市川 靖さん 市川 靖さん

MBAは自分ではなく、
家族を幸せにするもの。

  • 株式会社リクルート住まいカンパニー
  • 戸建流通営業統括部 仙台G営業リーダー

市川 靖さんYasushi Ichikawa

PROFILE

2006年に京都大学総合人間学部を卒業した後、現所属会社に営業職として入社。自社メディアの活用による不動産会社の販促活動のサポートから、事業戦略提案といったコンサルティング営業に取り組む。今後の成長スピードの鈍化に対する危機感からMBAへの進学を決意。仕事に学びに全力で取り組み、充実した日々を送る。


※こちらの記事は、在学時のインタビューとなります

職場で得られるスキル、知識、人脈に限界を感じた。

MBA取得を考え始めたきっかけや動機は何でしょうか?

それまでの私が抱えていた、2つの危機感からです。1つ目の危機感は、クライアントの期待に応えられなくなるのではないかというものです。日々クライアントの業績改善に対するソリューションを提案する中で、今の自分の知識とスキルに限界を感じていました。

2つ目の危機感は、職場で得られるスキルや知識、人脈が限定的であることでした。自分の成長スピードが鈍化してしまうのではないか不安を抱えていたため、さまざまなスキルを体系的に学ぶことができ、さまざまな人と出会えるMBAという場に魅力を感じ始めました。

最短で成長できるのがグロービスだった。

なぜグロービスのMBAを選択されたのでしょうか?

知人や同僚が受講していてベースの信頼があったという背景もありますが、いちばんの理由は、最短スピードで成長を実現するためにはグロービスMBAが最適だと思ったからです。すでに30代中盤にさしかかり、結果を求められて行く中で、自分に残された時間を考えると、最短スピードでの成長が必要だと考えました。その成長につながるのが「学び」と「実践」を同時に行うことでした。そのスタイルを提供していたのが、グロービスだったのです。

また、仙台校という存在があったことも、大きな要因でした。自分は高校時代を仙台で過ごし、今は転勤で、仙台で働いています。震災で傷ついた直後の仙台に、すぐにこうした場を作っていただき、また教員の方もスタッフの方も、自分たちの成長に全力を投じてくれる――グロービスというそんな存在が、非常に魅力的でした。

多様な仲間と学ぶことで生まれる「成長スパイラル」。

グロービスで学ぶ魅力は何でしょうか?

私にとっての魅力は大きく2つです。1つは、「学び」と「実践」が同時にできること。その「学び」の質の高さはもちろん、その翌日には学んだ内容を自組織の課題の解決やクライアントへの提案に活用できるので、自らの成長を感じることもできます。

もう1つの魅力は、多様な仲間との出会いです。グロービスではさまざまな業界・業種の方が学んでいて、皆ポジティブで、とても魅力的です。経営者の方もいらっしゃいますが、仕事では対等に話せないかもしれませんが、グロービスの場では同じ学生という同じ立場で、対等に本音で話せる機会があるのも、とても刺激的です。こうした刺激をたくさん受けることで、自分がもっと前向きになり、頑張れる――そんな正の成長スパイラルを起こしてくれるのも、グロービスの魅力の1つだと思います。

MBAは自分ではなく、家族を幸せにするもの。

出願するにあたっての懸念点はどのようなものでしたか?

誰もがそうだとは思いますが、私自身も、仕事と家庭とを両立できるかを気にしていました。皆が忙しい中で、いかに無駄な時間をなくし、時間を有効に活用していくかといった観点が必要になりました。こうした観点をもち、同時並行で実施するように努めることで、自分のタイムマネジメントスキルが日々磨かれるのを感じています。おかげで、仕事の生産性も高まったように思います。

また、MBAは自分の成長のためだけでなく、家族を幸せにするためのものでもあります。そういう想いをもって取り組み、還元しようとすることで、自分も家族も気が楽になりました。

「限界」を作らないことで仕事が面白くなった。

入学後、仕事に対する姿勢や進め方に関して何か変化はありましたか?

考え方そのものが、明らかにシャープになったと思います。起こっている事象の背景は何か、相手の言動の背景は何か――表面的ではなく、より真因を考えられるようになってきました。例えば部下からの質問に対しても、なぜこの結論に至るのか、をしっかり論理的に伝えられるようになりました。説明が分かりやすいと、部下も早く育つので、社内でも喜ばれています。

また、仕事上の「限界」を作らないようになりました。これまでは自分の中で諦めていたであろう仕事についても、MBAの学びを活かし、何とかしたいと考えるようになりました。学びを活かせば実現のための道筋もおぼろげながら見えるようになってくるので、以前よりも仕事が面白いと感じています。

一歩踏み出すことで、これまで見えなかった世界が見えてくる。

グロービスへの出願を考えている皆さんにメッセージをお願いします。

自分が本当にやっていけるか不安だと感じている方は、まずは「単科生制度」を利用してみてください。人の体験談を聞くのも参考になりますが、自分の体験に勝るものはありません。私自身、単科生制度を利用して実際に授業を受けてみたことで、これまでと違った世界が見えてきました。自分ひとりでどんなに書籍をたくさん読んだとしても、見えてこない世界です。これまでと違う環境に身を投じ、この学びに全力で取り組むことは、私自身の大きな成長につながるはずだと感じています。

私自身、この環境をもっともっと活用しきっていきたいと思っています。刺激にあふれた、成長できるグロービスという場で、より多くの方と同じ時間を過ごすことができればと思っています。

他の学生の声を見る

聞きたい質問項目

所属キャンパス

条件を追加する

業種

職種

役職

受講方法

受講のきっかけ

在校生・卒業生

性別

その他