グロービス・ビジネスナレッジ

GLOBIS 知見録PICK UP

「時代の変化をチャンスに変えるスキルとマインド~テクノロジーで実現する新時代の自分らしい働き方とは~」 特別セミナーレポート

2020年09月07日

  • イベント
  • テクノベート
  • 創造
  • 変革
  • リーダーシップ
秋好 陽介 ランサーズ株式会社 代表取締役社長 CEO(熱意ある地方創生ベンチャー連合 共同代表理事)

2020年6月、グロービス経営大学院は、参加者約1,100名の特別セミナーをオンラインで開催した。本記事では、その様子を一部ご紹介したい。


スピーカーは、テクノロジーで自分らしく働ける社会の創造を目指し、フリーランスタレントプラットフォームを手がける、ランサーズ株式会社 代表取締役社長 CEO 秋好陽介氏。自身の経験談をもとに、コロナ禍という大きな時代の変化を生き抜くヒントについて講演いただいた。

個人と企業をマッチングするサービスをつくりたい

大学時代、大阪にいながら東京の企業と仕事をしていた経験から、インターネットに大きな可能性を感じたという秋好氏。その後、大手IT企業に就職。優秀なフリーランスのデザイナーと仕事をしたいと思ったが、個人への発注には大きな障壁があった。そこで、個人と企業をオンラインでマッチングできるサービスをつくりたいと思い立ち、2008年に起業。売上ゼロ、メンバー数2名からスタートした同社に、「信用リスク」という最初の壁が立ちはだかる。

「信用リスク軽減策として取り入れたのが仮払い制度。これは、自社とクライアントの間にクレジット決済会社が入ることで取引の安全性を担保するサービス。まだ売上もないベンチャー企業ですから、行く先々で利用を断られました。しかし、こちらの想いを汲んでくれた担当者のアドバイスをもとに資料を修正。利用規約やトラブル事例集なども用意し、ようやく利用にこぎつけました」


努力の裏には、「会社員時代とは違う環境による焦りがあった」と秋好氏は当時を振り返る。


「会社を退職し起業してみると、誰からも連絡が来なくなり、まるで透明人間になったような気分でした。このままでは誰にも気付かれない存在になってしまう。何か具体的なものを示さなくては、との思いで必死に走り抜けました」


その後、個人(仕事を受ける側)の会員登録は増えるものの、企業(仕事を依頼する側)からの発注が入らない状態がしばらく続く。


「この時期、オフィスを渋谷から鎌倉に移転しました。ギラギラした東京にずっといるよりも、仕事以外の時間はなるべくリラックスし、ストレスを和らげたいと思ったのです。これが良かった。鎌倉にオフィスを構えるIT企業各社と強固な関係性を築けたのです。苦しい時に、心理的安全性を維持できたのは救いでした」

カルチャーの醸成で“100人の壁”を突破

(出所:ランサーズ )


次に転機が訪れたのは2011年。東日本大震災を機に在宅勤務が注目され、事業に波及効果をもたらした。翌年には3億円に及ぶ資金調達を実現。採用を増やし、オフィスも再び渋谷に移転。売上も順調に伸びていくが、秋好氏はここで新たな課題に直面する。



5人採用すると5人卒業していく。社員が30人以上に増えない状況が続いたのだ。事業拡大にともない、秋好氏は中途採用のプロフェッショナル人材に各部門を任せるようになったが、その結果、ダブルスタンダードが生まれ、社員が会社を去ってしまっていたのだ。


自分の分身となるハブ的な人材がいれば、全社が同じ考えのもと仕事ができる。そう気付いた秋好氏は、会社のビジョンとミッションを明文化し、部長陣と共有。採用活動でも求職者に説明し続けた。こうして『30人の壁』はクリアしたが、今度は『100人の壁』にぶち当たる。上位役職者の退職が相次いだのだ。


「マネジメント体制の見直しだけでは不十分。ビジョンや行動指針の共有だけでなく、カルチャーの統一が組織の成長には不可欠だと気付いたのです。そこで、社内制度を整備し、『100人の壁』も無事に突破。踊り場になっていた業績も成長基調に戻すことができました」

オフライン前提時代からオンライン前提時代へ

コロナ禍により、働き方は今後ますます変化すると秋好氏は予測する。


「この3カ月でテレワークは爆発的に進みました。しかし、これは表層の一部。これからは、東京に本社をおく企業が、地方や海外に住む人を採用し、個人に仕事を発注するようになる。働き方はジョブディスクリプション型に移行するでしょう。マネジメントも社外の人も巻き込むパートナーシップ型に変容していく。それを可能とする会社が生き残っていくと思います」


そして最後に、「コロナでオフライン前提時代からオンライン前提時代に変わりました。これをチャンスに変えるために、小さなことからでよいのでぜひいろんなチャレンジをしていってほしい」とメッセージを寄せた。

秋好 陽介ランサーズ株式会社 代表取締役社長 CEO(熱意ある地方創生ベンチャー連合 共同代表理事)

1981年大阪府生まれ。2005年、ニフティ株式会社 新卒入社。2008年、「ランサーズ株式会社(設立時株式会社リート)」を創業。「テクノロジーで誰もが自分らしく働ける社会をつくる」というビジョンを持ち、副業・フリーランス向けマッチングサービスや企業のスマート経営を推進する人材サービスを展開。2019年12月に東京証券取引所 マザーズ市場に上場。

■著書

『満員電車にサヨナラする方法~時間と場所にとらわれない新しい働き方~』(著)

『超集中ハック! 習慣マニアの経営者が実践する100のライフハック』(著)

RELATED CONTENTS

MOVIE CONTENTS

グロービス経営大学院では、MBAプログラムの「体験クラス」を全国7つのキャンパスとオンラインにて開催しています。

グロービス経営大学院では、MBAプログラムの「体験クラス」を全国7つのキャンパスとオンラインにて開催しています。

実践性を重視したグロービス独自の授業スタイルをご自身の目で確かめてください。

  • LINEで送る

「時代の変化をチャンスに変えるスキルとマインド~テクノロジーで実現する新時代の自分らしい働き方とは~」 特別セミナーレポートのページ。実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・横浜・水戸・オンラインでMBAプログラムを提供しています。