名古屋校

名古屋校学生ブログ

【卒業後~MBAを終えて~】入学しないと、気づけなかったこと

名古屋校2009期生の高瀬英典です。 “グロービスに偶然出会い、ここで学べたことに深く感謝しています”

刺激的で、楽しく、しかも濃密な3年間でした。
今までの人生の中で、最も学びの多かった月日だったと思います。

グロービスへの入学前後・・・

転職活動の中で感じた“危機感”により、グロービス通学を決めました。

転職活動をしていた頃、未経験の業界へ行きたくて応募をしていましたが、
書類選考で落ちてばかりで、面接までたどり着きませんでした。

当時、35歳。
ただ、過去に大手企業でそれなりの役職まで上がっていたので
『「経験の有無」「即戦力で働けるか?」という観点でみると、
採用しづらいのだろう』と、“勘違い”をしていました。

一方、「自分は本当に大丈夫なのか?」と危機感があったのも事実。

そこで、「MBAをとってみよう」と即決し、入学したのがグロービスでした。

グロービスを選んだ理由は、遠い知り合いが通っていたことと、
通いやすい場所にあったから。
その時は、正直いって、大きな期待もしていませんでした。

2009年4月期に入学。

アカウンティング、マーケティング、人材マネジメントの3科目を受講し、
衝撃を受けました。

転職活動での私の“勘違い”に、この時、気づかされました。 「私は確かに大手企業で働いていた。しかし、経営については何も知らなかった。
所詮、経験した業界・業種の極一部の“知識”に長けているだけであって、
会社全体なんて、まったくわかっていない。」

そして、クリティカル・シンキングを受講したときに、さらに気づきます。

「いくら自分で考えているつもりでも、“知識”として覚えただけのこと。
本当は、何も考えていなかった。考え方すら理解していなかった。」

転職がうまくいかなかったのも、大企業での経験が役に立たないのも、
すべてはそもそもの私の能力不足だったのでしょう。
勉強せざるを得ません。

入学後の生活・・・

グロービス生活は、「新しい学びへの刺激」「深く考えることの楽しさ」、
そして「限界までともに頑張る仲間との出会い」で極めて充実していました。

正直、講義への予習・復習は時間的にも体力的にも厳しいです。
クラスの仲間との予習・復習自主勉強会で不明点を議論し、
質問を整理して講義に臨みました。
それでも、まったく歯が立たないこともしばしば・・・でした。

講師からは、テーマの根底に広がる深い世界
(これを“裏テーマ”なんて呼んでました)を学び、
自分の考えが浅はかだったことを痛感させられました。

深夜までファミレスで勉強している我々おじさん・おばさんの姿も、
今となってはいい思い出です。

お互いに得意なところを学びあって、ともに上昇していく感覚は、
厳しい体育会系のようで、連帯感・一体感が生まれてきます。

そして、講義内容は、
入学前の期待レベルとは裏腹(!?)に、感動の連続でした。

実務で活躍されるトップリーダーの方々が、熱い講義を繰り広げてくださります。
大学にありがちな机上の理論・空論ではなく、「実際の現場では」を常に語っていただきました。
だから、その学びを自分の職場に置き換え、イメージして応用できるのです。

会社での生活も変わります。

1.学びの確認・実践

会社での出来事を、経営の観点で俯瞰的に把握し、
全社的な位置づけを理解した上での、意思決定をするようになります。
また、学びを現場で活かそうとする(ただし、さりげなく、気づかれないように)ことで、
学んだことを実務で具体化していくようになります。

2.時間管理を意識する

時間がないことが、逆に無駄な時間を省くことにつながりました。
まさにGoodCycle!

a.大学院で忙しい→b.効率的に仕事をこなす→c.大学院に時間を割ける→
d.考えるスピードが速くなる→b.効率的に仕事をこなす→c→d→b・・・

大学院と会社は別個のものでなく、双方を同時にこなしていくことで、 学んだことを、体に植え付けていくような感じでした。

学びを現場で実体験できるようになると、
仕事にも今までと違った興味がわいてきます。

卒業して思うこと

「今まで、よく仕事やってたな。自分では仕事できてると思って、
誤った意思決定を堂々としていたんだろなぁ。。。?」
が率直な感想です。

どこの会社でも、自分がかつてそうだったように
「全体最適といいながら部分最適」
「名目上“考えた結果”の思いつき指示」
「根拠・裏付けの乏しい解決策」
が横行していると思います。

これらを改善するには、
まず自分が正しい意思決定をできることが重要で、 そのためにはグロービスで修得できる学びは ビジネスリーダーを目指す上での基礎能力として必要だと実感しています。

今、私はやっとスタートラインに立ったのだと思います。
しかし、今の私にはまだまだ見えていないことばかり。

それは、きっとグロービスで初めて受講したときに
自分の“勘違い”に気付いた時と同じように。

だからこそ、実務の範囲を超えた勉強が常に必要なのです。

講師や仲間からもらった数々の学びを活かし、
自分が満足のいく成果を出していきたい!

そして、それが社会の役に立てるようにこれからも学び、
行動していこうと思います。

MBAを検討されているみなさんへ

卒業して強く感じたのは、グロービスはMBAという“学位”以上に、
一生ものの学び・刺激的な仲間を提供してくれたということ。

私は、グロービス以外のことはわかりません。

しかし、「真のリーダーを育てる」というグロービスの本気さを、
スタッフ・講師から強く感じました。
そして、そのための確かな自信とシステムがありました。

新入生が入学してくるたびに、自分たちの変化を感じるようになれたのは、
グロービスが自分たちを成長させてくれたからなのでしょう。

みなさんとグロービスの仲間になれることを楽しみにしています。

私は、 “グロービスに偶然出会い、ここで学べたことに深く感謝しています”
  • LINEで送る

「【卒業後~MBAを終えて~】入学しないと、気づけなかったこと」のページ。実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・横浜・水戸・オンラインでMBAプログラムを提供しています。