オンラインMBA

オンラインMBAの
学生の声

池田 絢子さん池田 絢子さん

学んだことを翌日に
経営陣に共有、
制度改革のきっかけに。

株式会社 ポップインサイト
人事部 チーフ

池田 絢子さん Ayako Ikeda

PROFILE

金城学院大学家政学部卒業後、セコム株式会社で個人向けホームセキュリティーの営業職を経て、株式会社リクルートエイブリック(現リクルートキャリア)で新規事業に従事。その後、フリーランスとしてwebメディアの運営や採用支援を行い、結婚・出産を機に主人と一緒にクラウドソーシングの会社を起業する。起業後、2年程で事業を売却し、現在は主人が立ち上げた別の会社で人事採用担当として勤務している。

再び起業にチャレンジするときに備え、学びを深めたい。

― MBA取得を考え始めたきっかけや動機は何でしょうか?

第2子出産後に保育園に落ちてしまい、通勤する仕事が難しくなったことがきっかけで、主人とクラウドソーシングの会社を起業しました。同じような境遇で悩んでいるワーキングマザーや地理的な問題で希望の職に就けない方が続々と集まって下さり、立ち上げ1年半で約1万人のクラウドワーカーにご登録いただくまでになりました。そして、企業のクラウドソーシング化の時流にも乗り、事業は順調に成長しましたが、ワーカーが増えるに従い、マネジメント面での課題も出てきました。

初めてのことばかりで、走りながら考える状態が続き、どこかで経営に関して本格的に学ぶ必要があると考えるようになりました。その後、この会社は、ご縁あって事業譲渡させていただきましたが、再び起業にチャレンジするときに備え、学びを深めておきたいと思ったのです。

通学しなければ学べないと思っていたとき、オンラインの存在を知った。

― なぜオンラインMBAを選択されたのでしょうか?

マネジメントや経営について学びたいと考えていたときに、偶然、仕事で知り合った方から、グロービスのクラスをオンラインで受講していると伺いました。

それまでグロービスというビジネススクールの存在は知っていましたが、通学しないと学べないと思い込んでいました。しかし、家に居ながらオンラインでの受講が可能であると教えていただき、それなら小さい子供がいて、時間に制約のある私でも学ぶことができると考えました。

また、ビジネススクールを検討するにあたり他の大学院でMBAを取得した先輩にも相談したところ、「グロービスでの学びは実践的で、実務に落とし込みやすいと思う」と背中を押していただいたことも、グロービスを選んだ理由のひとつです。

画面を通じて共に学ぶ仲間と直接会えた時の感動はたまらない。

― オンラインMBAで学ぶ魅力は何でしょうか?

1つ目は、時間が有効に使える点です。小さい子供が2人いるので、平日の夜に通学することは難しいのですが、オンラインだと自宅で子供たちと一緒に夜ご飯を食べて、お風呂に入れてからでも受講ができます。

2つ目は、オンラインにも関わらず教員の皆さんやクラスメートたちをとても近く感じられる点です。オンラインのクラスは実際に受講してみるまで、なかなかイメージがつきませんでしたが、パソコンのカメラとマイクを通じて全国各地や海外にいる仲間と対話できることは想像以上に楽しいものです。さらに、オンラインには通学にはないチャットを利用する機会が多くあり、教室での授業以上に発言を求められる機会が多いことも大きな魅力です。

最後は、実はこれが一番の魅力かもしれませんが、普段パソコンの画面を通じて学びあう仲間たちと、あすか会議やオフ会などの機会に直接会えた時の感動がたまらない点です。

家族の協力があるからこそ学びに集中できる。

― 学びをスタートするにあたっての懸念点をどのように解消されましたか?

単科生制度を利用せず、体験クラスにも参加せず、いきなり本科入学をしてしまったので、正直何がどのように大変なのかも分からない状態での学びのスタートでした。

そのような状況でしたが、家族の理解が必要と考え、家族に学びたい気持ちを伝え、協力してもらうようにお願いをしました。主人には、私がグロービスで学ぶことのメリットを伝え、子供たちには「お母さんも学校でお勉強がしたくなっちゃった。応援してね!」とシンプルに話しました。

そして、家族との時間を最大限確保するために、平日の20時半~22時のクラスを中心に受講することにしました。そのため、子供たちだけで夜寝られるように、受講開始の2か月前から練習しはじめました。練習の甲斐あって、受講がスタートするころには、子供たちだけで寝る習慣ができました。家族の理解や協力があるからこそ学びに集中できるので、主人や子供たちにはとても感謝しています。

学んだことを翌日に経営陣に共有、会社の制度改革のきっかけに。

― 学び始めた後、仕事に対する姿勢や進め方に関して何か変化はありましたか?

現在は、ベンチャー企業で採用業務をしていますが、グロービスで学んだことはできるかぎり翌日には経営陣と共有するようにしています。記憶がフレッシュなうちに誰かに話すことで、自分の学びの定着にもなりますし、会社の人事制度改革のきっかけになることもあり、楽しく実践できています。

また、採用面談の際には、相手の立場に立ち何を求めて弊社に応募してくださったのか?何を実現したいと考えているか?など、これまでよりも一歩踏み込んだ視点での対話を心掛けるようになりました。

そして、再び起業するときに備え「どんな事業プランでいこうかな?」「こんな組織が創れたらいいな」などと想像しながら、目の前の仕事と学びに取り組んでいます。

たくさんの刺激をもらいながら、仲間と共に成長することができる。

― オンラインMBAで学ぶことを考えている皆さんにメッセージをお願いします。

授業を受けるたびに、さまざまなバックグラウンドを持つ仲間と共に学べることに喜びを感じています。本科生はセクションと呼ばれるクラスに所属し、仲間と交流を深めることができます。例えば、セクションメンバーと「あすか会議」に参加するためのTシャツを作成したり、月に1回程度開催されるセクションでのエア懇親会(オンライン上での懇親会をグロービスではこう呼んでいます)や勉強会での親睦を通じて、たくさんの刺激をもらいながら、共に成長することができるのです。

また、グロービスはディスカッション形式の授業なので、授業中は積極的な発言が求められます。きちんと予習をして授業に臨んでも見当違いの意見を出してしまうこともあり、毎回一喜一憂しているのですが、みんな親身になって励ましてくれたり、勉強法を共有してくれたりするので、学びへのモチベーションを常に高くキープできます。

何も知らない状況からグロービスに飛び込みましたが、率直に言って「めちゃめちゃ学ぶことが楽しいです!」。一歩踏み出すことに躊躇しているなら、まずは1科目だけでも受講してみてください。想像以上に学ぶことが楽しいということに気づくはずです。

今、一歩前に踏み出そうとしている皆さんと、一緒に学べる日が来ることを楽しみにしています。

他の学生の声を見る

  • LINEで送る

池田 絢子さんのページ。実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・横浜・水戸・オンラインでMBAプログラムを提供しています。