活躍する卒業生・在校生

学生の声

死ぬまで付き合いたい
と思える仲間に出会えた。

鉄道会社

武田 智明さん Tomoaki Takeda

武田 智明さん武田 智明さん

PROFILE

中央大学経済学部卒業後、某地方自治体に入所。農業振興事業、予算編成、地方債借入などに従事。その後、鉄道会社へ転職。現在は、地方自治体等との社外協議、建設工事のプロジェクトマネジメント、経営計画の策定に携わる。

※肩書はインタビュー当時のものです

MBAは自分には敷居が高いと思っていた。

― MBA取得を考え始めたきっかけや動機は何でしょうか?

「MBA」というものを初めて意識したのは、社会人になって3年から4年たったころでした。雑誌や書籍で取り上げられるエリートビジネスパーソンの経歴欄に書かれた「○○大学ビジネススクールにてMBA取得」といった記載を見ては、「MBAを取れば、俺もキャリアアップでき、ビジネスで活躍できるのかな」と簡単に考えていました。

ただ、自分が挑戦するには敷居が高いとも思っていたため、MBA取得に向けた具体的な行動を起こすこともなく、ただただ目の前の仕事と向き合う社会人生活を送っていました。

体験クラスで、自分の力不足を痛感した。

― なぜグロービスのMBAを選択されたのでしょうか?

30代になってから、今の会社に転職しました。しかし、転職してすぐに戸惑いました。会社の文化や仕事の進め方が全く違い、社会人としての自信さえ完全に失いそうになりました。そんなときに出会ったのが、グロービスの体験クラスの「クリティカル・シンキング」でした。

体験クラスでは教員の方から投げかけられる質問に答えられず、たとえ答えを絞り出したとしてもそこからさらに問いを投げかけられ、何も返せない――自分の力不足を痛感しました。しかし同時に「ここで徹底的に自分を鍛えたら、自信を持てるかもしれない。どんな仕事にも立ち向かっていける武器を手にできるかもしれない」と強く感じました。

この出来事がグロービスの門を叩くきっかけとなり、そのまま本科入学を決めました。

ビジネスパーソンとして求められる武器を自然と身につけられる。

― グロービスで学ぶ魅力は何でしょうか?

「徹底的に考え抜き、絞り出した自分の意思決定をクラスでぶつけ、議論する」ことにあると思います。企業(特にドメスティックな企業)に勤めている人にとって、年齢や肩書きに関係なく、自分の意見をぶつけ、議論するのはなかなか難しいことです。しかし、これからも長く働き続ける者に求められるのは、「自ら考え、意思決定をし、そして他者をリードする」ことではないでしょうか。

グロービスでは、どの授業においても「自分がこのケース(企業事例)の当事者なら、どのような意思決定をするか」「その意思決定をどうやって他者に説明し、納得させ、実行するか」が問われます。この問いに答えるべく、徹底的に考え抜き、意思決定を下すプロセスを繰り返すことで、求められる武器を自然に身につけられる。それが、グロービスの最大の魅力だと思います。

仕事の進め方そのものがレベルアップした。

― 卒業後、仕事に対する姿勢や進め方に関して何か変化はありましたか?

どんな仕事に取り組むときでも、いきなり手を動かすのではなく、最初に仮説を立て、ストーリーを作るようになりました。このプロセスを踏むことで、「まず何をすべきか」が明確になり、仕事の手戻りが減っています。また、上司や同僚に業務の目的や進捗状況を説明する際、かつてはうまく説明できず、相手を困惑させることが多かったのですが、それがなくなってきたと感じています。

これらは本来当たり前のことかもしれませんが、その当たり前こそ難しく、なかなかできないことだと思います。それを私が自然と行えるようになったのは、グロービスで鍛えられたからです。仕事の進め方そのものがレベルアップしたと思っています。

死ぬまで付き合いたいと思える仲間に出会えた。

― グロービスのMBAで得たものを一言で表現すると何になりますか?

1つは、「知識の下地」です。人事組織、財務会計、思考、マーケティング、戦略といったビジネスに必須の領域をまんべんなく学べたことで、今後どの領域の仕事を任されたとしても、ある程度立ち向かっていける素地を手にできたと思っています。ここからさらにレベルアップできるかどうかは、実務での努力次第であることは言うまでもありません。

そしてもう1つは、「仲間」です。入学してから2年間、できる限り自分をさらけ出しました。そのおかげで、自分の話を真剣に聞いてくれると同時に、適切な助言・フィードバックをくれる仲間を得ることができました。死ぬまで付き合っていきたいと思える仲間に出会えたことは、グロービスで得た最大の財産かもしれません。

グロービスは仲間と互いに高め合う場。

― グロービスへの出願を考えている皆さんにメッセージをお願いします。

グロービスへの入学をご検討されている皆さんは、ご自身の何らかのビジネスにおける課題や悩みを1つでも多く解消するために、苦しんでいると思います。でも安心してください。ここには皆さんと同じように、苦しい境遇を経験し、修羅場をくぐり抜けてきた仲間や教員の方々がたくさんいます。

そして、皆さんの成長をどこまでも後押しし、課題に取り組み、悩みを解消するための支援やフィードバックをしてくれます。現状からさらに自分を高める場として、グロービスは本当に最適だと思います。ぜひこの場に飛び込み、ご自身をどこまでも成長させてください。

他の学生の声を見る

グロービス経営大学院では、MBAプログラムの「体験クラス」を全国7つのキャンパスとオンラインにて開催しています。

グロービス経営大学院では、MBAプログラムの「体験クラス」を全国7つのキャンパスとオンラインにて開催しています。

実践性を重視したグロービス独自の授業スタイルをご自身の目で確かめてください。

  • LINEで送る

武田 智明さんのページ。実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・横浜・水戸・オンラインでMBAプログラムを提供しています。