GLOBIS Articles

  • テクノロジー
  • イノベーション
  • テクノベートMBA

投稿日:2024年04月26日

投稿日:2024年04月26日

ディープラーニングとは?基礎知識や活用方法を解説

ディープラーニングとは?基礎知識や活用方法を解説

ディープラーニングとは

ディープラーニングは機械学習の一分野です。機械学習とは、コンピューターに大量のデータを読み込ませ、データ内に存在するパターンや規則性を抽出し、これらを基に新たなデータに対する予測や決定を行うプロセスを指します。ディープラーニングの特徴は、ニューラルネットワーク(NN)と呼ばれる、人間の脳の神経細胞(ニューロン)のネットワークを模倣した構造を使用して、複雑なデータセットから特徴やパターンを学習する点です。

この学習により、自動運転技術における道路標識の識別や、音声認識技術における音声からテキストへの変換など、多岐にわたる応用が可能になり、以前は不可能とされた高度なパフォーマンスを実現しています。ディープラーニングは人工知能分野において革新的な進展をもたらし、その影響は日々の生活や産業にも広がっています。

ディープラーニングの技術・仕組み

ディープラーニングは、上述のニューラルネットワークを用いる技術であり、その多層性から「ディープ(深層)ラーニング」と称されています。これまでの一般的なデータ分析では、入力されたデータを分析して関数等のパターンを導き出し、それを出力していました。

これに対してディープラーニングでは、入力と出力の間に中間層を設け、さらにこの中間層を複数作る(多層化)ことで学習精度を高めていくのです。例えば、入力データから1段目の層で分析した傾向やパターンを、2段目の層でさらに分析して傾向を掴み、3段目の層でさらに…という具合に分析を重ねることで、より複雑な問題を解決できるようになるのです。このプロセスにより、画像、テキスト、音声など多種多様なデータであっても、最終的に洗練された高解像度の分析結果を導き出すことが可能になります。

ディープラーニングの重要な要素

ディープラーニングの実施には、とくに重要な2つの要素が必要です。第一に「大量のデータ」の確保が欠かせません。限られたデータセットでは十分な学習が行えず、望ましい精度の高い結果の抽出が困難となるのです。例えば自動運転技術の開発には、数百万枚の静止画や数千時間にわたる運転映像が必要とされています。

第二にディープラーニングは「高い計算能力」を要求します。膨大なデータを同時に比較し分析するため、高性能なGPU(Graphics Processing Unit)が必須となります。また、消費電力も無視できません。これらを少しでも効率化・省力化するために、GPUとクラウドコンピューティングの組み合わせなどの工夫が図られています。

ディープラーニングが注目されるようになった背景

ディープラーニング自体は1980年代から存在する概念ですが、近年とくに注目を集めています。その背景には、昨今の技術力の向上などによってディープラーニングの処理能力が向上したことと、それによって現実に応用できる用途が広がったことが挙げられます。

処理能力が高まった

ディープラーニングの実行には、高度な計算能力を持つGPUや大量のデータが不可欠です。近年の技術革新により、従来に比べて時間やコストを大幅に削減しつつ大量の計算能力を持つGPUが実現しました。

また、膨大なデータを収集し処理する技術も同時に発達しています。これらによりディープラーニングは、人間の認識能力を凌駕する精度を備えるようになりました。とくに2016年、ディープラーニングを用いたコンピューター囲碁プログラム「AlphaGo」が、人間のチャンピオンに対して初めてハンデなしで勝利を収めたことは、その重要性と注目度を一層高めるきっかけとなりました。

現実への応用可能性が広がった

上記で示した能力の高さに加え、学習プロセスの時間短縮やユーザーインターフェース(GUI)の進化もあって、ディープラーニング技術はより広範なユーザー層にアクセスしやすくなり、その応用範囲が飛躍的に増しています。単にコンピュータの世界にとどまらず、後述のような活用例が示すように、現実世界を変えるインパクトが巨大だと見込まれているのです。

ディープラーニングの活用例

ディープラーニングはすでに私たちの生活に活用されており、多くの分野でさらなる研究と開発が進められています。とくに私たちの生活と関係の強い「自動運転」「音声認識」「医療研究」におけるディープラーニングの活用事例を紹介します。

自動運転

自動運転技術分野において、ディープラーニングは重要な役割を果たしています。この技術を用いて、センサーからの入力データ(画像や動画)を解析し、車両とその周囲環境を理解するための情報を抽出し、適切な運転判断を自動で行います。ディープラーニングは、これらのデータを継続的に学習します。クラウドに蓄積された情報との照合を通じて、交通標識の認識、障害物や歩行者の検出、運転ルートの最適化、事故回避などの自動運転機能の精度を向上させるために利用されます。

音声認識

音声認識分野において、ディープラーニングはその核となる技術のひとつです。この手法は、膨大な量の音声データおよび会話パターンを学習し、地域、性別、年齢に応じた言語特性やパターンを把握することで、音声をテキストに変換する精度を著しく向上させています。スマートフォンの音声アシスタント機能や自動通訳システムなど、日常生活においてディープラーニングに基づく音声認識技術が広く活用されていることは、その応用範囲の広さを示しています。

医療研究

医療領域におけるディープラーニングの応用は、画像診断、病気予測、治療法の開発において顕著な進歩をもたらしています。とくにMRIやCTスキャンなどの医療画像の解析では、ディープラーニングが早期異常検出と診断精度の向上に寄与しています。

例えば、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の研究チームは、ディープラーニングに最適化された高次元データセットを生成できる高精度顕微鏡を開発し、がん細胞の自動検出に成功しています。この技術は、複雑なパターンや関連性を学習し、医療データから重要な情報を抽出する能力を示しており、将来の医療診断や治療の質を高める可能性を秘めています。

ディープラーニングと機械学習の違い

ディープラーニングは機械学習の手法のひとつであり、重要な特徴を持っています。一般的な機械学習では、特徴量(分析対象データの中の、予測の手掛かりとなる変数のこと)の選択とデータの分類を人の手によって行う必要がありますが、ディープラーニングではこれらのプロセスが自動化されています。この方法はネットワークを利用し、データ自体から直接特徴を学習することが可能です。結果として手動での特徴量選択が不要となり、データ解析の効率が飛躍的に向上します。

また従来の技術では、データ量の増加に伴い情報の抽出精度や量に限界がありました。しかしディープラーニングは、データ量の増加に応じて情報の精度と処理速度が向上し、より精密な分析が可能になるという特性を持っています。このため、複雑かつ大規模なデータセットを扱う際に、ディープラーニングは他の機械学習手法に比べて優れた成果を示すことが多いです。ディープラーニングの自動化とデータ処理能力の高さは、その学習アルゴリズムの核心的な利点として認識されています。

▼「機械学習」について詳しく知りたい方はこちら
機械学習とは?仕組みやディープラーニングとの違いを紹介

「グロービス経営大学院」でビジネスに必要なスキルを身に付けよう

テクノロジーの変化が激しい現代においては、ビジネスの意思決定を行う上で機械学習や人工知能(AI)の知識が不可欠となっています。テクノロジーによる産業構造の変化や競争原理・経済性原則を理解し、戦略を考える力が今後ますます求められるようになるでしょう。そうしたスキルを習得するためには、書籍や動画によるインプットだけでなく、ディスカッション形式の講座などアウトプットを行うことが重要です。

グロービス経営大学院では、実務経験豊富な教員陣のファシリテーションのもと、さまざまな人とディスカッション形式で学べるテクノロジー関連の科目を用意しています。これからのビジネスパーソンにとって機械学習やAIをどのように活用して問題解決していくか考える「テクノベート・シンキング」や、機械学習やAIが当たり前になった世界の企業戦略の定石を学ぶ「テクノベート・ストラテジー」などを提供しています。

こんな方におすすめです

  • 企業や組織のDXを推進するための知識やスキルを身に付けたい方
  • 環境変化やテクノロジーの進化に適応するための戦略を学びたい方
  • テクノロジーを活用した問題解決の考え方を身に付けたい方

まとめ

人工知能の核となる技術であるディープラーニングに関して、詳しく解説しました。ディープラーニングはその高度な認識能力により、自動運転や音声認識など日常生活に不可欠な技術分野で大きな注目を集めています。データの蓄積が進み、コンピューターの処理能力が向上するにつれて、ディープラーニングの重要性はさらに増していくと考えられます。この技術の進展は、今後の社会や技術革新における鍵となるでしょう。

体験クラス&説明会日程

体験クラスでは、グロービスの授業内容や雰囲気をご確認いただけます。また、同時開催の説明会では、実際の授業で使う教材(ケースやテキスト、参考書)や忙しい社会人でも学び続けられる各種制度、活躍する卒業生のご紹介など、パンフレットやWEBサイトでは伝えきれないグロービスの特徴をご紹介します。

「体験クラス&説明会」にぜひお気軽にご参加ください。

STEP.1参加方法をお選びください

ご希望の受講形式と同じ形式での参加をおすすめしています。

STEP.2参加を希望されるキャンパスをお選びください

STEP.3日程をお選びください

絞り込み条件:

  • 7/27(土) 13:00~16:00

    オープンキャンパス

    開催:オンライン(Zoom開催) ※体験クラス・卒業生スピーチあり
    本科入試検討者・グロービスMBAの特徴を確認したい方向け

  • 8/10(土) 10:00~12:15

    体験クラス&説明会

    開催:オンライン(Zoom開催) ※卒業生スピーチあり
    単科で1科目から学びたい方・グロービスMBAの特徴を確認したい方向け

  • 8/15(木) 19:30~21:30

    体験クラス&説明会

    開催:オンライン(Zoom開催)
    単科で1科目から学びたい方・グロービスMBAの特徴を確認したい方向け

該当する体験クラス&説明会はありませんでした。

※参加費は無料。

※日程の合わない方、過去に「体験クラス&説明会」に参加済みの方、グロービスでの受講経験をお持ちの方は、個別相談をご利用ください。

※会社派遣での受講を検討されている方の参加はご遠慮いただいております。貴社派遣担当者の方にお問い合わせください。

※社員の派遣・研修などを検討されている方の参加もご遠慮いただいております。こちらのサイトよりお問い合わせください。