活躍する卒業生・在校生

学生の声

坂田 卓也さん坂田 卓也さん

営業から経営企画へ。
グロービスでの学びがなければ、
叶えられなかった。

凸版印刷株式会社
経営企画本部フロンティアビジネスセンター戦略投資推進室 主任

坂田 卓也さん Takuya Sakata

PROFILE

青山学院大学卒業後、凸版印刷入社。出版、広告、玩具、ゲーム、駐車場、カーシェアリング、コミュニケーションプラットフォームなど幅広い業界のマーケティング・新規事業支援に携わる。2014年4月より経営企画に異動し、経営戦略部に所属。次世代の事業の柱を構築するべく、社内の新事業支援を実施。2016年より、戦略投資推進室にて、新事業創出を目的としたベンチャー投資およびM&A業務に従事。

※肩書はインタビュー当時のものです

将来への漠然とした不安から、能力開発の必要性を感じた。

― MBA取得を考え始めたきっかけや動機は何でしょうか?

漠然とした将来に対する大きな不安を抱え、能力開発の必要性を感じていたからです。将来への不安を抱えていたのには2つの理由があります。1つ目は、外部環境の大きな変化に対して周囲の人たちが、明らかに「動きはじめた」ことです。2008年のリーマンショック、2011年の東日本大震災と、大きな出来事が2つありました。それをきっかけに、周囲がNPOに転職をしたり、起業したりと、明らかに動き始めたのです。動き出す周囲の人間を見ているうちに、負い目を感じたり、何か動き出さなければと焦りを感じたりしたことを覚えています。

2つ目は、尊敬する上司が異動してしまい、目標を失ってしまったからです。自身の今後の成長をどのように描けばよいか――目標を見失ったことが、MBAを取得しようと考えるきっかけになりました。

教員は一流のビジネスパーソン。授業を受けるたびにスキルの向上を実感できる。

― なぜグロービスのMBAを選択されたのでしょうか?

いくつかの選択肢の中で、3つの理由からグロービスを選択しました。

1つ目は、授業毎にスキルの向上が実感できること。実践的な授業での学びを即実践し、そのまま自分のスキルにできることを、授業を受けるたびに実感しました。

2つ目は、教員が一流のビジネスパーソンであること。授業での学びだけでなく、グロービスに通った3年間は、教員から個人的にコンサルしてもらっているようなアドバイスや金言をもらいました。

最後に、麹町という物理的な通学のしやすさと、突然のトラブルで授業を休まざるをえない場合でも振替受講できる柔軟性のある仕組み。これも、グロービスを選択した理由です。

「実践力」を求める学生が生みだす圧倒的なエネルギー。

― グロービスで学ぶ魅力は何でしょうか?

グロービスには、アカデミックな知識をインプットするだけでは満足せず、ビジネスに必要な実践的なスキル習得を目的とする人たちが集まります。こうした人たちが生み出す場のポジティブなエネルギーが、グロービスの最大の魅力だと思います。働きながら学ぶことは、楽なものではなく、心が折れそうになることもありました。しかしそんなときにキャンパスに行き、成長意欲溢れる仲間と共に学ぶことで、自然とエネルギーをもらうことができました。

また、グロービスで学ぶ内容は、現実のビジネスとの距離が非常に近く、授業での気づきや描いた構想をすぐにビジネスに活かす機会がとても多いと感じていました。全国の学生で集まって議論する「あすか会議」やクラブ活動などで、外部の一流のリーダーから最先端の実践知を学ぶ機会があることも、ポジティブなエネルギーを生み出す源泉の1つだと思います。

営業から経営企画へ。グロービスでの学びがなければ、叶えられなかった。

― 卒業後、仕事に対する姿勢や進め方に関して何か変化はありましたか?

私は、在学中に営業から経営企画に異動しました。グロービスでの学びがなければ、部署内で飛び交う言葉を理解することができず、他のメンバーとコミュニケーションも取れていなかったはずです。グロービスでの学んでいなければ、この困難で挑戦的な異動を叶えることはできなかったと思っています。今は、グロービスでのあらゆる学びが、日々、経営企画の現場で活かすことができています。

さらに卒業後には、仕事の生産性・効率性が格段に上がりました。それに加えて、常に新しい学びを得たいという気持ちも芽生え、新しい仕事と学びにチャレンジし続けることができています。

リーダーとして持つべき「心・技・体」。

― グロービスのMBAで得たものを一言で表現すると何になりますか?

リーダーとして持つべき「心・技・体」を得ることができました。経営においては、その時は合理的ではないと判断されたものであっても、のちに振り返ると「正しい意思決定だった」という場合があります。時間軸や視座・視点を変えて考えてみると、選択肢はさまざま。経営の意思決定には、唯一絶対の解がない。しかし、そうした前提がありつつも、リーダーは意思決定し、情と理をバランス良く組み合わせ、人に動いてもらう必要があります。

私は、その楚でなる「心・技・体」の各要素をグロービスで学ぶことができました。経営に正解はありませんが、「最適解」は必ずあること、その解を実現するためには、「心・技・体」の充実が求められ、かつそれぞれを磨き続けることが必要であることを学びました。

何事にも前向きにチャレンジできる人生が待っている。

― グロービスへの出願を考えている皆さんにメッセージをお願いします。

私が今、何事にも常に前向きに挑戦できているのは、グロービスのおかげです。グロービスの学費は決して安いものではないかもしれません。そのため、費用対効果を本当に出せるのだろうか、学びと仕事と家庭を両立できるのかなど、出願にはたくさんの不安がつきものです。だからこそ、重大な意思決定である出願は、よく考えて決めるべきだと思っています。

挑み続ける限り、意思決定を迫られるのが人生です。出願の意思決定は、この先、必要とされる意思決定の最初の一歩なのかもしれません。逆に言えば、この一歩を踏み出すことで、チャレンジし続ける人生を切り開けるのです。

私もまだまだ成長途中であり、さらなる学びと成果を必要としています。皆さんと共に学び続け、日本、そして世界に貢献できる人材になりたいと思います。

他の学生の声を見る

  • LINEで送る

坂田 卓也さんのページ。実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・横浜・水戸・オンラインでMBAプログラムを提供しています。