体験クラス&説明会 体験クラス&説明会

体験クラス&説明会

体験クラス&説明会~学生スピーチ

体験クラス風景

グロービス経営大学院は、全国に5つのキャンパス(東京・大阪・名古屋・仙台・福岡)と2つの特設キャンパス(水戸・横浜)を有し、オンラインでも授業を提供しています。2014年に受講場所を選ばず通学クラスと変わらない学びをディスカッション形式で展開するオンラインクラスを開始。2016年には「テクノベート(テクノロジー×イノベーション)」領域の科目群を開講するなど、常に次代を見据えながらMBAの常識を覆してきました。 


その結果、入学者数は開学から約10年で10倍となり、2018年4月には過去最大の825名の新入生を迎えました。日本最大の経営大学院(ビジネススクール)として成長を続けており、多くの卒業生が各界で活躍しています。


現在、東京校では2020年度(2020年4月入学)の本科生及び、2019年4月期単科生(1~3月開講、1科目から受講可能)として受講を検討されている方に「体験クラス&説明会」を開催しており、主に下記の内容を確認いただけます。

●なぜ多くのビジネスパーソンがグロービスを選ぶのか?
●グロービスのMBAは、時代の変化にどのように対応しているのか?
●どのような学生が、どんな問題意識をもって学んでいるのか?


参加者の98.3%が”満足した”と答える体験クラス&説明会に、ぜひ一度お越しください。
 
※当日は主に通学プログラムの紹介となりますが、オンラインや横浜特設キャンパスについてもご相談いただけます。 

【人生100年時代に考える、ビジネスパーソンに必要な能力とは】

「人生100年時代」と言われる今、私達を取り巻く社会は大きく変化しています。「働き方改革」や「副業解禁」、「AIをはじめとしたテクノロジーの進化」に伴って、これまでの仕事のやり方やビジネスモデル、ビジネスパーソンに求められる力も大きく変化していくことが予想されています。政府も社会人の学び直しを推進していますが、「具体的に自分の仕事にどのような影響があるのか」、「10年後も通用するキャリアを考え、今どういった能力開発を行えば良いのか」といった疑問を持つ方も多いのではないのでしょうか。
"変化の激しいビジネス環境において求められる力"、"キャリアを切り拓くための能力"についてこれから考えたいという方、ぜひグロービスの学びをご活用ください。

| 概要

■ 日 時:1月28日(月)19:00-21:30

■ 場 所:グロービス経営大学院東京校 302教室

■ 定 員:40名

■ 参加費:無料

■ 対象者:社会人経験をお持ちの方

      MBAの概要を知りたい方

      ビジネススキルの強化に興味がある方
      個人としての受講を検討されている方


※社会人経験をお持ちでない場合は、参加をご遠慮ください。

※同イベントに参加済み/グロービスでの受講経験をお持ちの場合は、個別ガイダンスをご利用ください。
※社員様の派遣・研修などを検討されている場合は、参加をご遠慮ください。
こちらのサイトよりお問い合わせください。
※グロービス・マネジメント・スクールとの共同開催となります。

■ 当日のスケジュール


  18:40- 受付開始

  19:00- 制度説明

  19:55- 体験クラス

  20:55- 学生スピーチ

  21:20- 個別相談

〒102-0084 東京都千代田区二番町5-1 住友不動産麹町ビル
  • 地下鉄有楽町線「麹町」駅 5番出口/徒歩1分
  • 地下鉄半蔵門線「半蔵門」駅 5番出口/徒歩10分
  • JR・地下鉄丸ノ内線「四ツ谷」駅/徒歩10分
  • JR・都営地下鉄新宿線「市ヶ谷」駅/徒歩10分

| 当日の体験クラス&説明会内容

【第1部】大学院/単科生制度説明:時代の変化を見据え、進化を続けるグロービスのMBA

テクノロジーの進化が世界中でイノベーションを起こし、ビジネス環境は激変しています。私たちは今、技術革新が世の中を大きく変える第4次産業革命と呼ばれる時代を生きています。時代が変われば、当然求められる能力も変わります。既存のMBAを超える、次代を見据えたグロービスのMBAをご紹介します。


<確かめられること> 

・グロービスのMBAの特徴は何か?
・実践的な能力を開発できるのはなぜか?
・卒業生はキャリア上、どのような変化を得ているのか?

【第2部】体験クラス:「豊富なビジネス経験」と「教える力」を兼ね備えた教員による、グロービスならではの参加型体験クラス

実際のクラスに近い環境で、参加者や教員とのディスカッションを楽しみながら、グロービスのクラス展開や学び方の特徴を疑似体験できる機会です。


<確かめられること> 

・どのような教員が教えているのか?
・グロービス独自のクラス展開は、どのようなものなのか?
・実践的な学びはどのように提供されるのか?

【第3部】学生スピーチ:リアルな学生生活を知る

「学び始めたきっかけ」「仕事やキャリアにおける変化」「仕事と学び、家庭とのバランスのとり方」など、実際に学んだ学生ならではのリアルな視点から、受講の検討過程や大学院生生活をお伝えします。


<確かめられること> 

・なぜMBAを学ぼうと思い、グロービスを選んだのか?
・入学の際、どんなことに苦労し、それをどうに乗り越えたのか?
・仕事とプライベートをどのように両立させたのか?

【第4部】個別相談:経験豊富なスタッフが個別の疑問にお答えします

説明パートや体験クラスに参加して出てきた疑問や受講に関する不明点について、これまで多くの受講検討者の相談に乗ってきたスタッフがお答えします。また、教材を手に取りながら、各科目の具体的な内容もご案内します。


<確かめられること>

・自分にはどの科目が適しているか?
・各科目はどのような内容を学べるのか?
・不安や懸念に思っていることを他の人はどう乗り越えているのか?

| 実践力を育む学びの場

グロービスが最も重視する「実践力」。通学・オンラインともケースをもとに、学生同士のグループディスカッションとクラス全体での討議を中心に授業が進みます。グループ発表に対し、教員や学生から数々の質問が投げかけられ、熱気をおびた議論が展開されます。体験クラス&説明会で、ぜひ実践的なグロービスの授業を体感してください。

※クラスで使用するケースや教材は体験クラス&説明会にてご確認できます。

| 体験クラス講師

佐野 友昭 Tomoaki Sano

佐野 友昭Tomoaki Sano

慶應義塾大学理工学部卒業

グロービス経営大学院経営研究科経営専攻修了

学位:MBA


大学卒業後、大手通信会社にて、研究開発、新サービス開発、法人営業に従事。その後グロービスに入社し、スクール部門におけるマーケティングチームと東京校の学生募集チームのリーダーを兼務。企業研修部門のコンサルタント、福岡校の立ち上げ、福岡校責任者を経て現職。マーケティング、経営戦略、思考領域の講師を務めるほか、講師育成やケース開発も行う。

| 体験クラス担当講師より

体験クラスを担当する佐野友昭です。


グロービスのクラスで得られるもの。それは「実務の課題を解決する力」です。


そのために、まずは基礎知識やセオリーを知ることは大事ですが、それらは道具にすぎません。なんとなく知っている知識をどう使えば、目の前の課題を解決し、周囲の納得を得られるのか?ここが大きな壁であり、みなさんが悩まれているポイントではないでしょうか。


グロービスのクラスでは、実際の実務課題の事例をとりあげて、みなさんから「自分ならこうする、なぜならば・・」という意見を聞きながら、重要な論点や、道具としての知識の活用のしかたを一緒に考えていきます。


体験クラスはたったの1時間、あっという間だとおもいますが、多様な意見に触れ、考えながら学ぶことの楽しさを味わいにきてください。

| 体験クラス参加検討者の皆様のよくある質問

ビジネススクール(MBAプログラム)ではどのような内容が学べるのでしょうか?

ビジネススクール(MBAプログラム)では、人材マネジメント・リーダーシップ、マーケティング・経営戦略、財務・会計といったヒト・モノ・カネという経営資源を有効に活用するために必要な知識を体系的に学ぶカリキュラムが採用されています。ビジネススクールやMBAについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

なぜグロービスは「実践的なMBA」と評価されているのですか?

「実践的なマネジメント能力」の開発のみならず、ビジネスリーダーとして成果を上げるために必須の「志」や「人間力」を育むことに徹底してこだわっているためだと考えています。ビジネス界から高く評価され国内最大のビジネススクール(MBAプログラム)となったグロービスの、他校には真似ができない取り組みについては、こちらのページをご覧ください。

グロービスで学ぶことはキャリアアップにつながるのでしょうか?

卒業生の92.3%が卒業後にポジティブな変化を経験されています。卒業生のキャリアの変化についてのアンケートはこちらをぜひご覧ください。

グロービス経営大学院は「教育訓練給付金」の対象ですか?

グロービス経営大学院は教育訓練給付制度の「一般教育訓練」および「専門実践教育訓練」の対象講座としての指定を受けており、通学・オンラインを問わず条件を満たせば最大で112万円の給付金の受給が可能となります。ただし、本科生・単科生というステータスによって給付条件が変わりますのでご利用の際はご確認ください。

※受給金額の112万円は2018年4月入学から。2017年までの入学生は最大96万円の受給となります。


■本科生:こちらのページをご覧ください。

■単科生:こちらのページの中ほどにある「教育訓練給付制度について」をご覧ください。


仕事と両立できるか不安なのですが、どれぐらいの勉強時間の確保が必要ですか?

1回の授業に対して、予習で5~8時間、復習に3~5時間を目安としてご案内しています。実際に受講されている方の1週間のスケジュール事例については、こちらのページをご覧ください。

転勤がありそうなのですが、他のキャンパスに転校できますか?

転勤や転居に際しては、5つのキャンパス(東京・大阪・名古屋・仙台・福岡)とオンラインのどこにでも転校することが可能です。さらに異動や長期出張などの場合でも、3ヶ月単位で最長2年間の休学制度を利用することもできます。加えて、海外転勤の場合は、最長5年間の休学が可能です。尚、キャンパスに通うことが難しい場所への転勤や海外に赴任される場合は、休学制度を利用せずオンラインで受講を続ける方も多数いらっしゃいます。

| 学生の活躍

グロービスの学生たちの活躍は連日メディアで取り上げられています。なぜ多くの卒業生が活躍できるのか?その理由を「体験クラス&説明会」でご説明していますので、ぜひご参加ください。

| 体験クラス&説明会 参加者の声と満足度

●教育理念や大学院の特徴だけではなく“それをどのように実現しているのか” という仕組みまで理解することができ、納得感が高まった。

●参加する前はとても緊張していたが、参加者同士の対話の機会もあり、リラックスして楽しむことができた。

●体験クラスで、クラスの一部を体感でき、具体的な受講のイメージを持てた。

●想像していた以上に実践的で、なにより学ぶことを“楽しい”と感じることができた。

●WEBやパンフレットでは感じ取れない、その雰囲気や活気を肌で感じられた。

98.3%の方が「満足」と回答

まずは体験クラス&説明会で、
社会人でも「学び続けられる」を実感してください。

| 単科生制度 まずは1科目からMBAを学び始めてみませんか?

入学生の約9割が単科生制度を利用しています。

単科生制度とは、大学院本科生への出願前に、まずは1科目からMBAの科目を学べる制度です。
入学生の約9割が、まず単科生として学んだ後に大学に進学されています。

単科生制度を利用する3つのメリット

  • メリット1

    大学院クラスの単位を修得しながら、学ぶ内容や通学のペースを確かめた上で、出願を意思決定できます。

  • メリット2

    年4回(1月,4月,7月,10月)の受講開始機会があり、学びたいタイミングから学び始められます。

  • メリット3

    単科生で修得した単位は、本科生に進学した際に持ち込め、その受講料は学費の総額から差し引けます。

※詳細は、こちらのご案内ページをご覧ください。

  • Google+でシェアする
  • LINEで送る

実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインでMBAプログラムを提供しています。

受講をご検討の方へ