現役・実務家教員

教員詳細

教員略歴

市瀬 博基

市瀬 博基Hiroki Ichinose

東京大学経済学部卒業
上智大学大学院比較文化修士課程修了
オックスフォード大学社会文化研究所博士後期課程修了
学位:学士(経済学)、修士(比較文化学)、博士(社会人類学)


日系大手素材メーカーにて電力ケーブルの輸出プロジェクト案件を担当後、東南アジア域内統括会社にて人事/マーケティング・マネジャーを兼務。その後、大学で文化人類学的視点から日本企業のビジネス・マネジメントを研究。テーマは、「日本企業のコーチング導入プロセスで文化的価値観・規範が果たす役割について」。
現在は、大学で文化とマネジメントについて教鞭を執るとともに、リーダーシップ・組織変革に関連した研修開発や、さまざまな企業・団体を対象にしたワークショップ・ファシリテーションを実施。また、コーチングや対話型組織開発に関するビジネス書籍の執筆・翻訳を行う。
ビジネス・マネジメントを社会や文化の枠組みでとらえるリベラルアーツの視点を仕事の取り組みに活かし、さまざまな知識や実践を横断的につなぐことで、環境変化に対応し、新たな価値を生み出す力を高める方法を模索している。

デジタルハリウッド大学 客員准教授。
東京外国語大学 非常勤講師。

執筆書籍等

著書:『看護管理者のための組織変革の航海術』(医学書院、2017年)、『ビジュアルはじめてのコーチング』(日本経済新聞出版社、2012年)

共著書:『看護のためのポジティブ・マネジメント』(医学書院、2014年)

訳書:『なぜ、あのリーダーの職場は明るいのか?』(日本経済新聞出版社、2012年)