オンラインMBA

オンラインMBAの
学生の声

渡邊 将幸さん渡邊 将幸さん

問題解決までのストーリーを
効率的に思考できるように。

大手専門商社

渡邊 将幸さん Masayuki Watanabe

PROFILE

中央大学理工学部を卒業後、専門商社に入社。これまでに技術、営業、新規仕入先の導入を担当し、現在は業務効率化を担当。グロービスでの学びを業務効率化に生かすとともに、会社の変革や新規事業の創造も検討中。

やりたい仕事を任されたが、結果を出せなかった。

― MBA取得を考え始めたきっかけや動機は何でしょうか?

自社では継続して成長をするために、常に新しい仕入先(最先端の技術を持つシリコンバレーなどのスタートアップ企業)を探しています。以前より、その仕事に携わりたいと考え、まずは担当業務である海外の既存仕入先とのビジネスを積極的に取り組んできました。結果、希望する業務である新規仕入先の開拓を任されるようになりました。

これまでに技術や営業を担当してきた経験を活かせば結果を出せるだろうと考えていましたが、新しい仕入先との契約にはなかなか至りませんでした。自分に何が足りないのかを考え、独自にマーケティングなど様々な本を漁るように読んだのですが、結果が出ない日々。これらの出来事がきっかけとなって、ビジネススクールで学ぶことにしたのです。

どこからでも受講でき、通学の時間を考える必要がない。

― なぜオンラインMBAを選択されたのでしょうか?

以前よりMBAに興味があったものの、仕事や家庭を考えると、時間の面で現実的ではないと考えていました。それでも「このままではいけない」と思い、さまざまなビジネススクールを調べた際、グロービスではオンラインでも受講できることを知りました。

オンラインの授業を体験してみたところ、教室で行われる授業と変わらないディスカッション中心の授業でした。学生は挙手をして発言できますし、グループディスカッションもプレゼンテーションもすることもできます。加えて、オンラインなのでどこからでも受講でき、通学の時間がないため、その時間を仕事や授業の予習にあてられることができます。クラスによっては別の日時に振替受講することもでき、仕事や家族のためにどうしても都合がつかなくなった場合にも柔軟に受講できるなど、オンラインのメリットがよく理解でき、受講に踏み切りました。

議論を繰り返すことで自分のロジックのほころびに気付ける。

― オンラインMBAで学ぶ魅力は何でしょうか?

グロービスの授業は、実際の企業を題材(ケース)にディスカッションしながら進行していきます。まず予習においてケースの内容を理解し、「もしあなたがこのケースの主人公であればどうするか?」について考えます。授業では、自分が考えてきたことをプレゼンテーションしたり、グループで議論したりといったアウトプットに主体をおかれていることが特徴です。アウトプットするからこそ、自分で考えの甘さや思考の足りなさといった点に気づくことができ、仕事で理論を活かす際の落とし穴や留意点を学ぶことができます。

また、グロービスのオンラインMBAでは国内外のさまざまな職種・役職の学生がいるため、多様なアウトプットから学べることも魅力のひとつです。

懸念点は単科生制度を利用することで解消できる。

― 学びをスタートするにあたっての懸念点をどのように解消されましたか?

わが家は共働きで、平日の夜や土日に子どもの面倒を見なければいけないことがあるため、十分な勉強時間を確保できるかが懸念点でした。

グロービスには、1科目(3ヶ月)から受講できる「単科生制度」があります。この制度を用いれば、入学する前に数科目を受講することができ仕事と家庭と勉強の時間を確保できそうか実際に試すことができます。私はこの単科生制度を使って、最初に1科目を受講し、その後2科目を受講しました。徐々に受講するクラスを増やすことでリズムをつかむことができ、懸念点を解消することができました。

問題解決までのストーリーを効率的に思考できるようになった。

― 学び始めた後、仕事に対する姿勢や進め方に関して何か変化はありましたか?

グロービスで学び始め、経験や直感などに頼った思いつきに近い発想で仕事を進めていることに気づき、これが任された仕事で結果を出せなかった理由だと気づきました。

今ではどんな仕事をやるにせよ、取りかかる前に必ず「解決すべき問題は何か、どのように解決するべきか」といった思考のストーリーを先に考えるようになりました。このおかげで、仕事の効率が随分上がりました。また、授業がディスカッション形式であるおかげで、仕事においても躊躇なく発言できるようになりました。

どんなキャリアを経てきた方でも、学べることがたくさんある。

― オンラインMBAで学ぶことを考えている皆さんにメッセージをお願いします。

国内で最も学生数の多いビジネススクールであるグロービスには、多種多様なキャリアを経た成長意欲の高い方々であふれています。だからこそ、長年仕事をされてきた方でも、どのような職種・役職の方でも、グロービスという場で学べることがたくさんあるはずです。得た学びを成果に繋げられるかは、ご自身次第です。学びを成果につなぐには、教員や他の学生の話を聞くだけではなく、自らの考えを周囲にアウトプットすることが効果的です。

アウトプットする前には、自分の頭で考えて整理をします。この「自分の頭で考える」ことこそが重要であり、結果、経営理論を仕事においてすぐに使えるようになるのです。

授業中は積極的に発言をし、授業が終わったら学んだことを言語化し、実際に仕事で使ってみる。――このプロセスによって、必ず学びが成果につながるはずです。皆さんとオンラインを通じてお会いできることを楽しみにしています。

他の学生の声を見る

  • LINEで送る

渡邊 将幸さんのページ。実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・横浜・水戸・オンラインでMBAプログラムを提供しています。