【水戸・特設キャンパス開催】
体験クラス&説明会

日 時:6/26(水) 19:00~21:00

定 員:20名

場 所:水戸市 まちなか・スポーツ・にぎわい広場(M-SPO)

※最短で7月より受講スタート

体験クラス風景

茨城水戸・特設キャンパスは、今年4月で開校8年目を迎え、これまで延べ600名を超える多くの方にお越しいただきました。
7月期では、グロービスで学ぶ方の多くが最初に選ぶ科目である「クリティカル・シンキング」を開講します。

この科目は、

  • 「何を言いたいのかわからない」と言われてしまう…
  • 社内で通したい企画案。何をどう整理して伝えたらよい?
  • 課題を前に悩むばかり。解決策を導くために考えるべきことは?

というような仕事の上での問題意識を持たれている方にオススメの科目です。
激変する環境下において、ビジネスパーソンが成果を上げ続けるために身に付けておくべき論理思考力(問題解決力やコミュニケーション力、仮説思考力など)を鍛えることを目的としています。

◆考慮すべき論点を漏れなく押さえながら、自分の考えや解決策を導くための思考技術
◆集めてきた情報から何らかの仮説を立て、仮説の検証を進めながら、成果につながる結論を導くためのスキル
◆自分の意見を説得力を持って周囲に伝え、納得・共感を得た上で、人に動いてもらうためのコミュニケーション力

上記について、多くの演習を通じて反復トレーニングを行うことで、ビジネスの現場で使えるスキルとして修得します。

他の科目でのケース(企業事例)学習に必要な考え方を学ぶ点において、初学者に最適な科目となっています。事前学習等は不要ですので、まずはお気軽に「体験クラス」にお越しください。皆さまの学びと成長への一歩を、心から応援しています。

概要

■ 日 時:6月26日(水)19:00~21:00
     (18:40より受付開始いたします)
■ 場 所:
まちなか・スポーツ・にぎわい広場(M-SPO)
■ 定 員:20名
■ 参加費:無料
■ 対象者:社会人経験をお持ちの方で、MBAのクラスを1科目から学び始めたい方およびグロービスMBAの特徴を確認したい方

第1部 特設キャンパス 概要説明
第2部 体験クラス
第3部 質疑応答

※終了後、ご希望の方には個別でご相談を承ります。

実践力を育む学びの場

グロービスの授業は教員が一方的に話す「講義」形式ではなく、教員の巧みなファシリテーションをもとに、グループもしくはクラス全体でディスカッションしながら、皆で考えを深めていきます。体験クラスでも、実践力を身につけるために参加者同士で意見交換をしていただきながらグロービスの学びを体感いただきます。

体験クラス講師

川﨑 篤之 Atsushi Kawasaki

川﨑 篤之Atsushi Kawasaki

グロービス講師
立命館大学法学部卒業、グロービス経営大学院修士課程修了(MBA)。

大学卒業後、国会議員秘書としてパブリックコミュニケーションを担当。その後、自らも地方議員として2期8年間にわたり公共政策の立案と実行に取り組んだ。グロービス参画後は代表室(社長室)にて代表直轄プロジェクトの戦略構築、政策・渉外を担当。並行して、一般社団法人G1にて「G1地域会議」「100の行動」をはじめ各種プロジェクトの立ち上げ、TV番組制作、メンバーシップ制度の構築とプログラム・マネジメントに取り組んだ。

現在、大学院部門にて地方創生型キャンパスのパイロットケースである「茨城水戸特設キャンパス」の開校に取り組み責任者を務める傍ら、プロバスケットボールBリーグ茨城ロボッツへ出向し㈱いばらきスポーツタウン・マネジメントを起業、代表取締役に就任。水戸ど真ん中再生プロジェクト事務局長

参加者の声

28歳、企画職

キャンパスに来てみて、空気感を感じることで学ぶ意欲が高まりました。当日の説明パートでは事務局の方が丁寧に説明してくれ、「グロービスが何を大切にしているビジネススクールなのか」を深く理解することができました。また、体験クラスでは、自分がまだまだできていないことに気づくこともでき「もっと学びたい」と思うことができました。

34歳、営業職

ビジネスプロフェッショナルである教員の方、丁寧な対応してくださる事務局のスタッフの方々が温かく迎えてくださり不安や緊張感がすぐに解消されました。最初は学び続けられるか不安だったのですが、テーブル毎に行われた個別相談で同じ悩みを持つ方と話すことができ、「まず1科目受講してみよう」と思うようになりました。

活躍する卒業生・在校生Active alumni and current students

「創造と変革の志士」たちとして活躍している卒業生・在校生をご紹介します。自己実現や社会貢献のために、様々な試練と自らの成長を楽しみながら、自己実現や社会貢献のため、日々創造と変革に挑んでいます。多くの方が体験クラスへの参加をきっかけに学びの第一歩を踏み出しています。

体験クラス参加検討者皆様のよくある質問

  • ビジネススクール(MBAプログラム)ではどのような内容が学べるのでしょうか?

    ビジネススクール(MBAプログラム)では、人材マネジメント・リーダーシップ、マーケティング・経営戦略、財務・会計といったヒト・モノ・カネという経営資源を有効に活用するために必要な知識を体系的に学べます。MBAカリキュラムについての詳細はこちらをご覧ください。

  • なぜグロービスは「実践的なMBA」と評価されているのですか?

    「実践的なマネジメント能力」の開発のみならず、リーダーとして成果を上げるために必須の「志」や「人間力」を育むことに徹底してこだわっているためだと考えています。ビジネス界から高く評価され国内最大のビジネススクール(MBAプログラム)となったグロービスの、他校には真似ができない取り組みについては、こちらのページをご覧ください。

  • 単科生制度とは何ですか?

    大学院本科入学前に、グロービス経営大学院の基本科目を1科目(3ヶ月)から先行して履修できる制度です。在籍期間は原則1年間(本科生入試合格時は在籍期間が入学まで延長されます)で、1受講期あたり2科目まで、1年間で最大12単位(8科目相当)まで受講いただけます。大学院本科入学者の98.0%は、単科生から受講を始めています。詳しくはこちらのページをご覧ください。

  • 単科生制度の利用にあたって、応募資格はありますか?

    応募要件として以下の4つの条件全てに該当する方が対象です。

    (1)大学を卒業された方(該当しない方は応募内容を拝見して審査させていただきます)

    (2)社会人経験1年以上の方

    (3)将来グロービス経営大学院への進学を視野に入れている方

    (4)日本語が堪能な方

    詳しくはこちらのページでご案内しています。

  • 仕事と両立できるか不安なのですが、どれぐらいの勉強時間の確保が必要ですか?

    1回の授業に対して、予習で5~8時間、復習で3~5時間を目安としてご案内しています。実際に受講されている方の1週間のスケジュール事例については、こちらのページをご覧ください。

  • 転勤がありそうなのですが、他のキャンパスに転校できますか?

    転勤や転居に際しては、全国のキャンパス(東京・大阪・名古屋・福岡、オンライン)への転校が可能です。異動や長期出張の場合は、3ヶ月単位で(最長2年間)休学制度が利用できます。加えて、海外転勤の場合は最長5年間の休学が可能です。キャンパスへの通学が難しい地域への転勤や海外赴任の場合は、休学制度を利用せずオンラインで継続して受講する方も多数いらっしゃいます。