お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

理想のキャリアアップを実現するための考え方

理想のキャリアアップを実現するための考え方

目次

自身のキャリア、特に転職や異動などについて考えるとき、「キャリアアップ」という言葉が頭をよぎる方は多いのではないでしょうか。
今回は、理想のキャリアアップを実現する上でやるべきことをご紹介します。

キャリアアップとは

キャリアとは、「経歴」「職歴」といった意味する言葉です。
そして、キャリアアップとは、能力や地位、自身の市場価値が「現状よりも向上している状態になること」です。

一方で、キャリアアップは抽象度の高い言葉でもあり、人によって捉え方が実に様々であることも特徴です。
私は長くキャリア支援の現場にいましたが、転職希望者より「キャリアアップがしたい」という要望を聞くことが多々ありました。
「では、あなたにとってのキャリアアップとは何ですか?」と深堀ってヒアリングしていくと、下記のように人によって異なる答えが返ってくることが常でした。

  • 昇進や転職により年収が上がること
  • 大企業に転職すること
  • 特定分野の専門性をより高めること
  • マネジメント職に就くこと
  • ポジションが上がること
  • 契約社員から正社員になること

個人のキャリアの選択に「正解」はありません。
なので、キャリアアップの具体的な捉え方が様々であることは、ある意味当然と言えるでしょう。

スキルアップとの違い、関係性

スキルとは、「技能」を意味する言葉です。
そして、スキルアップとは、ある特定のスキルや知識を習得したり、磨いていくことを意味します。

スキルアップは、キャリアアップを実現するうえで重要な概念です。
キャリアアップするためには、目標(理想の状態)と現状のギャップを埋める必要がありますが、そのギャップがスキルアップによって解消するケースが多々あるからです。

なので、

  • キャリアアップのために、まずはスキルアップに取り組む
  • スキルアップした結果、キャリアアップをした

という構図になります。

個々人がキャリアアップを考えることの重要性

キャリアアップの具体的な捉え方は人それぞれですが、キャリアアップそのものは誰もが意識すべき概念です。
先行き不透明で転職が当たり前になった今、個人のキャリアは自己責任で考える時代になりました。
そして変化の激しい今、現状にとどまらず、個々人が常にキャリアアップを意識する必要性が増しています
時間やコスト、体力が有限であることを考えると、誰もが戦略的に自分自身のキャリアを考え、キャリアアップし、市場価値を高めていかなければなりません。

社内外でのキャリアアップと、メリット/デメリット

キャリアアップは「社内」で行う方法と、「社外(転職)」で実現する方法があります。
それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。

社内

【メリット】

すでに現状の業務に関する知見や経験を持っており、社内の人間関係が構築できているので、比較的キャリアアップにかける労力が少なくてすむというメリットがあります。

【デメリット】

現状よりも上の役職に就くことによるキャリアアップを希望する場合は、会社の状況にもよりますが、そのポジションに空きがなければ、成果を上げ続けても遠回りになる可能性があります。

社外(転職)

【メリット】

学生の時の就職活動と異なり、中途採用ではポジションや年収が明確に提示されているケースが多くあります。
なので、転職は「キャリアアップしやすい環境を自分で選択できる」というメリットがあります。

【デメリット】

コツコツと積み上げた評価や社内の人間関係を、再び0から構築していかなければならなりません。
そのため、社内でのキャリアアップを図るよりも労力や時間がかかる可能性があります。

キャリアアップを実現するためにやるべきこと

キャリアアップを実現するためには、まず「キャリアプラン」を立てる必要があります。
キャリアプランは3つのステップで作成していきます。

  • ステップ1:理想(なりたい自分)を描く
  • ステップ2:今の自分とのギャップを明らかにする
  • ステップ3:達成手段と中間目標を考える

そして、ステップ1~3を考えていくうえで重要となる「3つの枠組み」があります。
この3つを深く考え、狙いを定めて行動をしていくことが、確かなキャリアアップにつながります。

  • ①Can(スキル)
  • ②Will (意思)
  • ③Market Value(市場価値)

それぞれについて詳しく説明していきます。

Will (意思)

まずは、「自分は将来どうなりたいか?」「自分は社会に対して、どのような価値発揮をしていきたいか?」を考え、自らが望む方向(目標)を定めましょう
仕事における価値観やモチベーションは人それぞれなので、答えは様々だと思います。
理想の自分が、現在のキャリアの延長線上にある人もいれば、ない人もいるでしょう。
後者の場合は、転職や異動など働く環境自体を変えることも選択肢に出てきます。

なりたい自分を描けたら、理想と現状のギャップを洗い出していってみてください
そして、「そのギャップを埋めるためにはどうしたら良いか」と、逆算的にアクションプランを考えていくことが、本質的なキャリアアップを実現する上でとても大切なことです。

ギャップを埋める手段として、多くの場合こちらの2つが鍵となります。

  • Can(スキル)
  • Market Value(市場価値)

Can(スキル)

「Can(スキル)」獲得は、キャリアアップのための1つの手段となり得ます。
ここで意識して獲得すべきスキルは、あらゆる業務の幹となる「ポータブルスキル」です。
ポータブルスキルとは、異動や転職によって働く環境が変わったとしても活かせる「持ち運びができるスキル」のことを指します。
例えば、論理的思考力コミュニケーション力仮説思考力問題解決能力などがあげられます。

自社だけで有用なスキル「アンポータブルスキル(=持ち運びができないスキル)」や、職種ごとに必要とされる専門知識やスキルを身に着けることも、日常業務をこなすうえで非常に重要ですが、それだけではキャリアアップとして不十分です。

同時に「ビジネス基礎力」ともいえるポータブルスキルを高めていくことが、効果的なスキルアップの要となるでしょう。

Market Value(市場価値)

最後に押さえておくべきは「市場価値」です。
とくに転職活動の現場では、この市場価値の観点がとても強調されます。
市場価値は、自分を商品と見立てた時に「他社からみて価値があるかどうか」がポイントとなります。
そして、「市場価値が高い人」というのは、「実力(スキルと経験の掛け合わせ)がある人」のことを指します。
なので、キャリアアップを実現するためには、スキルアップだけでなく、実務で実績を出し経験を積んでいくことが重要となります。

また市場価値を考える際、「労働市場」も欠かせない要素となります。
なぜなら、労働市場を意識せずに自身のやりたいことや高めたいスキルを考えても、「それは今の労働市場からは求められていません」となる可能性があるからです。
そうなってしまっては元も子もありません。

市場価値を考える上で大切な問いは、こちらの3つです。

・①「今後、市場で必要とされるスキルは何なのか?」
・②「今後、どの業界が伸びてどの業界が縮小するのか?」
・③「時代が変わっても必要とされるスキルやマインドセットはどのようなものか?」

こちらの記事で、市場価値が高い人の特徴について詳しく説明していますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

iStock-1035881212 (3).jpg

どこでも誰とでも働ける!転職で市場価値が高い人の特徴と高めるコツ 市場価値とは、自分を商品として考えた時の、世の中からみた価値(値段)のことです。市場価値が高い人の特徴についてご紹介します。

3つの枠組みはバランスよく考える

3つの枠組みをご紹介しましたが、いずれかに偏らず3つをバランスよく考えることがとても大切です。
Market Value(市場価値)を踏まえずにCan(スキル)とWill(意思)だけを考える危険性は先述しましが、反対に市場価値だけに縛られてしまうと、その人らしいキャリアが実現できなくなります。
そのため、時間をかけてでも3つのポイントをバランスよく丁寧に考えていくことが重要です。

キャリアや能力開発に知見があるプロと一緒に考える

キャリアアップを実現する上でお勧めしたいことは、一人で考えるのではなく、キャリアや能力開発に知見のあるプロと一緒に考えることです。
特に市場価値の観点はプロの意見なく考えてしまうと誤った解釈をしてしまいがちになります。
Will(意思)に関しては、他者に話すことでより明確になります
また、客観性をもった適切なフィードバックをもらうことでより強固なものになります。 
友人や家族への相談ももちろん大事ですが、客観性と最新の知見を有するプロに相談することで、独り善がりにならないキャリアアップを実現していけると思います。

まとめ

今回はキャリアアップを考える上での3つの枠組みに関してご紹介しました。
この枠組みは私がキャリアカウンセリングの現場で長年活用してきたフォーマットです。
キャリアアップを実現するための第一歩は、立ち止まって正しく考えることです。
その上で、あなたらしいキャリアを目指していきましょう。

210830_Cnote_bnr_PC_.jpg

210830_Cnote_bnr_SP_B.jpg

山口 貴士(グロービス経営大学院 東京校 スタッフ)

山口 貴士(グロービス経営大学院 東京校 スタッフ)

早稲田大学国際教養学部卒業。現在、グロービス経営大学院在学中。米半導体メーカーインテルにて法人営業を経験した後、パーソルキャリア株式会社(旧:インテリジェンス)にてキャリアアドバイザーとして2500名以上のキャリアカウンセリングを実施、グループリーダーを経験。その後、グロービスに入社。現在は、グロービス経営大学院の学生募集企画、および採用業務を担当。国家資格キャリアコンサルタント。

BACK TO CATEGORY

Related Content

合わせて読みたい記事

都会暮らしのSEから里山ゲストハウスオーナーへ。工忠衣里子が感じる「地方移住」の魅力と可能性

都会暮らしのSEから里山ゲストハウスオーナーへ。工忠衣里子が感じる「地方移住」の魅力と可能性

作業療法士から、アイスクリームブランド立ち上げへ。吉山龍弥が考える福祉の在り方

作業療法士から、アイスクリームブランド立ち上げへ。吉山龍弥が考える福祉の在り方

幸運で未来を切り拓く!大堂良太がデザインする、学生寮を起点とした地域コミュニティの新たなカタチ

幸運で未来を切り拓く!大堂良太がデザインする、学生寮を起点とした地域コミュニティの新たなカタチ

「苦難は人生を彩るスパイス」本格ハムソーセージ専⾨店オーナー・井上大輔が語る波乱万丈なキャリア

「苦難は人生を彩るスパイス」本格ハムソーセージ専⾨店オーナー・井上大輔が語る波乱万丈なキャリア

「地方には宝がたくさん眠っている」個人で旅行業をスタートした宇都宮千愛が地元・阿蘇にかける想い

「地方には宝がたくさん眠っている」個人で旅行業をスタートした宇都宮千愛が地元・阿蘇にかける想い

Recent Entries

最新記事

リカレント教育とは?注目される背景と社会人の学び直し例、支援制度

リカレント教育とは?注目される背景と社会人の学び直し例、支援制度

作業療法士から、アイスクリームブランド立ち上げへ。吉山龍弥が考える福祉の在り方

作業療法士から、アイスクリームブランド立ち上げへ。吉山龍弥が考える福祉の在り方

月曜を憂鬱に感じる「サザエさん症候群」とは?原因と症状、対策方法

月曜を憂鬱に感じる「サザエさん症候群」とは?原因と症状、対策方法

幸運で未来を切り拓く!大堂良太がデザインする、学生寮を起点とした地域コミュニティの新たなカタチ

幸運で未来を切り拓く!大堂良太がデザインする、学生寮を起点とした地域コミュニティの新たなカタチ

Share