現役・実務家教員

教員詳細

教員略歴

河野 英太郎

河野 英太郎Eitaro Kono

東京大学文学部卒業
グロービス経営大学院経営研究科経営専攻修了
学位:MBA


東京大学文学部卒業、同水泳部主将。グロービス経営大学院(MBA)修了。
電通、アクセンチュアを経て日本アイ・ビー・エムに16年勤務。コンサルティングサービス、人事部門、専務補佐、若手育成部門リーダー、サービス営業などを歴任。大企業グループ向けを中心に複数社の人事制度改革やコミュニケーション改革、人材育成、組織行動改革、ソフトウェアの日本展開などを推進。在勤時に2017年に(株)Eight Arrowsを起業し代表取締役に就任。2019年に(株)アイデミー執行役員も兼務。

執筆書籍等

著書:「99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ」(2013年ビジネス書大賞書店賞受賞)、「99%の人がしていないたった1%のリーダーのコツ」「99%の人がしていないたった1%のメンタルのコツ」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)。累計発行部数は160万部。「現代語訳 学問のすすめ」(SBクリエイティブ)、「VUCA時代の仕事のキホン」(PHP研究所)

監訳本:「世界のエグゼクティブが学ぶ 誰もがリーダーになれる特別授業 (Harvard Business Review Press)」

クラス運営方針

ビジネススキルを学ぶにあたり、「知っていること」と「実践できること」の間には大きな隔たりがある、というのはよく言われることです。

リーダーシップにおいてもこれは同じです。

特に、日々の業務に忙殺される私たちリーダーは、得た知識やスキルを実践する余裕がないことが多いのが実態です。
たとえどんな状況であっても、自分が身につけた「リーダーとしてのあるべき振る舞い」を実行に移すためには、腹落ちするところまでの深い理解が求められます。
中でも、自らの考えをメンバーに伝えるコミュニケーションスキルも欠くことのできない要素です。

当クラスでは、以下の大きく3点を念頭に、受講生のみなさんとともに創り上げていきます。
・ケースに書かれた現象や考え方のフレームワークを、ただ理解するだけではなく、自分に引き寄せて考え、いかに実務に活かしていけるかを常に自問自答することを重視します。
・自身の考えをメンバーに伝えるためにも、常に言語化し、他の受講生とのコミュニケーションを通じ、学び合う行動を求めます。
・いずれの場合も、模索する過程での「成長痛」を他責にすることなく、自ら乗り越えようとする姿勢を、行動で示すことを期待しています。