グロービス経営大学院

お知らせ

グロービス経営大学院学生チーム、日本ビジネススクールケースコンペティションで優勝~最終審査進出の5チーム中4チームがグロービス、3つの特別賞も独占~

2019年07月25日

グロービス経営大学院の学生チームが、7月21日に開催された「日本ビジネススクールケースコンペティション2019」(以下JBCC)で優勝、日本全国のビジネススクールから参加した119チームの頂点に輝きました。優勝チームの他、最終発表に進出した2チームも3つの特別賞を受賞しました。



■「日本ビジネススクールケースコンペティション2019」

グランドファイナル(最終審査)・グロービス経営大学院出場チーム結果(敬称略)


<優勝・文部科学大臣賞>

林シモンチーム (東京校 2018期)

メンバー: 林シモンさん(リーダー)、杉山翔一さん、伴勝也さん、佐藤知行さん、佐々木彩さん

 

<ハーバードビジネスレビュー特別賞>

安達陽章チーム (大阪校 2018期)

メンバー: 安達陽章さん(リーダー)、安田昭仁さん、石黒祐さん、藤原丈司さん、蔡聖珍さん

 

<日本経営特別賞>

<クライス&カンパニー特別賞>

大岡幹忠チーム (東京校 2018期)

メンバー: 大岡幹忠さん(リーダー)、辰巳千恵さん、高橋潤さん、伊佐早悠さん、金子寛人さん

■林シモンチーム (東京校 2018期)

林シモンチーム(左から・敬称略): 佐藤知行さん、伴勝也さん、杉山翔一さん、佐々木彩さん、林シモンさん

JBCCは、日本企業が抱える問題をテーマに、ビジネススクール生が課題を抽出し、解決に向けた戦略提言を競う大会です。2010年からスタートし、10回目を迎える今年は日本全国から119チーム(23校)が参加しました。予選を通過した20チームが本選に出場し、さらに選抜された5チームが、最終のプレゼンテーション(最終審査)に臨みました。グロービス経営大学院からは、4チームが本選の最終審査に進出しました。


今回のJBCCでは、「農機メーカーの経営課題の解決と今後の成長戦略」を課題に、参加チームは、経営環境・経営状況の分析と戦略提言を行いました。優勝の林チームは、農業のデジタルトランスフォーメーション実現に向けた資金調達や組織変革を提言し、審査員講評では「分析力、中長期的戦略構築力」を高く評価されました。


今回の結果について、グロービス経営大学院 経営研究科 研究科長 田久保善彦は次のように話しています。「今回、グロービスのチームが優勝、そして3つの特別賞を受賞したことを、心から嬉しく思っています。この成績以上に、忙しく仕事をしながらMBAを学ぶだけでも大変な中で、非常に多くの学生がJBCCに全力を挙げて取り組んだこと、修了生が運営事務局として裏方で活躍していたこと、本選当日も非常に多くの仲間が会場まで足を運んで応援していたこと、そんなグロービスの校風を誇りに思っています」。

■JBCC当日の様子

■「日本ビジネススクールケースコンペティション2019」概要

主催:

 JBCC2019実行委員会

本選開催日:

2019年7月21日(日)

参加対象:

 国内に拠点を構えているビジネススクール、大学院(経営学に関わる)に属する学生

趣旨:

 日本企業が抱える問題をテーマに、課題を分析し解決に向けた戦略提言を競う

審査方法:

 書類審査(予選)、プレゼンテーション(本選)

賞金:

優勝30万円、準優勝5万円

≫グロービスニュースリリースはこちら

≫JBCCの情報はこちら(外部サイト)

  • LINEで送る

お知らせ詳細のページ。実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・横浜・水戸・オンラインでMBAプログラムを提供しています。