グロービス経営大学院

お知らせ

グロービス経営大学院、2020年5月に横浜・特設キャンパスをJR横浜タワーに移転・常設化

~開設2年で受講生は3倍以上、横浜駅直結、ビジネスパーソンの新たな学びの拠点へ~

2019年11月07日

日本最大のビジネススクールであるグロービス経営大学院は2020年5月、横浜・特設キャンパスを、現在建設中の横浜駅直結26階建て高層ビル「JR横浜タワー」に移転、常設化します。横浜・特設キャンパスは、移転による受講生の利便性向上とともに、常設化に伴いラウンジの新設などキャンパスの環境を整え、ビジネスパーソンの新たな学びの拠点となります。

<JR横浜タワー 外観イメージ図>

横浜・特設キャンパスは2017年10月に貸しオフィスにて開設しました。2019年4月に現キャンパス(横浜市神奈川区、JR横浜駅徒歩5分)に移転後も受講生は増加を続け、現在では開設当初の3倍以上に達しています。JR横浜タワーに移転後は、2教室が常設となり、受講生の交流の場であるラウンジや勉強会室を新設します。受講生はより充実した設備とより快適な環境で、マネジメントやリーダーシップの学びを深められるようになります。


横浜・特設キャンパスでは、2020年7月期(7~10月)に、論理思考力を学ぶ「クリティカル・シンキング」を始め、本キャンパスで初開講となる、企業や事業の戦略の分析方法、および戦略に関する意思決定のアプローチを学ぶ「経営戦略」など、計6科目(7クラス)を開講します(*1)。本キャンパスでの受講後は、東京校などの常設キャンパスやオンライン授業で学びの継続が可能です。1科目から受講できる単科生制度(*2)を適用し、MBA取得を目指す本科に入学した場合には、取得単位を算入することができます。


(*1)横浜・特設キャンパスの現在の開講科目はこちら 

(*2)単科とは、本科に進む前に科目単位で受講できる制度(科目等履修制度)です。本科とは、グロービス経営大学院修士課程のことです。単科生制度の詳細はこちら


■グロービス経営大学院「横浜・特設キャンパス」移転・常設化 概要


移転時期:2020年5月

移転先住所:神奈川県横浜市西区南幸一丁目1番1号

電話:0120-153-981(グロービス経営大学院 特設キャンパス事務局)



■グロービス経営大学院「横浜・特設キャンパス」開講 概要 (2020年7月期)


開講科目:

 クリティカル・シンキング (2クラス開講)

 マーケティング・経営戦略基礎

 アカウンティング基礎

 組織行動とリーダーシップ

 マーケティングI

 経営戦略 (横浜・特設キャンパス初開講)


開講クラス数:7クラス


定員:35名/1クラス


受講期間:1科目につき3カ月(1回180分×全6回、隔週開催) 


受講形態:横浜・特設キャンパスへの通学


受講料:入学金23,000円、受講料128,000円/1科目


詳細: https://mba.globis.ac.jp/yokohama/


参考: グロービス経営大学院が「横浜・特設キャンパス」で提供するプログラムの受講イメージ

  • LINEで送る

お知らせ詳細のページ。実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・横浜・水戸・オンラインでMBAプログラムを提供しています。