活躍する卒業生・在校生

学生の声

勘や経験で意思決定している
自分の仕事の進め方に危機感。

株式会社メルカリ
カスタマーサービスマネージャー

與那嶺 真史さん Masashi Yonamine

與那嶺 真史さん

PROFILE

北九州市立大学卒業後、新卒採用支援事業や公的機関から受託したコールセンターの運用事業に従事。その後株式会社メルカリにおいてカスタマーサービス部門を担当。プライベートにおいても熊本地震や九州北部豪雨の被災地支援を継続的に行うなど、社会課題解決のためグロービスでの学びを生かしている。

勘や経験で意思決定している自分の仕事の進め方に危機感。

― MBA取得を考え始めたきっかけや動機は何でしょうか?

コールセンターの責任者になった際に自分の力不足を痛感し、もっと学ばなければならないと強く感じたことがきっかけです。

仕事はそれなりにうまくいき、施策を打てばしっかりと成果にもつながっていました。ただ残念なことに、その成功の根拠を自分自身でしっかりと理解していなかった――そう気づいたのです。成功の根拠を知らなければ、部下に正しい指導ができないのはもちろん、変化が激しい世の中にあってこれまでの成功を再現させることもできません。多くの意思決定が勘や経験によってなされているという自分の仕事の進め方に危機感を感じたので、少しでも早くこの状況から脱出したいと思い、体系的に学び始める決心をしました。

初めての授業で得たものは、期待していたよりも、もっと先にあるものだった。

― なぜグロービスのMBAを選択されたのでしょうか?

私はもともとMBAという学位がほしかったわけではありませんでしたので、いくつか興味のある科目を単科生として受講できればいいという程度に考えていました。そんな中、「クリティカル・シンキング」を単科で受講し始めたのですが、当初私は、学びのゴールは「たくさんのことを理解できるようになる」とイメージしていました。しかし、グロービスで求められ、そして得たものは、それよりももっと先にあるものでした。理解したものをいかに使いこなしていくか、が学びのゴールであり、そのために常に私たちにそれを問い続けてくれました。

そのおかげで2週間に1度の授業のたび、自分の仕事の進め方を良い方向へ変えていくことができました。そうした成長実感の積み重ねが、グロービスのMBAに挑戦するという決意につながっていったのです。

自らの志と向き合い、1歩ずつ行動していくことで得られる変化がある。

― グロービスで学ぶ魅力は何でしょうか?

「日本をもっとよくしたい」「世の中を変えたい」と本気で思い、行動を起こしている仲間や教員と本気でぶつかることができるのは、グロービスの最大の魅力だと思います。

私自身は、社会に出てしばらくたったころから、いつの間にか、夢や目標を口にするのをなんとなく気恥ずかしく感じるようになっていました。「社会のこのシステムは変えなきゃいけない」とか、「こういう困っている人たちを助けなければならない」と考えている自分がいる一方で、そのために動けない自分とのギャップに悔しさを感じていました。

ところが、グロービスで強く求められたのは、自らの志と向き合うことでした。逃げずに志と向き合い、一歩ずつ行動していくことで、自分が感じていたギャップを少しずつ埋めていくことができました。この変化は、グロービスならではのものだったと思います。

未経験の分野にも、物怖じせず、首を突っ込むことができるようになった。

― 卒業後、仕事に対する姿勢や進め方に関して何か変化はありましたか?

物怖じしなくなり、社内外のさまざまなところに遠慮なく首を突っ込むことができるようになりました。たとえそれが未経験の分野であったとしても同じです。初めての経験は怖いものではなく、ワクワクするものだ、と考えるメンタリティを常に持ち続けられるよう、卒業後は特に意識をしています。

このマインドや行動のベースは「仕事をしながらグロービスを修了できるまで頑張った」という自信ではないかと思います。そこで手にした自信が、自分の行動をより能動的に、また積極的にしてくれていると実感しています。

今後のキャリアや人生の可能性が大きく広がった。

― グロービスのMBAで得たものを一言で表現すると何になりますか?

自信を得たことで選択肢を増やせたということ、また意思決定の判断基準を得たことです。これは知識や能力が向上することで得たものであり、たくさんの仲間のチャレンジを見たり応援したりする中で高めていけたものです。

思考の幅が広がり、選択肢が増えたことで、日々の業務における意思決定にとても役立っています。また自分の引き出しが増えたことで、今後のキャリアや人生の可能性が大きく広がりました。たとえば「Aをやる」と決めるときにも、「AしかないからAをやる」のと「たくさんの選択肢の中から最善だと思われるAをやる」のとでは、天と地ほどの違いがその結果に表れてくると感じています。

行動することで、状況が変わる。ぜひ一歩進み始めてください。

― グロービスへの出願を考えている皆さんにメッセージをお願いします。

成長したい、自分を変えたいという想いで皆さんがこのページを見ているのであれば、どんな小さなことでもいいので、まずは行動を起こしてみてください。「体験クラス&説明会」に行ってみたり、キャンパスにいる在校生に質問をぶつけてみたり、グロービスに興味があることを家族に伝えてみたりしてください。

ついつい、頭の中でいろいろ考え始めたり悩んだりして決断が遅くなってしまうことがあると思います。しかし、状況を前に進めるため、また何が正しいかを知るために必要なのは行動を起こすことだと思います。今から起こす行動が、皆さんを変える第一歩になることと信じています。

他の学生の声を見る

  • LINEで送る

與那嶺 真史さんのページ。実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・横浜・水戸・オンラインでMBAプログラムを提供しています。