名古屋校

名古屋校学生ブログ

    • ◆MBA生活

    【MBA生活】パンドラの箱~遠方通学を通して得た成長機会~

    【名前】渡辺 陽 【勤務先】テバ製薬株式会社      営業・マーケティング本部      名古屋支店 名古屋第二営業所 【入学年】2012年 こんにちは、GMBA2012期生の渡辺陽です。 現在、製薬メーカーで、浜松地区を中心にMRとして医療機関へのジェネリック医薬品の プロモーション活動を行っています。浜松から名古屋のグロービスに通っている私の、 時間の使い方の工夫、グロービス生活について、簡単にご紹介させていただきます。 ■学び始めたきっかけ 競争が激化している製薬業界の中で、チームを牽引する役割が期待されていた私には、 リーダーとしてのスキル・マインドが必要だったのですが...
    • ◆MBA生活

    【MBA生活】家族や仲間と一緒に成長を実感できる場

    【名前】神田 たくみ 【勤務先】外資系医療機器メーカー 【入学年】2013年 みなさんこんにちは! GMBA名古屋2013期の神田たくみと申します。 わたしは外資系医療機器メーカーの営業です。 東海地方の担当エリアにおいて医師や看護師、理学療法士といった 医療従事者やディーラーに自社製品を提案したり、導入後の手術用品や 看護・リハビリテーションで使用する器具の説明会をしたりしています。 2012年10月から単科生としてグロービスに通い始め、2013年4月に入学しました。 これまで8年以上法人営業をしてまいりましたが、今のままの自分に安住しているだけでは その先のキャリアを描くこ...
    • ◆MBA生活

    【MBA生活】ゴルフコーチとMBA

    2012期生の大矢隆司(おおやたかし)です。 2005年7月に株式会社GEN-TEN ENTERPRISE(http://www.gen-ten.jp) という会社を共同で設立しました。 私達の会社は現在は東京、名古屋、大阪の3都市圏近郊のゴルフコースと契約して 年間1500回以上のゴルフレッスンを開催していて、 私は事業責任者として経営に携わっています。 グロービスとの出会い: 設立当時は25歳という年齢だった事もあり、 体力と情熱だけで仕事をしてきましたが、 5年目をむかえる頃から次第に従業員が増え、取引先が増え、 自分だけではこなせないボリュームになりました。 その頃は私のマネ...
    • ◆MBA生活

    【MBA生活】自分の人生は自分で決める。その過程にMBAがありました。

    2010期 稲木孝至 こんにちは。グロービス2010期生の稲木孝至です。 私は㈱LIXILという会社で、営業をしています。 今年3月には必要な単位をすべて習得し、 MBAホルダーとして卒業する予定です。 今回卒業を前にして、この3年間を振り返り、 これからMBAを目指す、もしくは目指したい方々に対して、 本音のメッセージを残させていただくことにしました。 長文ですが、ご一読いただくことで何か参考になればと思います。 ■MBA取得の動機 受講前の私は、異動で新たなポジションと (今から思うと)大きな機会を頂きましたが、 正直、新しい仕事の進め方や考え方にチャレンジすればするほど...
    • ◆MBA生活

    【MBA生活】なぜ、MBAに進み、そして何を得たのか

    はじめまして、2011期生の今村和彦です。 私は、JU岐阜(岐阜県中古自動車販売商工組合)というところで、 自動車のオークション会場の運営スタッフをしています。 私がグロービスに通い始めたのは2008年7月期でした。 自分のskillを磨くために グロービス・マネジメント・スクール(GMS)の門を叩きました。 その時は、私には大学院は全く関係ないものだと考えていました。 それが今、どうして大学院で学んでいるのか、 その経緯と得たことをお話したいと思います。 初めて受講したのは「クリティカル・シンキング」。 「わかる」と「できる」は違うということを身をもって知り、 衝撃を受けました。...
    • ◆MBA生活

    【MBA生活】「答えは人に決めてもらうものではなく、自分で出すもの。」グロービス3年間でのマインドセット

    GMBA2010期生の堀之内です。 私は、父が経営する会社に役員として務めています。 当社は鉄鋼メーカーから調達した素材を加工し、 地区製造業への販売を行っています。 グロービスで学び初めてから3年近く経ち、 ゴールに向けて第4コーナーまで来た所です。 今回、このブログを通じて、 自分の3年間を振り返ってみることにしました。 ■グロービスで学ぶに至ったきっかけ きっかけは、2008年のリーマンショック。 仕事が激減した時、打ち手を何も見いだすことができず、 「経営戦略を学ぶことの必要性」を強く感じました。 ・新規開拓等一人でできることをしても大きな結果につながらない ・市況が...
    • ◆MBA生活

    【MBA生活】ケーススタディ「松岡英晃とROH経営」

     GMBA2009期 松岡 英晃 ※このブログは、松岡の独断と偏見により グロービス経営大学院のケース風に記載したものです。  ------------------------------------------------------------------------ 本ケースは、松岡英晃がグロービス経営大学院名古屋校/学生ブログ掲載用記事として作成したもので、その状況や、主人公の人間性に関する適否を例示することを目的としたものではない。転載・複製するような奇特な方は、たぶん、いないだろう。--------------------------------------------------...
    • ◆MBA生活

    【MBA生活】ヒトの30年を2年で経験できる場所がグロービスMBA

    GMBA名古屋2010期 武田剛至 ◆グロービスで学ぼうと思ったきっかけ 僕は、あるメーカーにて営業をしています。 グロービスに入学するまでは、 「営業は、取引先の業務を把握し、自社の製品を説明できればいい」 あとは、「熱い気持ちを持っていればいい」と思っていました。 そんな中、2008年ある出来事が起こりました。 リーマンショックの影響を受けて、 最終納入先の企業が「廃業」を発表したのです。 実は、廃業が発表されたその日、 数百万円する機械装置の打合せを予定していました。 すでに受注を決めており、納期進捗を確認している中で起こった出来事でした。 納入先の「廃業」が発表された後、経...
    • ◆MBA生活

    【MBA生活】MBA生となり、自分はどう変わったか、そしてどう変わっていくのか

    GMBA名古屋 2011期 日高 義雄 「P.E.と同程度のケースなら、3時間でできる。」 数年前のグロービスのキャリアセミナーで卒業生からこの言葉が出てきた時、 僕は激しい嫉妬と同時に、強い渇望感を抱いた。   P.E.(ピープル・エクスプレス)とは、 グロービス・マネジメント・スクール(以下、GMS)、大学院共に 最初に受講する事を推奨される科目「クリティカル・シンキング」の総仕上げとなる 実際の企業事例を用いたケース(当時)の事で、 僕が知る限り殆どの受講生が打ちのめされていた。 GMS生だった当時の僕は20時間以上費やしたにも関わらず、 事象を分解する事さえできなかっ...
    • ◆MBA生活

    【MBA生活】学びから実践へ ~グロービスが提供する「場」に触れて~

    2010年入学 宮地琢磨株式会社ビルコート 常務取締役ミヤ電子株式会社 常務取締役MIYA ELECTRONICS(HK) LTD 取締役議長就任予定 グロービスに入学し、1年が経つ。 この1年をグロービスが提供する場に当てはめて自分自身を振り返ってみたいと思う。 グロービスが提供する場は以下の3つである。 1. 理論と実践を融合した能力開発の場2. 将来にわたる人的ネットワーク構築の場3. 自らの志と生き方を見つける場 僕は貧乏性なので、どこまでこの場を有効に活かせたかを自分の言葉で表現したい。 まずは、ケースメソッドを用いた能力開発だ。これは非常に大変である。 1クールに3科目受講をする...