グロービス・ライブラリー

  • テクノロジー
  • あすか会議
  • 動画
  • 新型コロナ
  • 知見録PICK UP

2022年10月19日

2022年10月19日

スポーツ産業が与える地域経済・社会へのインパクト~西村大介×松下浩二×山谷拓志×山下智弘×西恵一郎

西村 大介
株式会社茨城ロボッツ・スポーツエンターテインメント 代表取締役社長
松下 浩二
株式会社VICTAS 代表取締役社長
山谷 拓志
静岡ブルーレヴズ株式会社 代表取締役社長/株式会社茨城ロボッツ・スポーツエンターテインメント 取締役
山下 智弘
リノベる株式会社 代表取締役社長

モデレーター

西 恵一郎
株式会社グロービス マネジング・ディレクター/顧彼思(上海)企業管理諮詢有限公司 董事

視聴時間 01:00:14

あすか会議2022
第4部分科会【地域・組織】「スポーツが与える地域経済・社会へのインパクト~リアルとテックで地域に貢献するスポーツの底力とは~」
(2022年7月2日開催/国立京都国際会館)

コロナ禍で大打撃を受けたスポーツ産業だが、逆境下でテクノロジーの活用を進めてビジネスモデルを多様化し、レジリエンスを高めている事例も数多い。新しいテクノロジーの活用やスタジアム、アリーナのリアルなアセットの進化などによって地域の経済や社会を盛り上げるスポーツの今と未来を展望する。(肩書きは2022年7月2日開催当時のもの)

西村 大介

株式会社茨城ロボッツ・スポーツエンターテインメント 代表取締役社長

京都大学教育学部卒

2000年 東京海上火災保険株式会社入社
2004年 株式会社グロービス入社
2006年 京都大学アメリカンフットボール部コーチ就任
2009年 株式会社G-assist設立(就活支援・学童保育・学習塾)
2011年 京都大学アメリカンフットボール部監督就任
2018年 株式会社滋賀レイクスターズ 代表取締役社長就任
2020年 株式会社長崎ヴェルカ 事業責任者就任
2021年 株式会社茨城ロボッツ・スポーツエンターテイメント 副社長就任

松下 浩二

株式会社VICTAS 代表取締役社長

明治大学卒業。
早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修士課程取得。

日本人初のプロ卓球選手となり、スウェーデン、ドイツ、フランスの欧州3大リーグを経験後、中国リーグに初参戦した。

4大会連続五輪日本代表(1992年~2004年)。

卓球プロリーグ、Tリーグ元チェアマン。

現在は卓球メーカー株式会社VICTAS代表取締役社長

山谷 拓志

静岡ブルーレヴズ株式会社 代表取締役社長/株式会社茨城ロボッツ・スポーツエンターテインメント 取締役

JAPAN RUGBY LEAGUE ONE DIVISION 1に所属するプロラグビークラブ「静岡ブルーレヴズ」代表取締役社長。

1970年生まれ 慶應義塾大学経済学部卒業。

1993年リクルートに入社し営業職や企画職に従事。アメリカンフットボールチーム「リクルートシーガルズ(現・オービックシーガルズ)」の選手としても活躍し、1996年度・98年度日本選手権(ライスボウル)優勝。2000年に選手引退ならびにリクルート退職後シーガルズのアシスタントGM兼オフェスコーチに就任し2002年度日本社会人選手権優勝。
その後リンクアンドモチベーション勤務を経て、2007年に「栃木ブレックス(現B1リーグ所属・宇都宮ブレックス)」を創業。設立から3年目で田臥勇太選手を擁し日本一となり3期連続で黒字化を達成。日本トップリーグ連携機構による優秀GM表彰「トップリーグトロフィー」を2008年・09年と2年連続で受賞。
日本バスケットボールリーグ専務理事を経て、2014年より「つくばロボッツ(現B1リーグ所属・茨城ロボッツ)」の社長に就任。経営を再建し2021年にB1リーグ昇格を果たす。2020年「スポーツビジネス大賞ライジングスター賞」を受賞。
2021年6月から現職。2021年9月日本サッカー協会100周年功労表彰。スポーツマネジメント分野における専門家としても注目を集め「スポーツ経営論」 「スポーツによる地方創生」 「モチベーションマネジメント」などをテーマに講演・著書・寄稿など多数。元アメリカンフットボール日本代表選手。

山下 智弘

リノベる株式会社 代表取締役社長

1974年、奈良県生まれ。大学卒業後、社会人ラグビーを経て、ゼネコンに入社、建築の面白さを知る。建築・建設業に携わる中で、建てては壊す「スクラップ&ビルド」を繰り返す日本の現状を目の当たりにし「自由な空間をもっと手に入れられるような世の中をつくろう」と独立を決意。
その後、デザイン事務所・不動産・家具職人・大工などを経て、2010年、拠点を東京に移し、リノベる株式会社設立、代表取締役就任。「日本の暮らしを、世界で一番、かしこく素敵に。」というミッションのもと、3つのリノベーションプラットフォームを構築している。
1つ目は、個人のお客様に住宅リノベーションを提供する「住宅リノベーションプラットフォーム」だ。日本全国の不動産、設計事務所、工務店、インテリア、金融機関まで網羅するパートナーネットワークを拡充し、お客様と事業者の最適なマッチングを行う。国内No.1の実績を有する中古マンション探しとリノベーションのワンストップサービス「リノベる。」などを通して、自分らしい暮らしの実現をサポートしている。そして、法人向けにCRE推進や有効活用ソリューションを提供する「CREリノベーションプラットフォーム」と、パートナー企業向けに提供する「リノベDXプラットフォーム」がある。累計4,000戸超の実績を活かし、リノベーションに関わる事業者のDX化を推進することで、日本中のストックの流通や活用を後押ししている。

2020年には一般社団法人リノベーション協議会 代表理事に就任。テクノロジーを活用した豊かな暮らしを推進する。

モデレーター

西 恵一郎

株式会社グロービス マネジング・ディレクター/顧彼思(上海)企業管理諮詢有限公司 董事

早稲田大学卒業。INSEAD International Executive Program修了。

三菱商事株式会社に入社し、不動産証券化、物流、商業開発のプロマネ業務に従事。B2C向けのサービス企業を立ち上げ共同責任者として会社を運営。グロービスの法人部門にて組織開発、人材育成を担当し、多くの組織変革を担う。従事。グロービス初の海外法人を立上げ、現地法人の経営を行う。現在はコーポレート・エデュケーション部門マネジング・ディレクター兼中国法人の董事を務める。経済同友会 中国委員会副委員長(2018、2019)、中国交流プロジェクトチーム委員(2020)