感じています。2つ目は、多様なバックグラウンドを持った学生とディスカッションを重ねたことで、仕事においても多様性を受容できるようになってきた点です。最後に、意思決定の際の判断軸が明確になり、ブレがなくなってきました。

成長意欲あふれる仲間と学ぶことで、自分の行動やマインドもよい方向に変化しつつあります。

迷っているなら、ぜひ飛び込んで、ご自身の目で見て、肌で感じてください。

― 入学後、仕事に対する姿勢や進め方に関して何か変化はありましたか?

まずは単科生として学び、グロービスがどんなところなのかを肌で感じてみてほしいと思います。疑問や不安を感じたとしても、共に解決策を考えてくれる気持ちのよい仲間たちが、グロービスにはたくさんいます。自分が何をしたいのかが明確になっている方も、何をすればいいのかがわからないという方も、自分自身に何か不足を感じているのであれば、グロービスに飛び込んでみてください。きっと変化のきっかけになるはずです。

私も、本科生として学び始めたばかりですが、グロービスで学ぶことで新たに得られるものは多さに日々ワクワクしています。迷っているなら、ぜひ飛び込んで、グロービスで学ぶことの価値をご自身の目で見て、肌で感じてください。皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。

他の学生の声を見る

グロービス経営大学院では、MBAプログラムの「体験クラス」を全国7つのキャンパスとオンラインにて開催しています。

グロービス経営大学院では、MBAプログラムの「体験クラス」を全国7つのキャンパスとオンラインにて開催しています。

実践性を重視したグロービス独自の授業スタイルをご自身の目で確かめてください。

  • LINEで送る

碓井 梨恵さんのページ。実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・横浜・水戸・オンラインでMBAプログラムを提供しています。