オンラインMBA

オンラインMBAの
学生の声

久保 彩さん久保 彩さん

「家族との時間」と
「自分を磨く時間」は、
二者択一ではない。

株式会社クニエ
S&DMグループ シニアコンサルタント

久保 彩さん Aya Kubo

PROFILE

大学卒業後、大手OA機器メーカーへ入社し、お客様のシステム構築を通じて社内変革プロジェクトを担当。家族の海外転勤をきっかけに退職しシンガポールに転居。在学期間中に日本へ帰国し、オンラインMBAで学びを継続している。

数年間、成長する機会を失ってしまうことへの不安。

― MBA取得を考え始めたきっかけや動機は何でしょうか?

大学卒業後、大手OA機器メーカーでシステムエンジニアとして、お客様のシステム構築プロジェクトに関わってきました。夫がシンガポールへ転勤することになり、子供を含め家族全員で一緒に暮らすために、会社を退職しました。

MBA取得を考えたのは、キャリアを中断することへの不安を感じたことがきっかけでした。家族との時間を第一に考えて仕事を辞めましたが、仕事を再開することを考えると、これからの数年間は成長する機会を失ってしまいます。そこで、語学学校に通ったり、ビジネス関連のセミナーに参加するなどして、少しでも仕事との接点を持つように過ごしていました。一方、以前からMBAをいつか取得したいと思っていました。業務に必要なIT系のスキルだけではなく、ビジネスを俯瞰的に見る視点を持つことで、お客様の業務改善を効果的に進められると考えていたのです。

そんな中、シンガポールで開催されたグロービスのセミナーに夫が参加し、大いに刺激を受けて帰ってきました。グロービスをWEBで検索してみると、オンラインでMBAを取得できること、そして育児をしながらでも無理なく受講できることがわかりました。自分で時間をコントロールしやすいこの時期にチャレンジするしかないと考え、グロービスへの進学を決めました。

「変革」「グローバル」という、これから携わっていきたい領域を学べる。

― なぜオンラインMBAを選択されたのでしょうか?

いくつかの大学院を比較しましたが、グロービスのカリキュラムマップには、私が復職してからも携わっていきたい「変革」や「グローバル」という領域があったことが選択の大きな理由でした。

そして、経営能力を磨くだけでなく、「人的ネットワークの構築」や「志の醸成」を理念として打ち出している点も魅力的でした。IT系の資格を取得する際、比較的長い期間一緒に学んだ仲間がいたのですが、講座が終了すると集まる機会もなく、今では疎遠になってしまっています。当然、学んだことを共に振り返る機会もありません。しかしグロービスには例えば、「あすか会議」というカンファレンスで学生が一堂に集まる場や、「互援ネット」という仕組みを通じて卒業後も互いに切磋琢磨し、励まし合える関係を築ける点などがあり、他にはない魅力を感じました。

また、日本に帰国することになっても、オンラインであればどこにいても受講できますので、学びを中断することがない点にも惹かれました。実際、2016年に帰国が決まり、シンガポールから日本へと居住地が変わっても、数日のブランクもなく学びを継続できており、その利便性を実感しています。

リアルタイムに議論ができるので、実践力が鍛えられる。

― オンラインMBAで学ぶ魅力は何でしょうか?

最大の魅力は、学びと家族との時間を両立できる点です。育児休暇から仕事を再開した際、わずか1年程度のブランクでも、キャッチアップするのにかなり苦労しましたので、数年間も仕事を離れることになれば、復帰した際の負担は前回以上になると考えていました。そうした不安を抱えていたので、子育て中であっても、海外からであっても、無理なく学べる点は大きな魅力です。

また、授業の進め方にも魅力を感じています。教員からの質問に対して、挙手ボタンを押して発言する、チャットを使って全員が意見を言うなど、リアルタイムで議論ができることで、実践力が鍛えられていると感じます。ディスカッションは、学生が言いたいことをただ発散するといったものではなく、学生の発言に対して教員から考えを深め広げる問いかけが次々と繰り出されるので、頭をフル回転させる状態が続きます。集中できますし、学んだことが記憶に残ります。

在学中に帰国できたので、せっかくであれば一度はキャンパスに通って受講したいと思っています。このように科目ごとにオンラインと通学を自由に選択できるのも魅力の1つだと思います。

オンラインでも、ディスカッションを通じて深い学びが得られる。

― 学びをスタートするにあたっての懸念点をどのように解消されましたか?

オンラインと通学の授業を比較した場合、オンラインのほうが得られるものが少ないのではないか、という懸念を持っていました。教室での授業はグロービスではまだ経験したことがないのですが、会社の研修でディスカッション形式の授業は経験済みでしたので、果たして同じような深い学びがオンラインでも得られるのか不安に思っていました。

しかし、単科生として1科目受講してみてすぐ、この懸念は払拭されました。先ほど触れた通り、教員の巧みなファシリテーションや積極的に学ぶ学生たち、そして挙手ボタンやチャット機能といったアウトプットするためのツールが揃ったグロービスのオンラインクラスは、教室で学ぶこと以上に価値があると感じています。

授業以外でも学ぶ機会があります。例えば、学生たちが自主的に開催しているオンライン勉強会です。ここでも学生同士でディスカッションをすることで、疑問を解消できたり、授業にはなかった気づきを得られたりすることもあります。

オンラインであってもディスカッションを通じて十分な学びを得ることができる、というのは私にとって大きな発見でした。

共に学ぶ仲間から、生き方や仕事との向き合い方を学ぶ毎日。

― 学び始めた後、仕事に対する姿勢や進め方に関して何か変化はありましたか?

グロービスに集まる人は、社外にもネットワークを持ち、その中でご自身の志を磨いている方が多いことに驚きました。仕事をしながら地域の教育事業に携わっている方もいれば、社外の人にアドバイスを求めながら起業準備をしている方もいるなど、人的ネットワークを広げながら自分の生き方を作り上げている人ばかりで大いに刺激を受けています。

これまでの社会人人生を振り返ると、社内ネットワークを広げることばかりに目を向けていたことに気づきました。今は共に学ぶ多くの仲間の姿勢から、毎日生き方や仕事との向き合い方の示唆を得ています。

「家族との時間」と「自分を磨く時間」は、二者択一ではない。

― オンラインMBAで学ぶことを考えている皆さんにメッセージをお願いします。

夫の海外転勤を知った際、13年間勤めた会社を辞めるかどうか、とても迷いました。仕事は続けたいけれど、一方で家族一緒に暮らすことでしか得られない経験もたくさんあるだろうと悩んだ結果、後者を選択しました。しかし、シンガポールで生活を始めてすぐに不安と焦りに駆られ自分のキャリアを中断したことに後悔したこともありました。

ですから、オンラインMBAに出会い、「成長の実感」と「家族と一緒に過ごす時間」を同時に得ることができ、大きな喜びを感じています。

男性も含めて、育児期間をステップアップの期間に変えることができれば、積極的に育児を楽しむ人も増えると思います。「家族との時間を大事にしたい、子供と一緒に過ごせる今を大切にしたい」という気持ちと、「もっと社会の役に立ちたい、もっと自分を磨きたい」という気持ちを同時に満たすことを可能にする選択肢のひとつが、オンラインMBAだと思っています。

少しでも自分を成長させたいと思っているのであれば、まずは単科生として1科目(3ヶ月)から始めてみることをお勧めします。一歩踏み出すことで、ご自身を変えるきっかけが必ず掴めると思います。

他の学生の声を見る

  • LINEで送る

久保 彩さんのページ。実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・横浜・水戸・オンラインでMBAプログラムを提供しています。