お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

質問力を鍛えるメリットと方法。質問力を高めコミュニケーション能力向上!

質問力を鍛えるメリットと方法。質問力を高めコミュニケーション能力向上!

目次

「質問力」はビジネスやプラベートなど様々なシーンで問われる能力です。
本記事では、質問力を高めるメリットや方法についてご紹介します。

質問力とは

質問力とは、不明点や疑問点などを問いかける能力です。
基本的に相手がいることを前提とする能力なので、コミュニケーション能力の1つといえます。
質問力が高いと、様々なビジネスシーンで役立ちます。

例えば、

  • 商談などで絶妙に質問し、相手から聞きたい情報を収集できる。
  • セミナーなどの質疑応答で的確な質問ができるため、質の高い情報を引き出すことができる。
  • 後輩や部下に指示するのではなくて、的確な質問をしながら、本人のやる気や気づきを促すことができる。

質問力を習得するメリット

質問力が高いと、様々なメリットがあります。

メリット①:相手に関心を持っていることを示せる

「質問する」という行為は、相手に関心を持っていることを示すことにつながります。
「自分に関心を持ってくれているんだな」と、相手から好意を抱いてもらいやすくなります。

ただ一方で、ただ質問をすればよいというわけではなくて、気を付けなければならないポイントがあります。
どうでもよい、価値のない質問をし続けると、逆効果になってしまうということです。
「それぐらい調べてくださいよ」みたいな質問をしたり、しつこく聞くと「うざい」と思われてしまう可能性があります。
適度に自分の意見や感想、体験なども織り交ぜつつ、バランスを考えながら質問をしていきましょう。

メリット②:相手とスムーズに人間関係を築くことができる

会話はキャッチボールです。
質問力が高いと、相手との信頼関係をスムーズに構築することができます。
効果的に相手から話を引き出すことができるので、相手について深く理解できるようになり、互いの心の距離感もぐっと近づくことができます。

メリット③:相手からより多くの情報を収集できる

ビジネス上の商談で、いろいろな切り口から相手の興味関心を引き出し、情報を収集していく優秀な営業マンの方っていますよね。
また、コーチングやメンタリングの場面では、対話を通じながら相手の気づいていなかった悩みや強みを引き出していくことが求められます。
このように、質問力が高いと、質問者と回答者の双方にメリットのある、質の高い情報をより多く引き出すことができます。

質問の種類

2種類の質問を状況によって使い分けていくことが大事です。

クローズドクエスチョン

「はい」「いいえ」の二者択一で相手が明確に答えられる質問や、回答の範囲が限られている質問です。
例えば、「最近何かはまっていることはありますか?」といったものです。

オープンクエスチョン

回答の範囲を限定せず、相手に自由に答えてもらう質問です。
例えば、「最近〇〇にはまっているんですね。それはなぜですか?」といった、明確な答えのない、人によって異なる回答が返ってくるものです。

質問は、状況と目的に応じて使い分けが大事

質問は、相手との距離感も考えながらすることが重要です。
例えば、初対面の人との人間関係を築いていく際には、いきなり踏み込んだ質問というのは、相手に警戒心を抱かせたり、「ぶしつけな人だな」と思われる可能性があるため避けた方がよいでしょう。
初対面の場合は、クローズドクエスチョンで簡単に相手が答えられるところから始め、徐々にオープンクエスチョンに展開しながら聞き出していくといった流れがおすすめです。
深い質問は、相手との距離感が近くなってから徐々にしていきましょう。

良い質問と悪い質問

シーンにもよりますが、質問には「良いもの」と「悪いもの」があります。

良い質問とは

相手の意見や体験など、相手に聞かなければ分からない問です。
他にも、相手が「なるほどね。それは考えていなかったなあ」と相手も気づいていなかった考えを引き出すような質問も該当します。

悪い質問とは

Googleで検索したら分かるような、単なる知識を問うものです。
例えば、クライアントに提案に行った際に、事前に情報収集したら分かるような「どんな事業をされているんですか?」といった質問は、悪い質問に当たります。
クライアントも「いやいや、そのくらいはご自分で調べてきてくださいよ」となり、相手からの信頼もマイナス評価になるでしょう。

質問力を鍛える方法

質問力を高めるために、ぜひ日常で取り組んでいただきたいことを3つご紹介します。

方法①:質問力が高い人を観察し、まねる

どのようなシーンで、どのような質問が適切なのか、常に考えるようにしてみましょう。
客観的に「こういう質問をしたら、こういう反応が返ってくるんだな」と学ぶために、自分以外の人同士が話しているのを観察してみることをおすすめします。
そして、周囲や著名人で「この人は質問力が高いな。質問をした後の相手の反応も良いし、話を引き出すのが上手い」と思う人がいたら、ぜひまねてみてください。
どのように質問をしているか観察し、自身の会話でも取り入れてみるうちに、質問力も上達していきます。

方法②:相手からの質問を振り返ってみる

自分がされた質問に対して、客観的に「良い質問だな」「悪い質問だな」と、質問自体を振り返っていくこともおすすめです。
「なぜあの質問は答えやすかったのか。聞かれて嬉しかったのか」「なぜあの質問は答えにつまったのか。不愉快に感じたのか」など、理由を考えてみてください。
前者の場合は、自分の興味関心の強い出来事なのでもっと聞いてほしかったから、後者の場合は、質問自体が悪かったから、相手との距離感がまだ近づいてないのに踏み込んだ質問をされたからなど、いろいろな理由が考えられるでしょう。
そして、「じゃあ逆に自分は相手にどういう質問をしていこうか」というところまで考えてみるようにしてみてください。

方法③:いろいろな質問の切り口をもつ

ぱっと相手に具体的な質問ができるようになるため、5W1Hなど質問の切り口も持っておくことをおすすめします。

<5W1H>

  • Who(誰が)
  • When(いつ)
  • Where(どこで)
  • What(何を)
  • Why(なぜ)
  • How(どのように)

また、ビジネスシーンであれば、「ビジネス・フレームワーク」を押さえ、質問に組み込んでみるという方法もおすすめです。
そうすることで、相手から重要な情報を漏れなく聞ける可能性が高くなるからです。
ビジネス・フレームワークには様々なものがあり、代表的なものでいえば、顧客ニーズや競合の動きなどを分析する際に用いる「3C分析」や、自社を取り巻く環境を把握するための「PEST分析」、業界全体の分析を行う際に用いる「5つの力分析」などがあります。

一方で、こうしたビジネス・フレームワークは、「知識としては知っているけど、なかなか実際のビジネスの現場で活用できない...」といった悩みもよく聞きます。
使いこなせるようになるには、ある程度トレーニングが必要であり、効率的に習得したいという方には、外部の機関を上手に活用して学ぶ方法がおすすめです。
例えば、国内最大のビジネススクール・グロービス経営大学院のマーケティング・経営戦略基礎という講座では、ケーススタディ(=ある企業が実際に直面した状況を忠実に再現した教材のこと)を元に、講師やクラスメイトとディスカッションしながら授業を進めるため、実践的かつ深く経営知識やビジネス・フレームワークの使い方を学ぶことができます。

登壇する講師の多くは、経営に関する体系的な知識はもちろん、経営者やコンサルタントなどの実務経験を持つ"経営のプロフェッショナル"です。

(▼講座の詳細はこちら)
『マーケティング・経営戦略基礎』講座

また、グロービス経営大学院では、随時オンラインにて『無料体験クラス』を実施しています。
全国から、20~30代の若手社会人からミドルマネージャーまで、幅広い年齢層&職種のビジネスパーソンが参加されています。
授業の雰囲気や進め方を知りたい方は、まずはこちらからのご参加をおすすめします。

210312_CNote_OC_PC.png

210312_CNote_OC_SP.png

まとめ

コミュニケーション能力の1つである質問力は、様々なビジネスシーンで求められます。
まずは、自分の質問力はどのくらいなのか、日常のどういうシーンでの質問力が一番弱いのかを振り返ってみて、そこにフォーカスし何から強化していくべきかを考えていきましょう。

関連記事

iStock-1069537872 (1) (1) (1).jpg

コミュニケーション能力とは?高い人の特徴と鍛えるべき4つのスキル コミュニケーションは「双方的なもの」であり、伝える力と聴く力が求められます。コミュニケーション能力を鍛えるコツを紹介します。

村尾 佳子(グロービス経営大学院 経営研究科 副研究科長)

村尾 佳子(グロービス経営大学院 経営研究科 副研究科長)

関西学院大学社会学部卒業。大阪市立大学大学院創造都市研究科都市政策修士。高知工科大学大学院工学研究科博士(学術)。大手旅行会社にて勤務後、総合人材サービス会社にてプロジェクトマネジメント、企業合併時の業務統合全般を経験。現在はグロービス経営大学院にて、事業戦略、マーケティング戦略立案全般に携わる。教員としては、マーケティング・経営戦略基礎リーダーシップ開発と倫理・価値観経営道場などのクラスを担当する。共著に『キャリアをつくる技術と戦略』、27歳からのMBAシリーズ『ビジネス基礎力10』『ビジネス勉強力』『リーダー基礎力10』がある。

BACK TO CATEGORY

Related Content

合わせて読みたい記事

語彙力を鍛えるには量と質が大事!語彙力を高める4つの方法

語彙力を鍛えるには量と質が大事!語彙力を高める4つの方法

職場の人間関係の悩みを解消するコツ ~自分の考え方を変えよう~

職場の人間関係の悩みを解消するコツ ~自分の考え方を変えよう~

会話が続かず、気まずい!雑談力を身につけるコツは?

会話が続かず、気まずい!雑談力を身につけるコツは?

職場の人間関係で悩む人は多い。ケース別おすすめ解消法

職場の人間関係で悩む人は多い。ケース別おすすめ解消法

プレゼンを成功に導く話し方と資料作成のコツ

プレゼンを成功に導く話し方と資料作成のコツ

Recent Entries

最新記事

8/6(金)【特別セミナー】予測不能な時代にMBAは何を提供するのか?

8/6(金)【特別セミナー】予測不能な時代にMBAは何を提供するのか?

8/11(水)【特別セミナー】ビジネスリーダーとしての羅針盤 ~人類の知と歴史~

8/11(水)【特別セミナー】ビジネスリーダーとしての羅針盤 ~人類の知と歴史~

在宅勤務のストレス原因と上手く解消していく5つのコツ

在宅勤務のストレス原因と上手く解消していく5つのコツ

語彙力を鍛えるには量と質が大事!語彙力を高める4つの方法

語彙力を鍛えるには量と質が大事!語彙力を高める4つの方法

Share