お知らせ

グロービス経営大学院、2018年度日本語MBAプログラム入学式を挙行
~入学者数は825名と過去最多、東・阪・名・仙・福の5キャンパスとオンラインで~

2018年04月03日

グロービス経営大学院は、3月25日(日)に東京校、4月1日(日)には大阪校と名古屋校にて、2018年度日本語MBAプログラムの入学式を執り行いました。東京、大阪、名古屋、仙台、福岡の5キャンパスとオンラインを合せた入学者数は計825名と過去最多となり、2017年に開設した水戸と横浜の特設キャンパスで単科生(※)として学んだ受講生も初めて入学します。

入学式はキャンパスごとに実施いたします。

<以下日程順>

・東京校 3月25日(日)

・大阪校、名古屋校 4月1日(日)

・仙台校 4月8日(日)

・福岡校 4月15日(日)


「社会に“創造”と“変革”をもたらすビジネスリーダーの育成」を教育方針に掲げ、2006年に開学したグロービス経営大学院は、当初70名程度だった在学生が今や1700名を超え、3000名以上の創造と変革の志士である卒業生を送り出してきました。

これからも多くの方々のご期待に応えるべく、実践的な経営教育と学びやすい環境を提供し、社会の創造と変革に資するビジネスリーダーの輩出に尽力して参ります。



≫グロービスニュースリリースはこちら

≫東京校入学式 当日の様子はこちら(外部サイト)からご確認いただけます


(※)単科とは、本科に進む前に科目単位で受講できる制度(科目等履修制度)です。本科とは、グロービス経営大学院修士課程のことです。



  • Google+でシェアする
  • LINEで送る

グロービス経営大学院、2018年度日本語MBAプログラム入学式を挙行 ~入学者数は825名と過去最多、東・阪・名・仙・福の5キャンパスとオンラインで~ のページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネスリーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。

ページトップへ戻る
受講をご検討の方へ