グロービス経営大学院

お知らせ

グロービス経営大学院とフライヤー、「読者が選ぶビジネス書グランプリ2020」授賞式を開催

総合グランプリは『FACTFULNESS』に決定

2020年02月19日

グロービス経営大学院と株式会社フライヤー(東京都千代田区、代表取締役CEO:大賀康史氏)は2月18日、グロービス経営大学院東京校にて、「読者が選ぶビジネス書グランプリ2020」の授賞式を執り行いました。総合グランプリと6つの部門賞を発表。総合グランプリは、世界で200万部超のベストセラーとなった『FACTFULNESS 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』(ハンス・ロスリング他著、日経BP)に決定しました。

「読者が選ぶビジネス書グランプリ2020」は、ビジネスに役立つ「いま読むべき本」を選出、表彰することを目的に開催するアワードで、本年で5回目となります。今回は、出版社48社からの応募に加え、フライヤーとグロービス経営大学院らが推薦した書籍を合わせ、過去最多となる101冊がエントリーしました。一般読者からのウェブ投票により、この度、総合グランプリと6つの部門賞(イノベーション部門、マネジメント部門、政治・経済部門、自己啓発部門、リベラルアーツ部門、ビジネス実務部門)の各賞が決定しました(投票数は非公開)。

※各部門の受賞書籍はこちらをご覧ください。 https://business-book.jp/


グロービス経営大学院は、本アワードをフライヤーと共同開催しました。授賞式に寄せて、グロービス経営大学院 経営研究科 副研究科長/事務局長の廣瀬聡は「2019年はビジネス書の当たり年とも言われ、例年以上に多くの方がビジネス書に触れた一年でした。この賞を通じて、読者の皆様に新たな一冊に出会っていただけることを主催一同願っています。また本賞の書店フェアを2月19日から全国の書店で開催していきます。既に700以上の書店にご参加いただいています。これを機に一冊でも多くの素晴らしい書籍を読者の皆様に届けられればと思っています」と話しました。

◆「読者が選ぶビジネス書グランプリ2020」 総合グランプリ順位


1. FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣
ハンス・ロスリング、オーラ・ロスリング、アンナ・ロスリング・ロンランド著、上杉周作、関美和訳、日経BP

2. 売上を、減らそう。たどりついたのは業績至上主義からの解放
中村朱美著、ライツ社

3. メモの魔力 The Magic of Memos
前田裕二著、幻冬舎

4. 学び効率が最大化する インプット大全
樺沢紫苑著、サンクチュアリ出版

5. ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
ブレイディみかこ著、新潮社

6. 哲学と宗教全史
出口治明著、ダイヤモンド社

7. Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法
ロルフ・ドベリ著、安原実津訳、サンマーク出版

8. 労働2.0 やりたいことして、食べていく
中田敦彦著、PHP研究所

9. 天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、すべての人へ
北野唯我著、日本経済新聞出版社

10. 学校の「当たり前」をやめた。 生徒も教師も変わる! 公立名門中学校長の改革
工藤勇一著、時事通信社 

◆「読者が選ぶビジネス書グランプリ2020」 概要

対象書籍 2018年12月から2019年11月に日本国内で刊行された書籍

     出版社からのエントリー作品(各出版社1 社 5 冊までエントリ-) に、グロービス経営大学院、

     株式会社フライヤーらが推薦する作品を加えた計101冊(※過去最多エントリー数)

投票者  ビジネス書籍の要約サイト「フライヤー」の会員や、

     グロービス経営大学院の学生を中心とした一般投票

投票方法 1人各部門3票(1冊1票)まで投票し、投票した書籍の中からグランプリ候補を1冊選択

投票期間 2019年12月16日(月)~2020年1月8日(水) ※投票数は非公開

主催   株式会社フライヤー、グロービス経営大学院

  • LINEで送る

グロービス経営大学院とフライヤー、「読者が選ぶビジネス書グランプリ2020」授賞式を開催 総合グランプリは『FACTFULNESS』に決定 のページ。実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・横浜・水戸・オンラインでMBAプログラムを提供しています。