体験クラス&説明会 体験クラス&説明会

体験クラス&説明会

体験クラス&説明会

体験クラス風景

2020年度(2020年4月入学)の本科生募集及び、2020年1月期単科生募集のための体験クラス&説明会を開催します。

グロービス経営大学院は、2006年の開学から11年を迎え、2019年4月には入学生902名をお迎えし全国5キャンパス(東京・大阪・名古屋・仙台・福岡)とオンラインを構える国内最大の経営大学院です。

本学には、本科生入学を迎える4月を待たずに年4回(1月、4月、7月、10月)の受講開始機会(単科生制度)があり、毎期「成長したい!仕事で成果を上げたい!」と考える多くの皆さまが学び始めています。

●MBA、ビジネススクールでは何を学べるのか?
●実務で使える「実践的な学び」とはどのような学びなのか?
●グロービスはどのような学びの場(講師・学生・キャンパス)なのか?

などを確かめる場として、まずはお気軽に体験クラス&説明会にお越しください。 

なお、本説明会は主に通学クラスについての説明をいたしますが、オンラインMBAについてのご質問にもお答えできます。オンラインMBAをご検討の方でオンライン・体験クラス&説明会にご都合あわない方も、ぜひご参加ください。

概要

■ 日 時:10月31日(木) 19:00-20:30

■ 場 所:グロービス経営大学院仙台校

■ 定 員:30名

■ 参加費:無料

■ 対象者:社会人経験をお持ちの方、
      単科生受講・大学院進学にご興味のある方

※社会人経験のない方の参加はご遠慮ください。

■ 当日のスケジュール

18:30- 受付開始

19:00- 大学院/単科生制度説明

19:30- 体験クラス

20:30- 個別相談(希望者のみ)

〒980-6126 宮城県仙台市青葉区中央1-3-1 AER(アエル) 26F
  • JR「仙台」駅西口/徒歩2分市営地
  • 下鉄南北線「仙台」駅 北8番出口/徒歩3分

当日の体験クラス&説明会内容

【第1部】大学院/単科生制度説明 ~グロービスのMBAから、何が得られるのか~

MBAやグロービスに関する皆さまの疑問に沿いながら、大学院の特徴や制度についてお伝えします。


<何を確かめられるのか?>

 ・成長することや仕事で成果を出すことに、MBAがどのように役立つのか

 ・グロービスが提供しているMBAには、どのような特徴があるのか

 ・仕事と両立しながら、学び続けられる仕組みや制度があるのか

【第2部】体験クラス ~実務家教員による実践的な学びを体感する~

豊富なビジネス実務経験と教える力を兼ね備えた教員による1時間の参加型クラスを体験いただきます。


<何を確かめられるのか?>

 ・実務で使える学びとは、どのような学びなのか

 ・どのような講師が、どのようにクラスを進めるのか

 ・どのような教室・雰囲気でクラスが開催されるのか

【第3部】個別相談 ~個別の疑問に対し、スタッフがお応え致します~

科目や通学に関して、個別にご相談いただけます。

説明会や体験クラスから浮かんだ疑問や、今後のご受講に関する不明点、また課題に応じた科目選択のアドバイスなど、皆さまお一人おひとりのご相談にスタッフがお応えします。


単科生制度についても、ご相談を承っております。

単科生制度とは、大学院本科生への出願前に、まずは1科目からMBAの科目を学べる制度です。入学生の約9割が、まず単科生として学んだ後、大学院に通学されています。


※詳細は、単科生制度のご案内ページをご覧下さい。

実践力を育む学びの場

グロービスが最も重視する「実践力」。通学・オンラインともケースをもとに、学生同士のグループディスカッションとクラス全体での討議を中心に授業が進みます。グループ発表に対し、教員や学生から数々の質問が投げかけられ、熱気をおびた議論が展開されます。体験クラス&説明会で、ぜひ実践的なグロービスの授業を体感してください。

※クラスで使用するケースや教材は体験クラス&説明会にてご確認できます。

体験クラス参加検討者の皆様のよくある質問

体験クラス&説明会に参加するために何か準備は必要ですか?

事前準備は特に必要ありません。これからグロービスで学ぶことを検討される皆さまに向けたイベントですので、お気軽にご参加ください。

経営の経験や経営を学んだことがなくても、体験クラス&説明会に参加できますか?

社会人経験をお持ちの方であればご参加いただけます。体験クラスは、グロービスの授業や雰囲気を確認していただくことを目的としていますので、初学者の方にも馴染みやすいテーマを扱っています。

体験クラス&説明会にはどのような方が参加されますか?

若手のビジネスパーソンから経験豊富な方まで、男女問わず幅広い社会人の方々が参加されています。また、研究職やエンジニア、医師、会計士、クリエイターなどの専門職の方も参加されており、グロービスの特徴のひとつである多様性溢れる社会人との学びに触れていただけます。

学ぶ目的や目指すキャリアがまだ曖昧ですが、参加できますか?

もちろん参加いただけます。経営・ビジネスとは何なのかを知ることや、多様なバックグラウンドをお持ちの他参加者の考えに触れていただくことがヒントになります。また個別相談の時間では、キャリアの観点や何を学ぶとよいかをスタッフに相談いただけます。

仕事と学びを両立できるかまだ不安です。体験クラス&説明会でヒントが得られますか?

お仕事で多忙な中、学ぼうとする方々が多いため、皆さん同様の不安を抱えています。説明会では、忙しい社会人の皆さんが学び続けることができるように用意している各種制度や具体的な受講スケジュールなどをご紹介しています。在校生・卒業生スピーチでは、実体験をもとにした時間の使い方やタイムマネジメントのコツ・工夫などもお伝えしています。

学生の活躍

グロービスの学生たちの活躍は連日メディアで取り上げられています。なぜ多くの卒業生が活躍できるのか?その理由を「体験クラス&説明会」でご説明していますので、ぜひご参加ください。

体験クラス&説明会 参加者の声と満足度

参加者の声

98.3%の方が「満足」と回答

  • 教育理念や大学院の特徴だけではなく“それをどのように実現しているのか”という仕組みまで理解することができ、納得感が高まった。

  • 参加する前はとても緊張していたが、参加者同士の対話の機会もあり、リラックスして楽しむことができた。

  • 体験クラスで、クラスの一部を体感でき、具体的な受講のイメージを持てた。

まずは体験クラス&説明会で、
社会人でも「学び続けられる」を実感してください。

| 体験クラス講師

廣瀬 聡 Satoshi Hrose

廣瀬 聡Satoshi Hrose

慶応義塾大学経済学部卒業
カーネギーメロン大学大学院経営管理工学科(MSIA/MBA)修了
学校法人グロービス経営大学院 副研究科長・事務局長

日本長期信用銀行にてデリバティブ・リスク管理業務に従事後、米系戦略コンサル:ATカーニーにて、全社/事業戦略立案、提携戦略支援、M&A推進プロジェクト等多数のプロジェクトに参画。その後AIG/AIU保険会社執行役員、ベルシステム24常務執行役員・共同COOを経て、2016年よりグロービスに参画。既存事業の変革、新規事業の立ち上げ経験多数。また、危機管理対応面での経験も豊富。

過去参加者の参加目的/感想


  • 自由化など大きな環境変化を受け、過去に縛られず自分の頭でビジネスを考えられるようになりたいと考えました。体験クラスを通して、実践的にビジネスを考える力が身に付けられることを確認することができました。(インフラ関連/20代/男性)

  • 専門に閉じていることに危機感を覚え、経営視点で技術を活かせるエンジニアを目指したく参加をしました。自分と同じエンジニアも多くいることに安心すると共に、業界も職種も違う参加者とのディスカッションに新たな刺激を受けました。(インフラ関連/20代/男性)

  • 10年近く携わったMR職から企画部門へのキャリアチェンジを目指しています。グロービスの学生が何を学び、どのようなキャリアチェンジをしているかを知り、自分もやってみようという気持ちが固まりました。(インフラ関連/20代/男性)

まずは体験クラス&説明会で、
「グロービスで得られるもの」を実感してください。

単科生制度 まずは1科目からMBAを学び始めてみませんか?

入学生の約9割が単科生制度を利用しています。

単科生制度とは、大学院本科生への出願前に、まずは1科目からMBAの科目を学べる制度です。
入学生の約9割が、まず単科生として学んだ後に大学に進学されています。

単科生制度を利用する3つのメリット

  • メリット1

    大学院クラスの単位を修得しながら、学ぶ内容や通学のペースを確かめた上で、出願を意思決定できます。

  • メリット2

    年4回(1月,4月,7月,10月)の受講開始機会があり、学びたいタイミングから学び始められます。

  • メリット3

    単科生で修得した単位は、本科生に進学した際に持ち込め、その受講料は学費の総額から差し引けます。

※詳細は、こちらのご案内ページをご覧ください。

  • Google+でシェアする
  • LINEで送る

実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインでMBAプログラムを提供しています。

受講をご検討の方へ