新時代を生き抜く学び(未来照準のMBA)

卒業後も続く交流

卒業後も続く交流

グロービスでは、卒業した後も仲間やグロービスとの強い絆が保てるように、様々な仕組みを用意しています。例えば、5年ごとに集まる「リユニオン」では在学中に机を並べた仲間とともに、最新の経営知を学びます。また毎年開催される「あすか会議」では、数多くの卒業生が参加し、互いに刺激し合う場となっています。卒業後もグロービスという場を通じて人的ネットワークを構築する仕組みを設け、卒業生の皆さんの活躍をサポートしています。

リユニオン

卒業後5年ごとに、キャンパスに集い、在学中机を並べた仲間と共に、グロービス経営大学院が有する最新の経営知を学べるのがリユニオンです。卒業後も継続して新たな経営知を学び続ける機会となると同時に、5年という節目ごとに同級生たちとの絆を再確認し、志を語り合うことで、刺激し合える場となっています。

互援コミュニティ(オンライン・ネットワーク・サービス)

互援

在学時期や居住地を越えて、全卒業生・在校生がオンライン上でつながる機会を提供するビジネス・プラットフォーム。学年同期やクラブ活動に代表される在学中に得られたネットワーク交流を生涯に渡り続けられることに加え、卒業後にも互いのビジネスやキャリアを支援し合う新たなネットワークを築くことができます。情報交換や相互アドバイスを通じて、ビジネスの課題解決や機会創出をサポートし志の実現を後押しします。

卒業生向け特別講座(アルムナイ・スクール)

アルムナイ・スクール

卒業生に対象を限定した特別講座(アルムナイ・スクール)を開講しています。先行き不透明な変化の時代を先導するリーダーには、一生涯、学び続けることが求められます。卒業生に限られた質の高い学習環境で、同窓と真剣な議論を交わしながら、経営知に留まらない幅広い能力や人間力を磨き続けます。

同窓会

同窓会

キャンパス(東京、大阪、名古屋、仙台、福岡、オンライン)、言語(日本語、英語のプログラム)、卒業年、業界、職種が異なっても、すべての卒業生に「創造と変革の志士」たらんという共通の想いがあります。同窓会には、卒業年を横断した総会を運営するなど、同期だけでない縦横のネットワークを繋ぐための様々な仕掛けがあります。

互援ネット

互援ネット

卒業生の多くは、志の実現に向かって突き進む中で、数多くの苦難や課題に直面します。そうした場面で、卒業生同士がお互いにメンターとなり、深い悩みも話し合えるチームを結成しています。定期的にお互いの実体験に基づく示唆を共有し、お互いの成長の糧とする学びの場になります。

クラブ活動

クラブ活動

社会の「創造と変革」に貢献することをテーマに掲げ、学生が自主的に取り組む活動です。共通の目的や問題意識を持った同志が集い、それぞれのクラブが多彩なテーマで独自の活動を展開しています。学年の枠を超えて、在校生と卒業生が知識や経験を共有し合うクラブ活動は、志を実現につなげるための場として、大きな意味を持つものとなっています。

あすか会議

「あすか会議」は、グロービス経営大学院の教育理念である「能力開発」「志」「人的ネットワーク」を育てる場を継続的に提供するために、経営者、学者、政治家、メディアなどのトップリーダーと学生(在校生・卒業生)および教員が一堂に集い、開催する2日間のカンファレンスです。
参加者同士が心ゆくまで語り合い、真に交流を深め、授業や教材だけでは得られない最先端の経営知を学び、未来を描く。参加者それぞれが、ここで得た刺激を現場に持ち帰り、組織変革や社会にインパクトをもたらす事業の創造など、未来を変えるための一歩を踏み出しています。

卒業生による座談会

卒業生による座談会です。Vol.1は学びを通じて得たもの、Vol.2はグロービスの仲間について、Vol.3は「志」について、Vol.4はあなたにとってグロービスとは?の4つのテーマでざっくばらんに語っていただきます。

グロービス経営大学院では「体験クラス」を各キャンパスで、随時開催しています。

グロービス経営大学院では「体験クラス」を各キャンパスで、随時開催しています。

実践性を重視したグロービス独自の授業スタイルやキャンパスの雰囲気をご自身の目で確かめてください。

  • LINEで送る

卒業後も続く交流のページ。実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・横浜・水戸・オンラインでMBAプログラムを提供しています。