オンラインMBA

オンラインMBAブログ

【4連載】「制約をメリットにかえる: 逆転の発想」最終回

こんにちは、芹沢です。
オンラインクラスを最高の学びの場にするには、オンラインがもつ制約をデメリットと考えるのではなく、逆に発想をかえて制約をメリットにかえること



いよいよ最終回の今日は、「相手を知りたい欲求が刺激され相互理解が深まる」についてお伝えします。

■相手を知りたい欲求が刺激され相互理解が深まる 「物理的に離れているからこそ 相手をもっと知りたい」

通学クラスとは違って直接会って話せない状況だと、かえって相手のことを知りたいという相手への関心が高まる傾向がみられるようです。相手を知るためには、まず自分を知ってもらおうと自らを積極的に吐露しようとする受講生も増えてきます。そうした欲求を満たすために、1月期のOBHでは、毎回、クラス前の3分間スピーチを設けることにしました。3分間スピーチは、あえて、知りたい人を指名してもらう指名制にしました。

また、クラス後、オンラインをつないだまま、各自がドリンクを用意し対話を楽しむ「エア懇親会」も、異常に盛り上がります。ここではクラスの内容に関する質問も当初はありましたが、いつの間にか、受講生の仕事や生き方に関する質問や悩み相談の方が多くなっていきました。講師だけが返すのではなく、他のクラスメートも親身になって聞きアドバイスする、そんな場に。

ときには30分、1時間と長くなるので、グロービス麹町スタジオからクラスを行っている私は、しばしば終電に乗り遅れそうになることもありました。受講生には終電はありませんが、講師には終電がある、このハンディは大きい(笑)。講師の自宅からクラスを行うこともできなくはないですが、ITオンチのわたしはまだそこまでの勇気はありません。

pict_02最後のクラスDay12終了後のエア懇親会では、最後まで全員でゴールできたことに歓喜したり、クラスメメイトの仕事の悩みに共感し涙したりと夜中1時近くまで盛り上がり、最後は「エア一本締め」。


このようは懇親会の他、
もちろん、「勉強会」も活発に行われていました。

最後に、オンラインクラスで講師が意識していることは?

オンラインを通学クラスに近づけるとか、通学と同じやり方を実現するとか、そのような発想ではなく、通学クラスを超えるものにチャレンジし、転用可能なものは逆に通学クラスにどんどん組み入れ双方の次元を高めていく。そんな意識でわれわれはチャレンジしています。

そんな可能性があるからこそ、みなさんにもぜひ通学とオンライン両方受講する機会を持っていただきたい!これが最後にみなさんにお伝えしたいことです。

では、オンラインクラスでお会いしましょう!

※このようなオンラインでの議論に関心がある方は、
 ぜひ一度、体験クラス(無料)にご参加ください。

※受講経験者の方は、受講生限定「オンライン体験会」へ。






  • LINEで送る

「【4連載】「制約をメリットにかえる: 逆転の発想」最終回」のページ。実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・横浜・水戸・オンラインでMBAプログラムを提供しています。